ドリュー・ポメランツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
ドリュー・ポメランツ[7]
Drew Pomeranz
ボストン・レッドソックス #31
Drew Pomeranz.jpg
2017年9月18日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[8]
出身地 テネシー州シェルビー郡コリアービル英語版[8]
生年月日 (1988-11-22) 1988年11月22日(29歳)[8]
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手[8]
プロ入り 2010年 MLBドラフト1巡目 (全体5位) でクリーブランド・インディアンスから指名[8]
初出場 2011年9月11日[8]
年俸 $8,500,000 (2018年)[9]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トーマス・アンドリュー・ポメランツ (Thomas Andrew Pomeranz, 1988年11月22日 - ) は、アメリカ合衆国テネシー州シェルビー郡コリアービル英語版出身のプロ野球選手 (投手) [8]。左投右打[8]MLBボストン・レッドソックスに所属[10]

愛称はビッグ・スムース[11]。兄は元プロ野球選手のステュー・ポメランツ英語版で、曽祖父も元プロ野球選手でアメリカンフットボールの選手でもあったガーランド・バックアイ英語版[8]。また、父親のマイク・ポメランツは大学野球の選手だった[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2007年MLBドラフト12巡目でテキサス・レンジャーズから指名されたが、この時は入団しなかった[8]

プロ入りとインディアンス傘下時代 (2010 - 2011)[編集]

2010年MLBドラフト1巡目 (全体5位) でクリーブランド・インディアンスから指名され[8]8月16日に265万ドルの契約金で入団に合意[12]

2011年には、「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングにおいて、全体で61位の評価を受けた[13]。この年は、まずA+級のキンストン・インディアンズでプレーし、15試合の先発登板で防御率1.87・3勝2敗・WHIP1.14という成績を記録[14]。その後、AA級のアクロン・エアロスに昇格し、3試合に先発登板して防御率2.57・0勝1敗・WHIP1.14を記録した[14]

ロッキーズ時代 (2011 - 2013)[編集]

2011年7月30日に、ウバルド・ヒメネスとのトレードで、ジョー・ガードナーマット・マクブライドアレックス・ホワイトと共にコロラド・ロッキーズへ移籍した (実際にポメランツが移籍したのは8月16日) [8][15]。移籍後、AA級のタルサ・ドリラーズで2試合に先発登板して1勝を挙げ[14]9月11日シンシナティ・レッズ戦でメジャーデビューすると、同試合でメジャー初勝利を挙げた[16]。この年のメジャーとマイナーの成績は、メジャーが4試合の先発登板で防御率5.40・2勝1敗・WHIP1.31[8]、マイナー合算が20試合の先発登板で防御率1.78・4勝3敗・WHIP1.05だった[14]

2012年は、ロッキーズで22回の先発登板の機会を与えられ、防御率4.93・2勝9敗・WHIP1.48という成績を残した[8]。また、バッティング面ではペトコ・パークホームランを放った[6]。なお、マイナーではAAA級のコロラドスプリングス・スカイソックスとAA級のタルサで計10試合に先発登板し、防御率2.31・4勝4敗・WHIP1.52という成績をマークした[14]

2013年は8試合中4試合がリリーフ登板であり、メジャーで初のリリーフ登板だった[8]。この年は、防御率6.23・0勝4敗・WHIP2.03という成績だった[8]。マイナーでは、前年と同じくコロラドスプリングスとタルサの2チームでプレーし、計16試合に先発登板して防御率4.65・8勝2敗・WHIP1.40という成績を残した[14]。8勝は、マイナーで自己ベストである一方、防御率はワーストだった[14]

アスレチックス時代 (2014 - 2015)[編集]

2013年12月10日ブレット・アンダーソンとのトレードで、クリス・ジェンセンと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[17]

2014年は、開幕からリリーフで登板していたが、5月7日からは先発で投げるようになった[18]6月10日まで16試合の登板で防御率1.90・5勝3敗という成績を残していたが、6月16日のレンジャーズ戦で3.2回で8失点を喫した腹立たしさから椅子を殴って右手を骨折し、DL入りした[18][19]。この年は20試合の登板 (先発は10試合) で、防御率2.35・5勝4敗・WHIP1.12という成績をマークした[8]

2015年は、開幕から先発ローテーションに入っていたが、6月からはリリーフに転向した[1]。リリーフ転向後は、防御率2.61と好投した[1]。シーズンでは自己最多となる53試合に登板・うち9試合が先発登板で、防御率3.66・5勝6敗3セーブ (セーブはメジャー初) ・WHIP1.19という成績を記録した[8]

パドレス時代 (2016)[編集]

2015年12月2日ヨンダー・アロンソマーク・ゼプチンスキーとのトレードで、ホゼ・トーレスジャバリ・ブラッシュ (12月10日に移籍) と共にサンディエゴ・パドレスへ移籍した[8][20]

2016年は、前半戦終了時点で17試合に先発登板し、防御率2.47・8勝7敗という成績を記録[21]。この時点の防御率2.47はメジャー3位、被打率.184はナ・リーグトップの数値だった[22]。同年、ペトコ・パークで開催されたオールスターに初選出された[22]

レッドソックス時代 (2016 - )[編集]

2016年7月14日に、アンダーソン・エスピノーザとのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した[23][8]。レッドソックス加入後は、14試合に登板 (13試合が先発) し、防御率4.59・3勝5敗・WHIP1.37という成績で、パドレス時代より防御率やWHIPは悪化した[8]。通年では、31試合中30試合に先発登板して、防御率3.32・自身初の2ケタ勝利となる11勝 (12敗) を記録した[8]。また、リーグを跨いだが、規定投球回以上に投げた初のシーズンとなった[8]

2017年は、32試合に先発登板して防御率3.32・17勝6敗・WHIP1.35を記録[8]。防御率はア・リーグ7位、勝利数は同4位タイだった[24]。自身2度目となるポストシーズンでは、ヒューストン・アストロズとのALDS第2戦に先発登板したが、カルロス・コレアジョージ・スプリンガーにホームランを浴びて、2.0イニングで4失点とノックアウトされた[25][26]

選手としての特徴[編集]

持ち球は、140キロ台後半の速球 (フォーシームツーシーム) 、ナックルカーブチェンジアップカッター[4][1]。決め球はナックルカーブで、投げ方は元大学野球選手の父親・マイクに教わった[1][2]

2016年にパドレスでブレイクした時は、コーチの教えに従い、右打者にはフォーシームを、左打者にはカッターを高めに投じる投球スタイルを取った[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[8][10][編集]





















































W
H
I
P
2011 COL 4 4 0 0 0 2 1 0 0 .667 77 18.1 19 0 5 0 1 13 1 0 11 11 5.40 1.31
2012 22 22 0 0 0 2 9 0 0 .182 434 96.2 97 14 46 2 4 83 8 1 57 53 4.93 1.48
2013 8 4 0 0 0 0 4 0 0 .000 105 21.2 25 4 19 1 1 19 0 0 15 15 6.23 2.03
2014 OAK 20 10 0 0 0 5 4 0 0 .556 278 69.0 51 7 26 0 1 64 0 0 22 18 2.35 1.12
2015 53 9 0 0 0 5 6 3 12 .455 357 86.0 71 8 31 1 3 82 2 0 44 35 3.66 1.19
2016 SDP 17 17 0 0 0 8 7 0 0 .533 411 102.0 67 8 41 2 1 115 7 0 30 28 2.47 1.06
BOS 14 13 0 0 0 3 5 0 0 .375 292 68.2 70 14 24 1 0 71 3 0 35 35 4.59 1.37
'16計 31 30 0 0 0 11 12 0 0 .478 703 170.2 137 22 65 3 1 186 10 0 65 63 3.32 1.18
2017 32 32 0 0 0 17 6 0 0 .739 740 173.2 166 19 69 0 4 174 6 0 69 64 3.32 1.35
MLB:7年 170 111 0 0 0 42 42 3 12 .500 2694 636.0 566 74 261 7 15 621 27 1 283 259 3.67 1.30
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[8][編集]

  • 47 (2011年)
  • 13 (2012年 - 2016年途中)
  • 31 (2016年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』 廣済堂出版、2016年、455頁。ISBN 978-4-331-52002-4
  2. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、200頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  3. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』 廣済堂出版、2012年、456頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  4. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2017』 廣済堂出版、2017年、34頁。ISBN 978-4-331-52084-0
  5. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、185頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  6. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2013』 廣済堂出版、2013年、468頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  7. ^ ドリュー ポメランツ #31 のニュース、統計、写真”. MSN スポーツ. 2017年10月15日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab Drew Pomeranz Stats - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月15日閲覧。
  9. ^ Drew Pomeranz Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年10月15日閲覧。
  10. ^ a b Drew Pomeranz Stats, Fantasy & News - MLB.com (英語) . 2017年10月15日閲覧。
  11. ^ Ian Browne. “Red Sox Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2017年9月6日閲覧。
  12. ^ Paul Hoynes (2010年8月29日). “Q&A with Indians' top draft pick Drew Pomeranz: 'I know I'm in a good situation'” (英語). cleveland.com. 2015年12月3日閲覧。
  13. ^ 2011 Top 100 Prospects” (英語). Baseball America (2011年2月23日). 2015年12月2日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g Drew Pomeranz Minor Stats - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月15日閲覧。
  15. ^ Paul Hoynes. “Cleveland Indians trade No.1 picks White and Pomeranz to Rockies for Ubaldo Jimenez” (英語=2011-7-31). cleveland.com. 2015年12月3日閲覧。
  16. ^ Drew Pomeranz 2011 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月15日閲覧。
  17. ^ A's acquire Colorado's Drew Pomeranz for Brett Anderson” (英語). MLB.com Athletics Press Release (2013年12月10日). 2015年12月3日閲覧。
  18. ^ a b Pomeranz 2014 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月15日閲覧。
  19. ^ ア軍左腕 椅子殴って骨折「ばかなことをしてしまった」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年6月19日). 2015年12月3日閲覧。
  20. ^ Corey Brock (2015年12月2日). “Padres acquire Pomeranz, prospect from A's” (英語). MLB.com. 2015年12月3日閲覧。
  21. ^ Drew Pomeranz 2016 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月15日閲覧。
  22. ^ a b AJ Cassavell (2016年7月13日). “Pomeranz appreciates path to hometown All-Star” (英語). MLB.com. 2017年10月15日閲覧。
  23. ^ Ian Browne (2016年7月14日). “Drew or false: Deal a big boost in Boston” (英語). MLB.com. 2016年10月4日閲覧。
  24. ^ 2017 American League Pitching Leaders - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月15日閲覧。
  25. ^ 【MLB】アストロズ、リーグ優勝決定戦進出に王手 コレアが先制弾含む4打点”. goo ニュース (2017年10月7日). 2017年10月15日閲覧。
  26. ^ 2017 ALDS Game 2, BOS vs. HOU, October 6, 2017 - Boston Red Sox Pitching - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]