クレイグ・キンブレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クレイグ・キンブレル
Craig Kimbrel
ボストン・レッドソックス #46
Craig Kimbrel on May 31, 2016.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州ハンツビル
生年月日 (1988-05-28) 1988年5月28日(28歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト3巡目(全体96位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 2010年5月7日 フィラデルフィア・フィリーズ
年俸 $11,000,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2013年

クレイグ・マイケル・キンブレルCraig Michael Kimbrel, 1988年5月28日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州ハンツビル出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBボストン・レッドソックス所属。

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

2007年MLBドラフト33巡目でアトランタ・ブレーブスから指名されたが、この時は入団せず。

2008年MLBドラフト3巡目(全体96位)で再びブレーブスから指名され、プロ入り。

2010年5月5日ジェイアー・ジャージェンスの負傷に伴いメジャー昇格を果たし、5月7日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たした。2度目のメジャー昇格は斎藤隆の15日間の故障者リスト入りに伴い昇格した。9月19日ニューヨーク・メッツ戦でメジャー初セーブを記録した。2010年シーズンは20.2回を投げ、4勝0敗1セーブ・防御率0.44・40奪三振を記録した。ポストシーズンではサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で好投した。

2011年は開幕からクローザーを務め、6月3日のメッツ戦で球団史上最速で通算100奪三振を記録した。オールスターにも出場した。7月22日シンシナティ・レッズ戦で31セーブ目を記録し、ブレーブスでの新人記録を更新した。8月9日フロリダ・マーリンズ戦で36セーブ目を記録し、トッド・ウォーレルの持つナショナルリーグの新人記録に並んだ。8月17日のジャイアンツ戦にて記録を更新した。8月23日シカゴ・カブス戦でネフタリ・フェリスの持つ、MLB新人最多タイ記録となるシーズン40セーブ目を記録した。最終的には46セーブを記録し、ナ・リーグ最多セーブに輝いた(ジョン・アックスフォードと同数)。新人王も受賞した。

2012年は制球力が向上し、ますます難攻不落な存在となった。また、オールスターに2年連続で出場した。最終的に、42セーブで2年連続の最多セーブに輝き、6イニング以上投げた投手では史上初めて、対戦した打者の過半数から三振を奪った(打者231人から116奪三振)。9イニングあたりの奪三振率16.7は史上最高記録(50イニング以上が対象)であった(2014年現在では歴代2位)。セイバーメトリクスの各指標からも記録的な数字が叩きだされており、MLBのクローザーとしては未だかつてない最高水準のシーズンを送った[2]

2013年は開幕前の2月27日第3回WBCアメリカ合衆国代表に選出された[3]。シーズンでは、9度のセーブ機会で早くも昨年に並ぶ3度救援失敗するなど、不安定なスタートとなった[4]5月9日のジャイアンツ戦にて史上2番目の若さで通算100セーブを達成[5]7月27日セントルイス・カージナルス戦にてジョン・スモルツ以来球団史上2人目となる3年連続30セーブを達成[6]8月27日には連続セーブを27とし、スモルツが持つ球団記録を更新した[7] 。最終的には史上11人目となるシーズン50セーブを達成した[8]

2014年2月16日にブレーブスと総額4200万ドルの4年契約(2018年・1300万ドルの球団側選択オプション付き)に合意した[9][10]5月18日のカージナルス戦で通算150セーブを、史上最速の248試合目で達成した。8月29日には40セーブ目を挙げ、史上3人目となる4年連続40セーブを達成した(新人から4年連続では史上初)。

パドレス時代[編集]

2015年4月5日キャメロン・メイビンカルロス・クエンティンマット・ウィスラージョーダン・パローベック、さらにこのシーズンのドラフト指名権とのトレードで、メルビン・アップトン・ジュニアとともにサンディエゴ・パドレスに移籍した[11]5月25日ロサンゼルス・エンゼルス戦、史上最速となる305イニングでの通算500奪三振を達成し、ビリー・ワグナーの持っていた記録を更新した(このわずか55日後にアロルディス・チャップマンによって更新された)。6月8日のブレーブス戦で史上最速となる318試合目での通算200セーブを達成した。

レッドソックス時代[編集]

2015年11月13日ハビアー・ゲラ英語版、ローガン・アレン、マニュエル・マーゴ英語版カルロス・アサヘ英語版とのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した[12]

2016年、予定通りクローザーを務め、オール・スターにも選出されたが、キンブレルの実力からすれば不振であり、シーズン防御率3.40は初めて3.00を超えたシーズンとなった。とは言え、リーグ8位の31セーブをマークして通算250セーブを達成、奪三振率も4シーズンぶりに14.0超の値を叩き出すなど、メジャートップレベルのクローザーとしての面目は保った。

投球スタイル・人物[編集]

スリークォーターから最速101mph(約163km/h、2013年10月4日計測)、平均約97mph(約156km/h)のフォーシームが全体の約70%、平均約87mph(約140km/h)のカーブが約30%を占める[13]。ともに最高レベルの質を誇り、驚異的な奪三振の山を築く[14]。カーブはその球速や軌道から、かつてはMLB公式サイト「MLB.com」でもスライダーに分類されていたが、キンブレル本人はカーブ(握りはナックルカーブ)だと主張しており、実際にはパワーカーブと呼ぶのが適切と言える[15]

生粋のブレーブスファンであり、憧れの選手はグレッグ・マダックストム・グラビン。幼少時は野球が下手でつまらなかったため、中学や高校ではフットボールも経験した。主にポジションはクォーターバックで、そこで培った体幹やバランス感覚が結果的に投手としての球速を上げる一因となったと語っている[16]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 ATL 21 0 0 0 0 4 0 1 2 1.000 88 20.2 9 0 16 1 0 40 4 0 2 1 0.44 1.21
2011 79 0 0 0 0 4 3 46 0 .571 306 77.0 48 3 32 1 1 127 4 0 19 18 2.10 1.04
2012 63 0 0 0 0 3 1 42 0 .750 231 62.2 27 3 14 0 2 116 5 0 7 7 1.01 0.65
2013 68 0 0 0 0 4 3 50 0 .571 258 67.0 39 4 20 2 3 98 3 0 10 9 1.21 0.88
2014 63 0 0 0 0 0 3 47 0 .000 244 61.2 30 2 26 0 2 95 6 0 13 11 1.61 0.91
2015 SD 61 0 0 0 0 4 2 39 0 .667 239 59.1 40 6 22 1 1 87 4 0 19 17 2.58 1.05
通算:6年 355 0 0 0 0 19 12 225 2 .613 1366 348.1 193 18 130 5 9 563 26 0 70 63 1.63 0.93
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (2010年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Craig Kimbrel Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). Spotrac. 2015年11月17日閲覧。
  2. ^ Craig Kimbrel Pitches His Way Into Record Books” (英語). BEYOND THE BOX SCORE. SB Nation (2012年9月29日). 2015年11月17日閲覧。
  3. ^ Team USA final roster for WBC announced” (英語). USABaseball.com (2013年2月22日). 2015年3月27日閲覧。
  4. ^ “Kimbrels 100th save comes at historic rate” (英語). Fox Sports South. (2013年5月10日). http://www.foxsportssouth.com/mlb/atlanta-braves/story/Chopcast-Kimbrels-100th-save-comes-at-hi?blockID=901145 2015年11月17日閲覧。 
  5. ^ Mark Bowman (2013年5月10日). “Kimbrel earns 100th career save” (英語). MLB.com. 2015年11月17日閲覧。
  6. ^ David O'brien (2013年7月27日). “Simmons' double lifts Braves past Cardinals” (英語). AJC.com. 2015年11月17日閲覧。
  7. ^ David O'brien (2013年8月16日). “Home-field advantage important for Braves” (英語). AJC.com. 2015年11月17日閲覧。
  8. ^ Matthew Pouliot (2013年9月28日). “Craig Kimbrel is 11th with 50-save season” (英語). NBC Sports. 2015年11月17日閲覧。
  9. ^ “Braves and Pitcher Craig Kimbrel Agree to Terms on Four-Year Contract”. Braves Press Release. MLB.com. (2014年2月16日). http://m.mlb.com/news/article/67832664 2014年2月17日閲覧。 
  10. ^ Craig Kimbrel agrees to 4-year deal” (英語). ESPN MLB. ESPN (2015年2月16日). 2015年11月17日閲覧。
  11. ^ Mark Bowman (2015年4月5日). “Braves deal Kimbrel, Upton to Padres in blockbuster deal” (英語). MLB.com. 2015年4月12日閲覧。
  12. ^ “Red Sox acquire right-handed pitcher Craig Kimbrel from the San Diego Padres”. Red Sox Press Release. MLB.com. (2015年11月13日). http://m.redsox.mlb.com/news/article/157266516 2015年11月16日閲覧。 
  13. ^ Player Card: Craig Kimbrel”. Brooks Baseball. Baseball Prospectus, LLC.. 2015年11月17日閲覧。
  14. ^ Mark Bowman (2011年3月8日). “Kimbrel gets back on track”. Bowman's Blog. MLB.com. 2015年11月17日閲覧。
  15. ^ Ben Duronio (2012年2月6日). “Analyzing Craig Kimbrel’s Breaking Ball”. Capitol Avenue Club. 2012年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月17日閲覧。
  16. ^ 『メジャーリーグ 2011記録集計号』 ベースボール・マガジン社、2011年、72頁。ASIN B005QBZRW4。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]