ダスティ・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダスティ・ローズ
Dusty Rhodes
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州マシューズ
生年月日 1927年5月13日
没年月日 (2009-06-17) 2009年6月17日(82歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
178 lb =約80.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1947年
初出場 1952年7月15日 シンシナティ・レッズ
最終出場 1959年9月27日 セントルイス・カージナルス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴

ダスティ・ローズJames Lamar "Dusty" Rhodes, 1927年5月13日 - 2009年6月17日)は、アメリカ合衆国アラバマ州マシューズ出身の元プロ野球選手外野手)。右投左打。

経歴[編集]

1947年シカゴ・カブスと契約しプロ入り、1952年ニューヨーク・ジャイアンツ傘下のナッシュビルへ移籍した。同年7月15日にメジャーリーグデビューし、この年は67試合に出場し打率.250、10本塁打、36打点を記録した。

1954年のワールドシリーズ第1戦では延長10回の裏1死、走者1,2塁の場面でモンテ・アーヴィンに代わって起用され、後にアメリカ野球殿堂入りしたボブ・レモンからライトのポール際へ、サヨナラスリーランホームランを放った[1]。このシリーズでは第2戦でも途中出場で7回に同じく後に野球殿堂入りしたアーリー・ウィンから本塁打を放つなど、6打数4安打2本塁打7打点と活躍[1]、これによりベーブ・ルース賞を獲得するとともにワールドシリーズ制覇に貢献した。外野の控えや代打として1957年までメジャーでプレー。1958年はシーズン通してマイナーでプレーしたが、1959年にはメジャーに復帰した。メジャーでのプレーは同年が最後だったが、その後も1962年までマイナーリーグでプレーを続けた。

チームメートとともに、エキシビションゲームのために来日したこともある。メジャーリーグでの7シーズンで576試合に出場し、通算打率.253、54本塁打であった[1]

2009年6月17日糖尿病肺気腫などを含む風邪により、ラスベガスで没した[1]

記録・表彰[編集]

メジャーリーグ

メジャーリーグ通算成績[編集]

































O
P
S
576 1172 296 44 10 54 146 207 3 196 131 3 4 .253 .328 .445 .773

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Bill Madden (2009年6月18日). “Dusty Rhodes, hero for Giants of 1954 World Series vs. Indians, dies”. デイリーニューズ. 2013年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]