レオ・ドローチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオ・ドローチャー
Leo Durocher
Leo Durocher.png
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州ウェストスプリングフィールド
生年月日 1905年7月27日
没年月日 1991年10月7日(満86歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
初出場 1925年10月2日
最終出場 1945年4月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1994年
選出方法 ベテランズ委員会選出

レオ・ドローチャーLeo Ernest Durocher, 1905年7月27日 - 1991年10月7日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウェストスプリングフィールド出身のプロ野球選手内野手)、監督。ニックネームは「Leo the Lip(レオ・ザ・リップ)」。

経歴[編集]

選手時代[編集]

1925年に19歳でニューヨーク・ヤンキースからデビューする。その後2年間のマイナー暮らしの後、1928年からヤンキースの遊撃手として2年間活躍した。持ち前の気の強さからか、ドローチャーに腕時計を盗まれたとするベーブ・ルースを毛嫌いし、悶着を起こしたりしていた。その割に自身の打撃成績はぱっとせず、当時殺人打線と呼ばれたヤンキースの中でも最も打てない選手の一人で、ルースからは「オール・アメリカン・アウト」と綽名をつけられていた。

1930年からシンシナティ・レッズに約3年在籍、その後1937年まで、当時「ガスハウス・ギャング」として有名だったセントルイス・カージナルスの遊撃手を務めた。その後1938年にブルックリン・ドジャースへ移籍し、翌1939年から選手兼任監督となって、1945年まで試合に出場していた。MLBオールスターゲームには1936年1938年1940年の3度選ばれている(1940年は出場せず)。

現役時代守りの選手だったドローチャーの特筆すべきプレーは、レッズ在籍時の1931年9月6日、セントルイス・カージナルス戦で『隠し球を使って三重殺を完成した』プレーであろう。この試合の6回表、無死一塁三塁でカージナルスのジミー・ウィルソンがレフトにフライを打ち上げ、これを左翼手のニック・カロップが捕球、タッチアップした三塁走者ジム・ボトムリーは本塁で封殺される。この間に一塁のチック・ヘイフィーは二塁を陥れ、捕手から遊撃手だったドローチャーに送球されるも走者はセーフとなる。ドローチャーはこの後捕球したボールを投手に返さず、二塁手のトニー・クッチネロにこっそりと手渡し、気づかなかったヘイフィーが離塁したところを二塁手がタッチしまんまとアウトにした。隠し球が絡んだ三重殺は、メジャーリーグ史上このプレーともう一例の計二例のみである。

監督時代[編集]

ドローチャーは1939年、33歳の若さでブルックリン・ドジャースの監督(当初は選手兼任)に就任し、3年目の1941年にはチームをナショナルリーグ制覇に導いた。

1947年シーズン開幕前に突然姿を消してしまう。ハッピー・チャンドラーコミッショナーが調査した結果、新進女優のラレイン・デイと手を取って駆け落ちしていた事が判明した。他の理由も含め、チャンドラーは「1947年シーズンの出場停止」という裁定を下した[1]。ところが、皮肉にも代理監督の下でドジャースはリーグ優勝してしまい、ドローチャーがデビューを後押ししていたジャッキー・ロビンソンもこの年にMLBデビューを果たしている。

1948年途中、ライバルチームのニューヨーク・ジャイアンツに引き抜かれた。

1951年ナショナルリーグプレーオフで古巣ドジャースと対戦して2勝1敗で破り、リーグ制覇。プレーオフ第3戦では9回裏の2-4で2点リードされた状況で、ボビー・トムソンが打席に入る時に「今、君がここで逆転サヨナラ本塁打を打つと神のお告げがあった」とトムソンに囁いたと伝えられている。現実もその通りとなり、「世界中を駆け巡ったホームラン」と表現された[1]

1954年にはワールドシリーズクリーブランド・インディアンスを4勝0敗で破り、ワールドチャンピオンに輝いた。

1955年にジャイアンツの監督を退いたが1966年シカゴ・カブスの監督に、1972年途中にはヒューストン・アストロズの監督に就任、1973年まで監督業を務めた。熱血漢としての側面もあり、退場となった回数は通算で124回にも及ぶ(2007年現在ボビー・コックスジョン・マグローについで歴代3位)。

1976年には太平洋クラブライオンズがドローチャーを監督に招聘。契約までこぎつけたものの、直後に病気で倒れ、結局来日することはなかった[2]。年俸は20万ドルとも噂されていたが、中村長芳オーナーから直接契約書を見せてもらった伊東一雄によると、紛れもないドローチャーの署名と共に5万ドルとあったという[1]

後任監督はヘッドコーチの鬼頭政一が就任した。用意されていた背番号は2。なおドローチャーはこの時71歳で、生まれた1905年は日本の元号にして明治38年で、1976年当時明治生まれの監督、コーチはすでに各球団から姿を消していた(当時の球界最高齢は1912年大正元年)生まれで64歳の阪急西村正夫2軍監督)。

当時太平洋クラブの選手だった真弓明信によると「ドローチャーの時は最高やったね。キャンプになっても監督が来ないんだから。で、ある時、監督から話があるからということで、選手が集められて行ってみると、そこにはテープレコーダーだけが置いてあって、英語で何かバーッとしゃべってさ。テープの声を聞いただけで、おじいちゃんだってわかるぐらいのお年寄り[3]」「こんな言い方したら悪いけど、初めから鬼頭さんが監督をしとったら、話題性がないんで、ドローチャーの名前を使ったんじゃないかのかなぁ」と語っている[4]

1991年10月7日、カリフォルニア州パームスプリングスで死去。死後の1994年に、監督としてベテランズ委員会の選考によって、アメリカ野球殿堂入りを果たしている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1925 NYY 2 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1928 102 328 296 46 80 8 6 0 100 31 1 4 7 22 3 52 .270 .327 .338 .665
1929 106 385 341 53 84 4 5 0 98 32 3 1 7 34 3 33 .246 .320 .287 .607
1930 CIN 119 385 354 31 86 15 3 3 116 32 0 9 20 2 45 .243 .287 .328 .615
1931 121 385 361 26 82 11 5 1 106 29 0 6 18 0 32 .227 .264 .294 .557
1932 143 504 457 43 99 22 5 1 134 33 3 10 36 1 40 .217 .275 .293 .569
1933 16 58 51 6 11 1 0 1 15 3 0 3 4 0 5 3 .216 .273 .294 .567
STL 123 430 395 45 102 18 4 2 134 41 3 8 26 1 32 13 .258 .306 .339 .645
'33計 139 488 446 51 113 19 4 3 149 44 3 11 30 1 37 16 .253 .302 .334 .636
1934 146 541 500 62 130 26 5 3 175 70 2 6 33 2 40 16 .260 .308 .350 .658
1935 143 546 513 62 136 23 5 8 193 78 4 4 29 0 46 16 .265 .304 .376 .681
1936 136 549 510 57 146 22 3 1 177 58 3 8 29 2 47 18 .286 .327 .347 .674
1937 135 520 477 46 97 11 3 1 117 47 6 5 38 0 36 17 .203 .262 .245 .507
1938 BRO 141 532 479 41 105 18 5 1 136 56 3 3 47 3 30 9 .219 .293 .284 .577
1939 116 421 390 42 108 21 6 1 144 34 2 3 27 1 24 9 .277 .325 .369 .695
1940 62 175 160 10 37 9 1 1 51 14 1 3 12 0 13 6 .231 .285 .319 .604
1941 18 43 42 2 12 1 0 0 13 6 0 0 1 0 3 1 .286 .302 .310 .612
1943 6 19 18 1 4 0 0 0 4 1 0 0 1 0 2 1 .222 .263 .222 .485
1945 2 5 5 1 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 .200 .200 .200 .400
通算:17年 1637 5827 5350 575 1320 210 56 24 1714 567 31 5 82 377 18 480 109 .247 .299 .320 .619

タイトル・表彰[編集]

監督通算戦績[編集]

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 特記
1939年 BRO NL 157 84 69 .549 3位 年間最優秀監督賞
1940年 156 88 65 .575 2位
1941年 157 100 54 .649 1位
1942年 155 104 50 .675 2位
1943年 153 81 72 .529 3位
1944年 155 63 91 .409 7位
1945年 155 87 67 .565 3位
1946年 157 96 60 .615 2位
1948年 73 35 37 .486 3位
NYG 79 41 38 .519 5位
1949年 156 73 81 .474 5位
1950年 154 86 68 .558 3位
1951年 157 98 59 .624 1位 年間最優秀監督賞
1952年 154 92 62 .597 2位
1953年 155 70 84 .455 5位
1954年 154 97 57 .630 1位 WS制覇、年間最優秀監督賞
1955年 154 80 74 .519 3位
1966年 CHC 162 59 103 .364 10位
1967年 162 87 74 .540 3位
1968年 163 84 78 .519 3位
1969年 163 92 70 .568 2位
1970年 162 84 78 .519 2位
1971年 162 83 79 .512 3位
1972年 91 46 44 .511 2位
HOU 31 16 15 .516 2位
1973年 162 82 80 .506 4位
通算 3739 2008 1709 .540

脚注[編集]

外部リンク[編集]