1959年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1959年 | 1959年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 77 48 5 .612 -
2位 大阪タイガース 62 59 9 .512 13.0
中日ドラゴンズ 64 61 5 .512 13.0
4位 国鉄スワローズ 63 65 2 .492 15.5
5位 広島カープ 59 64 7 .481 17.0
6位 大洋ホエールズ 49 77 4 .392 28.5
  • 大阪タイガースと中日ドラゴンズは同率の2位であるが、この年は引き分けとして0.5勝+0.5敗を勝率に加算されていたため、引き分けとして0.5勝+0.5敗を勝率に加算されていなければ、大阪は勝率.5123、中日は勝率.5120となり、両球団の勝率が3毛差となり大阪は2位、中日は3位となる。
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 南海ホークス 88 42 4 .677 -
2位 毎日大映オリオンズ 82 48 6 .631 6.0
3位 東映フライヤーズ 67 63 5 .515 21.0
4位 西鉄ライオンズ 66 64 14 .508 22.0
5位 阪急ブレーブス 48 82 4 .369 40.0
6位 近鉄バファロー 39 91 3 .300 49.0

日本シリーズ[編集]

  • 南海ホークス(4戦全勝)読売ジャイアンツ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 藤田元司 巨人 杉浦忠 南海
最優秀新人 桑田武 大洋 張本勲 東映
首位打者 長嶋茂雄 巨人 .334 杉山光平 南海 .323
本塁打王 森徹
桑田武
中日
大洋
31本 山内和弘 大毎 25本
打点王 森徹 中日 87点 葛城隆雄 大毎 95点
最多安打 長嶋茂雄 巨人 150本 葛城隆雄 大毎 163本
盗塁王 岡嶋博治 中日 41個 R.バルボン 阪急 38個
最優秀防御率 村山実 大阪 1.19 杉浦忠 南海 1.40
最多勝利 藤田元司 巨人 27勝 杉浦忠 南海 38勝
最多奪三振 金田正一 国鉄 313個 杉浦忠 南海 336個
最高勝率 藤田元司 巨人 .711 杉浦忠 南海 .905

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 藤田元司 巨人 杉浦忠 南海
捕手 藤尾茂 巨人 野村克也 南海
一塁手 藤本勝巳 大阪 榎本喜八 大毎
二塁手 土屋正孝 巨人 岡本伊三美 南海
三塁手 長嶋茂雄 巨人 葛城隆雄 大毎
遊撃手 吉田義男 大阪 豊田泰光 西鉄
外野手 大和田明 広島 杉山光平 南海
坂崎一彦 巨人 高倉照幸 西鉄
森徹 中日 山内和弘 大毎

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 2月11日 - 日本プロ野球において、外国人選手のうち、かつて日本国籍を有した者は外国人選手の枠外とする事を決定[1]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

[6]

  • 7月19日 - 大毎対西鉄戦において、判定を巡って二出川延明が「俺がルールブックだ」と言ったとされる(詳細は参照)。

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

誕生[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」62ページ
  2. ^ a b 南海ホークス刊「南海ホークス四十年史」361ページ
  3. ^ このうち、稲尾が投げた試合で近鉄が2試合勝利しているが、敗戦投手は稲尾ではなかった。他に引き分け2試合あり
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」802ページ
  5. ^ 【7月5日】1959年(昭34) 1イニング4奪三振 1点まで取られた幸田優スポーツニッポン2010年7月11日
  6. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」170ページ
  7. ^ ベースボール・マガジン社刊「阪急ブレーブス黄金の歴史 永久保存版 よみがえる勇者の記憶 1936-1988」36ページ
  8. ^ a b ベースボール・マガジン社刊「ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡」48ページ
  9. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」135ページ
  10. ^ 南海ホークス刊「南海ホークス四十年史」167-172ページ
  11. ^ 【10月31日】1959年(昭34) 打倒巨人成る!鶴岡南海涙の御堂筋パレードスポーツニッポン2007年10月16日
  12. ^ 週刊ベースボール2011年11月28日号47ページ