キース・フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キース・フォーク
Keith Foulke
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスダコタ州ラピッドシティ
生年月日 (1972-10-19) 1972年10月19日(44歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト9巡目でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名
初出場 1997年5月21日
最終出場 2008年9月18日
年俸 70万ドル(2008年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

キース・フォーク(Keith Charles Foulke , 1972年10月19日 - )は、元MLBの選手(投手)。アメリカ合衆国サウスダコタ州ラピッドシティ出身。現役時代はリリーフクローザーを務めていた。

直球は90mph(約145km)に満たないがチェンジアップを武器に打者を翻弄する [1]

経歴[編集]

ラピッドシティのエルスワース空軍基地で生まれたフォークは、テキサス州のハーグレーブ高校を卒業後、同じテキサスのガルベストン大学へ進んだ。1993年にはデトロイト・タイガースから14巡目で指名されるが契約はせず[2]アイダホ州ルイスクラーク州立大に移った1994年サンフランシスコ・ジャイアンツから9巡目で指名され6月3日に契約、プロとしてのキャリアをスタートする事になる[3]

その年は4試合の登板にとどまったが、翌1995年アドバンストAで28試合に登板し防御率3.51、13勝6敗、翌1996年AAで27試合に登板、防御率2.75、12勝7敗と好成績をおさめる。1997年はAAA級フレズノで12試合に登板したところでメジャーに昇格するが、手荒い洗礼を受けてしまう。ジャイアンツ7月31日のトレード期限にフラッグシップ・ディールを行い、先発投手ウィルソン・アルバレスダニー・ダーウィンとリリーフのロベルト・ヘルナンデスを獲得、フォークはボブ・ハウリーら5人と共にシカゴ・ホワイトソックスに放出された。

ホワイトソックス移籍後リリーフにコンバートされ、ハウリーがクローザーとして育っていく中、主にセットアッパーをつとめていた。2000年にはシーズン途中からクローザーとなり、この年と翌年の2001年は順調に活躍する。しかし2002年は5月末時点で防御率5.56、8セーブと安定感を欠き[4]その後復調したもののトータル11セーブに終わった。チームとしてもアントニオ・オスナが11セーブ、ダマソ・マルテが10セーブとクローザーに悩まされた1年となった。シーズンオフの12月3日、ホワイトソックスは新たなるクローザーとしてビリー・コッチをマイナー2選手と共に獲得し、フォークと他2名プラス金銭をオークランド・アスレチックスに放出した。2003年は復活を果たし最多セーブのタイトルを獲得、オールスターにも選出された。

レッドソックス入団[編集]

2004年1月7日、アスレチックスからFAとなっていたフォークは、ボストン・レッドソックスと契約し安定した成績をおさめ、チームはア・リーグ東地区2位でポストシーズンへ進出する。ディビジョンシリーズではアナハイム・エンゼルス相手に2試合登板し、1セーブ、無失点と完璧におさえ、チームは3連勝でリーグチャンピオンシップシリーズへ進出、チャンピオンシップシリーズではヤンキース相手に5試合登板し、ここでも1セーブ、無失点と抑えきり、4勝3敗でカージナルスとの2004年のワールドシリーズへと駒を進める。ワールドシリーズでも全4試合に登板、防御率1.80、1勝1セーブと4連勝で1918年以来86年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献し胴上げ投手となる。ポストシーズントータルでは防御率0.64、1勝3セーブと完璧な内容であった[5]

2005年は膝の故障に悩まされ序盤から不調であった。7月6日にはDL入りし翌日には左ひざの内視鏡手術を受ける。9月9日に戻ってきた時には既にマイク・ティムリンにクローザーの座を奪われた後だった。復帰後は10日ほどの間にわずか6.2イニングを投げただけでシーズンを終えてしまった。オフには右ひざまで内視鏡手術を受けることとなった[6]

2006年は復活を待たれていたフォークだったが、術後の両ひざに加え右ひじと背中にも不安があった。スプリングトレーニングでの成績も芳しくなかったため、チームは先発での起用を予定していたジョナサン・パペルボンをクローザーに起用、フォークは中継ぎで使われることとなった[7]。しかし6月13日には右ひじの違和感でDL入りするなど、良いところのないシーズンとなってしまった。レッドソックスは2007年の契約オプション750万ドルを行使せず、フォークはFAとなった。

レッドソックス退団後[編集]

2007年1月4日クリーブランド・インディアンスと契約するが、ひじの状態は思わしくなくスプリングトレーニング直前の2月16日に「身体が思うように反応しない」と語り引退を表明した[8]。しかし、復帰を考えていたフォークは9月に右ひじの遊離軟骨除去手術を行い、復帰に向けてのトレーニングを始めていた。2008年1月に行った入団テストには高い興味を示していたアスレチックス、アリゾナ・ダイヤモンドバックスをはじめ二十数球団が視察に訪れ[9]、最終的にアスレチックスと年俸70万ドル、インセンティブ総額250万ドルで契約し[10]ヒューストン・ストリートへつなぐセットアッパーとして期待されていた[8]

受賞歴・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 SF 11 8 0 0 0 1 5 0 -- .167 209 44.2 60 9 18 1 4 33 1 0 41 41 8.26 1.15
CWS 16 0 0 0 0 3 0 3 -- 1.000 117 28.2 28 4 5 1 0 21 0 0 11 11 3.45 1.75
'97計 27 8 0 0 0 4 5 3 -- .444 326 73.1 88 13 23 2 4 54 1 0 52 52 6.38 1.51
1998 54 0 0 0 0 3 2 1 -- .600 267 65.1 51 9 20 3 4 57 3 1 31 30 4.13 1.09
1999 67 0 0 0 0 3 3 9 21 .500 411 105.1 72 11 21 4 3 123 1 0 28 26 2.22 0.88
2000 72 0 0 0 0 3 1 34 3 .750 350 88.0 66 9 22 2 2 91 1 0 31 29 2.97 1.00
2001 72 0 0 0 0 4 9 42 0 .308 322 81.0 57 3 22 1 8 75 1 0 21 21 2.33 0.98
2002 65 0 0 0 0 2 4 11 8 .333 306 77.2 65 7 13 2 2 58 1 0 26 25 2.90 1.00
2003 OAK 72 0 0 0 0 9 1 43 0 .900 338 86.2 57 10 20 2 7 88 0 1 21 20 2.08 0.89
2004 BOS 72 0 0 0 0 5 3 32 0 .625 333 83.0 63 8 15 5 6 79 3 0 22 20 2.17 0.94
2005 43 0 0 0 0 5 5 15 1 .500 210 45.2 53 8 18 1 5 34 0 0 30 30 5.91 1.55
2006 44 0 0 0 0 3 1 0 14 .750 205 49.2 52 9 7 0 2 36 2 0 24 24 4.35 1.19
2008 OAK 31 0 0 0 0 0 3 1 8 .000 133 31.0 28 7 13 2 1 23 1 0 14 14 4.06 1.32
通算:11年 619 8 0 0 0 41 37 191 55 .526 3201 786.2 652 94 194 24 44 718 14 2 300 291 3.33 1.08
  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ KFFL - Article - Keith Foulke, CL, Boston Red Sox”. 2008年2月10日閲覧。
  2. ^ Draft Picks who came from Galveston College”. 2008年2月10日閲覧。
  3. ^ Draft Picks who came from Lewis-Clark State College”. 2008年2月10日閲覧。
  4. ^ 2002 Career Highlights:”. Mlb.com. 2008年2月10日閲覧。
  5. ^ 2004 Career Highlights:”. Mlb.com. 2008年2月10日閲覧。
  6. ^ 2005 Career Highlights:”. Mlb.com. 2008年2月10日閲覧。
  7. ^ Jonathan Papelbon – Profile of Boston Red Sox pitcher Jonathan Papelbon”. 2008年2月10日閲覧。
  8. ^ a b Keith Foulke”. Rotoworld.com. 2008年2月10日閲覧。
  9. ^ Reliever Keith Foulke back with Oakland”. USA TODAY.com. 2008年2月10日閲覧。
  10. ^ Keith Foulke”. Rotoworld.com. 2008年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]