デーブ・ロバーツ (外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デーブ・ロバーツ
Dave Roberts
ロサンゼルス・ドジャース 監督 #30
Dave Roberts Winter Meetings.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 日本の旗 日本
沖縄県那覇市
生年月日 (1972-05-31) 1972年5月31日(46歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1994年 MLBドラフト28巡目
初出場 1999年8月7日
最終出場 2008年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • サンディエゴ・パドレス (2011 - 2015)
  • ロサンゼルス・ドジャース (2016 - )
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
1999 野球

デーブ・ロバーツDave Roberts、本名:デビッド・レイ・ロバーツDavid Ray "Dave" Roberts, 1972年5月31日 - )は、沖縄県那覇市生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ育ちの元プロ野球選手外野手)、プロ野球監督。左投左打。現在はMLBロサンゼルス・ドジャースで監督を務める。

MLB史上初の日本出身監督[1]であり、日本出身監督として初めてワールドシリーズで監督を行なう[2]

経歴[編集]

1972年、返還直後の沖縄県那覇市アフリカ系アメリカ人の父親(退役軍人)と日本人の母親の間に生まれる。その後一家はカリフォルニア州サンディエゴに移住。

1994年MLBドラフト28巡目(全体781位)でデトロイト・タイガースに指名され、6月9日に契約を結び[3]プロ入り。1998年ジェロニモ・ベローア英語版とのトレードで、ティム・ウォーレルと共にクリーブランド・インディアンスへ移籍。1999年同年のパンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表に選出され[4]、大会後の8月7日の対デビルレイズ戦でメジャーデビュー[3]

2002年からはロサンゼルス・ドジャースでプレーし、移籍1年目の2002年はチーム最多の45盗塁。2003年は2度の故障者リスト入りで出場試合数が107だったが、前年に続き2年連続で40盗塁。2004年はシーズン途中の7月31日にボストン・レッドソックスへトレードで移籍。両チームで41回の盗塁を試みて38回成功し、成功率92.7%は両リーグでカルロス・ベルトランの93.3%に次ぐ[5]。ポストシーズンでは0勝3敗で迎えたヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズ4戦目で1点ビハインドの9回に代走に出て盗塁を決め、チームはその後4連勝、ワールドチャンピオンとなった。

その後、サンディエゴ・パドレスへ移籍し、2006年は、前年オフにメジャー屈指の中堅手であるマイク・キャメロンが加入したため、左翼手にコンバートされた。6月には守備の際にフェンスに激突し、故障者リスト入りするなど故障が多いので左投手が先発するときは休養を取りながらプレーした[6]。この年に記録した13三塁打は、トニー・グウィンと並ぶ球団記録であった[7]。2006年オフにサンフランシスコ・ジャイアンツと3年総額1800万ドルの契約を結び、2007年は最も得意な中堅を守ることになった[6]。この年は故障で戦線離脱したが、チーム最多の31盗塁を決め、バリー・ボンズ以来球団史上10年ぶりに30盗塁を達成した[8]2009年4月10日にジャイアンツから放出され、12日に現役引退を発表。

引退後はパドレスの特別補佐役を務めていたが、2010年に血液のガンを発症して闘病。克服後の2011年にコーチとして現場復帰を果たした[9][10]2015年6月15日のオークランド・アスレチックス戦では、前日の14日に解任されたバド・ブラックの代理監督を務める[11]。これによってMLB史上初の日本出身監督となった[1]。オフの11月23日にドジャースの新監督に就任することが発表された[12]。就任1年目にして地区優勝し、最優秀監督賞を受賞した[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1999 CLE 41 156 143 26 34 4 0 2 44 12 11 3 3 1 9 0 0 16 0 .238 .281 .308 .589
2000 19 13 10 1 2 0 0 0 2 0 1 1 1 0 2 0 0 2 0 .200 .333 .200 .533
2001 15 13 12 3 4 1 0 0 5 2 0 1 0 0 1 0 0 2 0 .333 .385 .417 .801
2002 LAD 127 479 422 63 117 14 7 3 154 34 45 10 6 1 48 1 0 51 1 .277 .353 .365 .718
2003 107 440 388 56 97 6 5 2 119 16 40 14 5 0 43 0 1 39 0 .250 .331 .307 .638
2004 68 270 233 45 59 4 7 2 83 21 33 1 2 3 28 0 4 31 2 .253 .340 .356 .696
BOS 45 101 86 19 22 10 0 2 38 14 5 2 1 3 10 0 1 17 2 .256 .330 .442 .772
'04計 113 371 319 64 81 14 7 4 121 35 38 3 3 6 38 6 0 38 4 .254 .337 .379 .716
2005 SD 115 480 411 65 113 19 10 8 176 38 23 12 11 4 53 4 3 59 10 .275 .356 .428 .784
2006 129 566 499 80 146 18 13 2 196 44 49 6 7 5 51 5 2 61 5 .293 .360 .393 .752
2007 SF 114 442 396 61 103 17 9 2 144 23 31 5 4 0 42 0 1 66 4 .260 .331 .364 .695
2008 52 130 107 18 24 2 2 0 30 9 5 3 1 2 20 1 0 18 0 .224 .341 .280 .621
MLB:10年 832 3090 2707 437 721 95 53 23 991 213 243 58 41 19 307 8 16 362 24 .266 .342 .366 .708

背番号[編集]

  • 52(1999年 - 2000年)
  • 10(2001年、2005年 - 2008年、2011年 - 2015年)
  • 30(2002年 - 2004年途中、2016年 - )
  • 31(2004年途中 - 同年終了)

代表歴[編集]

  • 1999年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

年度別監督戦績[編集]

年度 チーム 地区 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン勝敗 年齢
2015 SD NL 西 1 0 1 .000 4 / 5 代理監督、順位は最終順位 43歳
2016 LAD 162 91 71 .562 1 / 5 NLCS敗退 5勝6敗 44歳
2017 162 104 58 .642 1 / 5 WS敗退 10勝5敗 45歳
通算 3年 325 195 130 .600     15勝11敗

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Players born in Japan Baseball Reference (英語)
  2. ^ 日本生まれで初のWS采配を振るうロバーツ監督、名将・ラソーダ氏から学んだ掌握術 スポーツ報知 (2017年10月21日) 2017年10月22日閲覧
  3. ^ a b Dave Roberts Baseball Reference (Minors) (英語)
  4. ^ 1999 Pan American Team Roster USABaseball.com (英語) (2011年5月18日) 2016年2月27日閲覧
  5. ^ Dave Roberts 2004 Career Highlights” (英語). 2008年6月19日閲覧。
  6. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、427頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  7. ^ Dave Roberts 2006 Career Highlights” (英語). 2008年6月19日閲覧。
  8. ^ Dave Roberts 2007 Career Highlights” (英語). 2008年6月19日閲覧。
  9. ^ パドレス、ロバーツ氏が一塁コーチに就任”. MSN産経ニュース. 2010年10月8日閲覧。
  10. ^ ロバーツ氏がん克服しパドレスコーチ就任”. 日刊スポーツ. 2011年2月4日閲覧。
  11. ^ Lin, Dennis (2015年6月15日). “Padres fire manager Bud Black”. San Diego Union-Tribune. オリジナル2015年6月15日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6ZJO9jmEB?url=http://www.utsandiego.com/news/2015/jun/15/padres-fire-manager-bud-black/  Former ASU baseball coach Pat Murphy named Padres interim manager”. statepress.com. 2015年11月24日閲覧。
  12. ^ Gurnick, Ken (2015年11月23日). “Roberts is Dodgers' pick to be manager”. mlb.com. 2015年11月24日閲覧。
  13. ^ 沖縄出身ドジャース・ロバーツ監督が最優秀監督賞”. nikkansports.com. 2017年3月3日閲覧。
  14. ^ “大リーグ 最優秀監督にドジャースのロバーツ監督 アはフランコナ氏”. スポニチアネックス. (2016年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/16/kiji/K20161116013734450.html 2016年11月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]