リアム・ヘンドリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リアム・ヘンドリックス
Liam Hendriks
オークランド・アスレチックス #31
Liam Hendriks 2016.jpg
2016年4月5日
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 西オーストラリア州パース
生年月日 (1989-02-10) 1989年2月10日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてミネソタ・ツインズと契約
初出場 2011年9月6日 シカゴ・ホワイトソックス
年俸 $495,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
WBC 2009年

リアム・ジョンソン・ヘンドリックスLiam Johnson Hendriks, 1989年2月10日 - )は、オーストラリア連邦西オーストラリア州パース出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBオークランド・アスレチックスに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとツインズ時代[編集]

パース郊外のソレントにあるセイクリッドハート・カレッジを卒業後、2007年ミネソタ・ツインズと契約[2]

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCオーストラリア代表の最年少メンバーとして選出された[3]

2010年にはオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜チームに選出されたが、虫垂炎のため出場できなかった[4]

オフにはオーストラリアン・ベースボールリーグに参加し、パース・ヒートに所属した[5]

2011年はAA級ニューブリテン・ロックキャッツからスタートし、シーズン途中にAAA級ロチェスター・レッドウイングスへ昇格。ロースター拡大に伴い、9月6日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャー初登板初先発を果たし、史上31人目のオーストラリア人メジャーリーガーとなった。この試合のスタメンでは、一塁手クリス・パームリー中堅手ジョー・ベンソンもメジャー初出場であり、初出場選手がスタメンに3人名を連ねたのは球団史上初の出来事であった[5]10月13日、ツインズのマイナー最優秀投手に選出された[2]

2012年9月29日クリーブランド・インディアンズ戦でメジャー初勝利をあげた。

2013年12月5日フィル・ヒューズの加入に伴いDFA となり、40人枠を外れた[6]

ブルージェイズ時代[編集]

2013年12月13日ウェーバーシカゴ・カブスへ移籍した[7]が、12月23日に再びウェーバーでボルチモア・オリオールズへ移籍した[8]

2014年2月17日ウバルド・ヒメネスの加入に伴いDFAとなった[9]2月21日にウェーバーでトロント・ブルージェイズへ移籍した[10]3月8日にAAA級バッファロー・バイソンズへ異動した。5月23日にメジャーへ昇格。2試合に登板したが、6月1日にAAA級バッファローへ降格した。6月19日に再昇格。6月20日シンシナティ・レッズ戦に登板したが、1.2回を6安打6失点と打ち込まれ降板し、試合後にAAA級バッファローへ降格した。ブルージェイズでは3試合に登板し、1勝0敗・防御率6.08だった。

ロイヤルズ時代[編集]

2014年7月28日ダニー・バレンシアとのトレードで、エリック・クラッツと共にカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[11]。オフの10月24日モイゼス・シエラの加入に伴ってDFAとなった[12]

ブルージェイズ復帰[編集]

2014年10月30日サンティアゴ・ネッシーとのトレードで、ブルージェイズへ復帰した[13]

2015年はリリーフ投手に転身し、58試合に投げた。この中で、先発投手としてマウンドに登った試合は1度もなかった。2011年のMLBデビュー以来、防御率は毎年5.00を超えていたが、この年は5勝0敗・2.92という好成績をマークし、リリーフ転身は大成功だった。

アスレティックス時代[編集]

2015年11月20日ジェシー・チャベスとのトレードで、オークランド・アスレティックスへ移籍した[14]

2016年、アスレティックスでもブルペンで起用され、53試合に登板した。防御率3.76・勝ち星なしで4敗を喫するなど、前年よりやや低調気味だったが、与四球率1.0台と奪三振率9.0台はキープし、地力はある事を引き続き示した。

2017年開幕前の2月9日に第4回WBC本戦のオーストラリア代表に選出された[15]が、シーズンを優先するため辞退した[16]

選手としての特徴[編集]

救援投手として、オーバースローから、最速球速98.4mph(約158km/h)・平均94mph(約151km/h)の速球フォーシームツーシーム)を中心に、決め球である平均87mph(約140km/h)のスライダー、その他に平均77mph(約124km/h)のカーブ、平均88mph(約142km/h)のチェンジアップなども投げる[17]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 MIN 4 4 0 0 0 0 2 0 0 .000 100 23.1 29 3 6 0 0 16 1 0 16 16 6.17 1.50
2012 16 16 1 0 0 1 8 0 0 .111 381 85.1 106 17 26 3 4 50 4 0 61 53 5.59 1.55
2013 10 8 0 0 0 1 3 0 0 .250 224 47.1 67 10 14 1 3 34 1 0 39 36 6.85 1.71
2014 TOR 3 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 57 13.1 12 3 4 0 2 8 0 0 9 9 6.08 1.20
KC 6 3 0 0 0 0 2 0 1 .000 86 19.1 26 0 3 0 1 15 1 0 12 10 4.66 1.50
'14計 9 6 0 0 0 1 2 0 1 .333 143 32.2 38 3 7 0 3 23 1 0 21 19 5.23 1.38
2015 TOR 58 0 0 0 0 5 0 0 6 1.000 261 64.2 59 3 11 1 2 71 4 0 23 21 2.92 1.08
2016 OAK 53 0 0 0 0 0 4 0 10 .000 275 64.2 69 6 14 3 1 71 3 0 31 27 3.76 1.28
通算:6年 150 34 1 0 0 8 19 0 17 .296 1384 318.0 368 42 78 8 13 265 14 0 191 172 4.87 1.40
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 62 (2011年 - 2013年)
  • 39 (2014年)
  • 31 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Liam Hendriks Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2012年12月29日閲覧。
  2. ^ a b “Brian Dozier and Liam Hendriks named 2011 Twins Minor League Player and Pitcher of the Year” (英語). Twins Press Release. MLB.com. (2011年10月13日). http://minnesota.twins.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20111013&content_id=25637450&vkey=pr_min&fext=.jsp&c_id=min 2015年11月23日閲覧。 
  3. ^ 2009 Tournament Roster” (英語). WorldBaseballClassic.com. MLB Advanced Media, L.P.. 2015年11月23日閲覧。
  4. ^ “Miracle's Hendriks undergoes appendectomy, will miss Futures Game” (英語). Naples Daily News. オリジナル2012年3月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120306034340/http://www.naplesnews.com/news/2010/jul/05/miracles-hendriks-undergoes-appendectomy-futures/ 2015年11月23日閲覧。 
  5. ^ a b Joseph Sapienza (2011年9月7日). “WA's Liam Hendriks makes Major League Baseball debut for Minnesota Twins” (英語). Perth Now (News Corp). http://www.perthnow.com.au/sport/othersports/was-liam-hendriks-makes-major-league-baseball-debut-for-minnesota-twins/story-fn4pw13c-1226131441370 
  6. ^ “Twins designate Liam Hendriks for release or assignment” (英語). Twins Press Release. MLB.com. http://m.twins.mlb.com/news/article/64427406 2015年11月23日閲覧。 
  7. ^ “Cubs Claim Righthander Liam Hendriks off Waivers from Minnesota” (英語). Cubs Press Release. MLB.com. (2013年12月13日). http://m.cubs.mlb.com/news/article/64667082 2015年11月23日閲覧。 
  8. ^ “Orioles claim RHP Liam Hendriks off waivers from the Cubs” (英語). Orioles Press Release. MLB.com. (2013年12月23日). http://m.orioles.mlb.com/news/article/66158476 2015年11月23日閲覧。 
  9. ^ “Orioles sign free agent RHP Ubaldo Jimenez to a four-year contract” (英語). Orioles Press Release. MLB.com. (2014年2月19日). http://m.orioles.mlb.com/news/article/67966948 2015年11月23日閲覧。 
  10. ^ “Blue Jays claim Hendriks” (英語). Blue Jays Press Release. MLB.com. (2014年2月21日). http://m.bluejays.mlb.com/news/article/68066750 2015年11月23日閲覧。 
  11. ^ “Royals acquire Erik Kratz, Liam Hendriks from Toronto for Danny Valencia” (英語). Royals Press Release. MLB.com. (2014年7月28日). http://m.royals.mlb.com/news/article/86749002 2015年11月23日閲覧。 
  12. ^ “Royals claim Sierra off waivers from White Sox” (英語). AP通信. ESPN. (2014年10月25日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=11762160 2015年11月23日閲覧。 
  13. ^ Gregor Chisholm (2014年10月30日). “Blue Jays bring Hendriks back into fold via trade” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  14. ^ Gregor Chisholm (2015年11月20日). “Blue Jays swap Hendriks for A's Chavez” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  15. ^ Australia’s roster finalised for WBC Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2017年2月9日) 2017年2月13日閲覧
  16. ^ Hendriks opts out of Classic to prep for season MLB.com (英語) (2017年2月25日) 2017年3月7日閲覧
  17. ^ FanGraphs - PITCHf/x

関連項目[編集]

外部リンク[編集]