ホセ・ラミレス (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホセ・ラミレス
Jose Ramírez
クリーブランド・ガーディアンズ #11
José Ramírez (infielder) 2017.jpg
2017年6月20日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ペラビア州バニ英語版
生年月日 (1992-09-17) 1992年9月17日(30歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 三塁手二塁手遊撃手
プロ入り 2009年 アマチュアFA
初出場 2013年9月1日
年俸 $22,000,000(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホセ・エンリケ・ラミレスJosé Enrique Ramírez, 1992年9月17日 - )は、ドミニカ共和国ペラビア州バニ英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投両打。MLBクリーブランド・ガーディアンズ所属。

経歴[編集]

2009年11月26日にクリーブランド・インディアンスと契約を結んだ。

2011年、ルーキー級アリゾナリーグ・インディアンスでプロデビュー。48試合に出場し、打率.325 ・1本塁打・20打点・12盗塁だった。

2012年はA-級マホニングバレー・スクラッパーズで3試合に出場後、6月にA級レイクカウンティ・キャプテンズへ昇格。67試合に出場し、打率.354 ・3本塁打・27打点・15盗塁だった。

2013年はAA級アクロン・エアロズで113試合に出場し、打率.272・3本塁打・38打点・38盗塁だった。9月1日にメジャー初昇格を果たし[2]、同日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー[3]。9回表に代走として出場した。この年は15試合に出場し、12打数4安打、打率.333だった。

2014年3月5日にインディアンスと1年契約に合意。3月12日にAAA級コロンバス・クリッパーズへ異動した[4]。最終的にはメジャーに定着して68試合に出場し、リーグ最多となる13犠打を記録した。守備では遊撃手を56試合、二塁手を11試合で守った。

2015年4月8日

2015年も内野のユーティリティとして起用され、97試合に出場した。打率は前年から大幅に低下して.219に留まった。盗塁は2シーズン連続で10個決めたが、盗塁死の数は増えた。守備では一塁手を除く内野の3ポジションを守ったのに加え、左翼手でも2試合で守備に就いた。

2016年は、三塁手のレギュラーで起用され、自己最多の152試合に出場。打撃面で開花し、打率.312・11本塁打・76打点・22盗塁の成績を残した。三塁の守備は、117試合で守って5失策守備率.979だった。48試合で守った左翼では、1失策・守備率.986を記録した。他に二塁手遊撃手も守った。

2017年3月28日に4年総額2600万ドル(5年目以降は球団側に選択権)で契約延長することが球団公式サイトで報じられた[5]。シーズンでは6月に9試合連続複数安打を記録するように好調で、オールスターゲームに初選出された。9月3日のデトロイト・タイガース戦では史上最多タイとなる5長打を放つなど、チームの8月24日から9月15日まで続いたMLB新記録となる22連勝にも大きく貢献した。最終成績は打率.318・29本塁打・83打点・OPS.957で、56二塁打はリーグトップ。オフにはこの活躍により自身初となるシルバースラッガー賞を受賞した。また、MVPの投票では3位だった[6]

2018年は正三塁手として攻守で活躍し8月までは本塁打、盗塁の両タイトル争いに加わっていたが、9月になると途中加入のジョシュ・ドナルドソンとの兼ね合いもあり一時的に二塁へコンバート。その後は月間打率.174と落ち込み、二塁の守備ではUZR-0.6と攻守で綻びを見せた[7]。しかし、最終的には自身初となる30本塁打、30盗塁を達成し、WARでは三塁手としてリーグトップの8.0を記録した[8]。 オフに2年連続でシルバースラッガー賞を受賞した。

2019年の前半戦は昨年のスランプを引きずり、打率.218で折り返した。後半戦は復調していたが(打率.327、OPS1.068)、8月24日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でスイング時に右手有鉤骨骨折を負い、手術を受けた[9]。復帰戦となった9月24日のシカゴ・ホワイトソックス戦では2本塁打、7打点を挙げる活躍を見せた。129試合の出場で打率.255・23本塁打・83打点だった。

2020年オフの12月9日に自身初めてオールMLBチームのセカンドチーム三塁手に選出された[10]

2021年7月4日に選手間投票で控え野手として通算3度目となるオールスターゲームに選出された[11]。7月13日に開催されたオールスターゲームでは5回裏に三塁手で先発出場していたレッドソックスのラファエル・デバースに変わって守備について途中出場した[12]

2022年4月18日に通算5度目となるプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク英語版を受賞した[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 CLE 15 14 12 5 4 0 1 0 6 0 0 1 0 0 2 0 0 2 0 .333 .429 .500 .929
2014 68 266 237 27 62 10 2 2 82 17 10 1 13 2 13 0 1 35 3 .262 .300 .346 .646
2015 97 355 315 50 69 14 3 6 107 27 10 4 5 2 32 0 1 39 5 .219 .291 .340 .631
2016 152 618 565 84 176 46 3 11 261 76 22 7 1 4 44 1 4 62 10 .312 .363 .462 .825
2017 152 645 585 107 186 56 6 29 341 83 17 5 0 5 52 5 3 69 13 .318 .374 .583 .957
2018 157 698 578 110 156 38 4 39 319 105 34 6 0 6 106 15 8 80 2 .270 .387 .552 .939
2019 129 542 482 68 123 33 3 23 231 83 24 4 0 6 52 3 2 74 8 .255 .327 .479 .806
2020 58 254 219 45 64 16 1 17 133 46 10 3 1 0 31 0 3 43 2 .292 .386 .607 .993
2021 152 636 552 111 147 32 5 36 297 103 27 4 0 5 72 10 7 87 13 .266 .355 .538 .893
MLB:9年 980 4028 3545 607 987 245 28 163 1777 540 154 35 19 31 404 34 29 491 56 .278 .354 .501 .856
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • クリーブランド・インディアンスは、2022年にクリーブランド・ガーディアンズに球団名を変更

年度別守備成績[編集]



二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS) 左翼(LF)
















































2013 CLE 5 2 7 0 0 1.000 2 0 3 1 0 .750 2 0 0 0 0 .--- -
2014 11 14 24 0 6 1.000 - 56 76 155 4 34 .983 -
2015 33 34 94 2 17 .985 13 8 23 1 3 .969 46 46 99 8 20 .948 2 3 0 0 0 1.000
2016 9 5 10 1 1 .938 117 54 174 5 16 .979 5 5 6 0 2 1.000 48 72 1 1 0 .986
2017 71 118 170 6 55 .980 88 61 146 6 23 .972 - -
2018 16 24 33 3 5 .950 137 94 205 11 21 .965 - -
2019 - 126 108 222 14 21 .959 - -
2020 - 57 39 65 6 13 .945 - -
2021 - 133 105 213 15 34 .955 - -
MLB 145 197 338 12 84 .978 673 469 1051 59 131 .963 109 127 260 12 56 .970 50 75 1 1 0 .987
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 62(2013年)
  • 11(2014年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Jose Ramirez Contract Details, Salaries, & Earnings” (English). Spotrac. 2022年4月21日閲覧。
  2. ^ Indians to promote five (5) players as Major League Rosters expand”. MLB.com Indians Press Release (2013年9月1日). 2014年3月19日閲覧。
  3. ^ Speedy Ramirez becomes fourth youngest big leaguer
  4. ^ Indians reduce spring roster by twelve (12) players”. MLB.com Indians Press Release (2014年3月5日). 2014年3月19日閲覧。
  5. ^ Indians sign José Ramĺrez to a long-term contract”. MLB.com. 2019年10月3日閲覧。
  6. ^ Ramirez rises to 3rd-place finish for AL MVP MLB.com (英語) (2017年11月16日) 2017年11月17日閲覧
  7. ^ Jose Ramirez » Statistics » Batting | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2019年2月22日閲覧。
  8. ^ Major League Leaderboards » 2018 » Third Basemen » Dashboard | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2019年2月22日閲覧。
  9. ^ インディアンスの主砲復帰は10月か ホセ・ラミレス右手骨折で”. 中日スポーツ. 2019年10月3日閲覧。
  10. ^ Anthony Castrovince (2020年12月10日). “Here is the star-studded 2020 All-MLB Team” (英語). MLB.com. 2021年11月27日閲覧。
  11. ^ Sarah Langs, Thomas Harrigan (2021年7月11日). “Your 2021 MLB All-Stars by position” (英語). MLB.com. July 13, 2021閲覧。
  12. ^ Mandy Bell (2021年7月14日). “Ramírez gives one a ride at All-Star Game” (英語). MLB.com. 2021年8月2日閲覧。
  13. ^ Jake Crouse (2022年4月19日). “Suzuki, J-Ram scorch their way to weekly honors” (英語). MLB.com. 2022年4月19日閲覧。
  14. ^ All-MLB Team” (英語). MLB.com. 2021年11月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]