クリス・パームリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・パームリー
Chris Parmelee
ニューヨーク・ヤンキース (マイナー)
Chris Parmelee on April 6, 2013.jpg
ツインズ時代(2013年4月6日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロングビーチ
生年月日 1988年2月24日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2006年 ドラフト1巡目(全体20位)でミネソタ・ツインズから指名
初出場 2011年9月6日
年俸 $507,500(2015年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・マシュー・パームリーChristopher "Chris" Matthew Parmelee , 1988年2月24日 - )は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身のプロ野球選手外野手または一塁手)。左投左打。MLBニューヨーク・ヤンキース傘下に所属。

経歴[編集]

プロ入りとツインズ時代[編集]

2006年MLBドラフト1巡目(全体20位)でミネソタ・ツインズから指名され、6月22日に契約。ドラフト当時はパワーヒッターという触れ込みだったが[2]、プロ入り後の成績は中距離タイプである[3]。契約後は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ツインズで45試合に出場し、打率.279・8本塁打・32打点・3盗塁だった。8月にA級ベロイト・スナッパーズ英語版へ昇格。11試合に出場し、打率.227・2打点だった。

2007年はA級ベロイトで128試合に出場し、打率.239・15本塁打・70打点・8盗塁だった。

2008年はA級ベロイトで69試合に出場し、打率.239・14本塁打・49打点・13盗塁だった。

2009年はA+級フォートマイヤーズ・ミラクルで123試合に出場し、打率.258・16本塁打・73打点・2盗塁だった。

2010年はA+級フォートマイヤーズとAA級ニューブリテン・ロックキャッツでプレー。AA級ニューブリテンでは111試合に出場し、打率.275・6本塁打・44打点・3盗塁だった。オフの11月19日にツインズとメジャー契約を結び[4]40人枠入りを果たした。

2011年2月26日にツインズと1年契約に合意[5]3月14日にAA級ニューブリテンへ異動した[6]。開幕後はAA級ニューブリテンで142試合に出場し、打率.287・13本塁打・83打点だった。9月6日にメジャーへ昇格し[7]、同日のシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。3番・一塁で先発起用され、初打席でジェイク・ピービーからメジャー初安打を放った。この日は4打数2安打1三振だった。その後は正一塁手として固定され、21試合に出場。打率.355・4本塁打・14打点だった。

2012年は開幕ロースター入りを果たし、開幕から一塁手として先発起用されていたが、27試合の出場で打率.179と結果を残せず、5月15日ジャスティン・モルノーが故障から復帰したため、AAA級ロチェスター・レッドウイングスへ降格[8]。AAA級ロチェスターでは15試合に出場し、打率.375・4本塁打・12打点と活躍。6月7日に再昇格した[9]。昇格後は23試合に出場したが、正一塁手のモルノーからポジションは奪えず、7月5日にAAA級ロチェスターへ降格[10]7月21日にモルノーが父親産休リスト入りしたため、メジャーへ昇格[11]。2試合に出場し、7月23日にモルノーが復帰したため、再びAAA級ロチェスターへ降格した[12]8月29日に再昇格[13]後は一塁の他に右翼手として起用された。この年は64試合に出場し、打率.229・5本塁打・19打点だった。

2013年は前年オフに正右翼手のベン・リビアフィラデルフィア・フィリーズへ移籍したため、開幕から正右翼手として起用された。開幕後は83試合に出場したが、打率は.223まで落ち込み、7月14日にAAA級ロチェスターへ降格した[14]。その後、9月8日に再昇格した[15]8月31日にモルノーがピッツバーグ・パイレーツへ移籍したこともあり、昇格後は主に一塁手として起用された。この年は自己最多の101試合に出場し、打率.228・8本塁打・24打点・1盗塁だった。

2014年2月28日にツインズと1年契約に合意した[16]が、3月27日に40人枠を外れ、AAA級ロチェスターへ降格した[17]。降格後はAAA級ロチェスターで32試合に出場し、打率.305・7本塁打・23打点と結果を残し、5月9日にツインズとメジャー契約を結んだ[18]。この年からジョー・マウアーが一塁に転向し、開幕から右翼に起用されていたオズワルド・アルシアが故障で離脱していたため、契約後は右翼手として起用された。5月25日にアルシアが復帰し、その後は定位置を確保することができないままシーズンを終えた。この年は87試合に出場し、打率.256・7本塁打・28打点だった。オフの12月13日DFAとなり[19]12月23日にAAA級ロチェスターへ降格した。

オリオールズ時代[編集]

2015年1月26日ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ。開幕は傘下のAAA級ノーフォーク・タイズで迎え、6月16日にメジャー契約を結んだ。オリオールズでのデビュー戦となった同日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で6打数3安打でうち2本塁打3打点と打棒が爆発。また、この試合でチームは歴代球団記録の1試合8本塁打を記録し、19 - 3で大勝した[20]7月31日ジェラルド・パーラの加入に伴ってDFAとなり[21]8月8日にAAA級ノーフォークへ降格した。8月14日に前腕の骨折で故障者リストに入った。10月8日FAとなった[22]

ヤンキース時代[編集]

2016年2月23日ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[23][22]。開幕は傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースで迎えた。6月4日マーク・テシェイラの15日間の故障者リスト入りに伴い、メジャー契約を結んで25人枠入りした[24]。昇格後は6月8日ロサンゼルス・エンゼルス戦で2本塁打する活躍もあった[25]が、10日に右足のハムストリングを痛めて15日間の故障者リスト入りした[26]8月13日に復帰したが、同日中に40人枠を外れる形でAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ配属された[22]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 MIN 21 88 76 8 27 6 0 4 45 14 0 0 0 0 12 0 0 13 3 .355 .443 .592 1.035
2012 64 210 192 18 44 10 2 5 73 20 0 0 0 1 13 1 4 52 4 .229 .290 .380 .671
2013 101 333 294 21 67 13 0 8 104 24 1 1 0 3 33 0 3 81 6 .228 .309 .354 .663
通算:3年 186 631 562 47 138 29 2 17 222 58 1 1 0 4 58 1 7 146 13 .246 .322 .395 .717
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 64 (2011年)
  • 27 (2012年 - 2014年)
  • 41 (2015年)
  • 26 (2016年)

脚注[編集]

  1. ^ Chris Parmelee Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). 2016年2月24日閲覧。
  2. ^ Brad Weiss (2007年3月29日). “Scouting Twin Prospect #7: Chris Parmelee” (英語). Scout.com. 2016年2月24日閲覧。
  3. ^ Paul Hemmingsen (2012年3月31日). “2012 Minnesota Twins Prospects #10 Chris Parmelee” (英語). 2016年2月24日閲覧。
  4. ^ “Twins add four players to Major League roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2010年11月19日), http://minnesota.twins.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20101119&content_id=16164486&vkey=pr_min&fext=.jsp&c_id=min 2016年2月24日閲覧。 
  5. ^ “Twins agree to terms with 21 players” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2011年2月26日), http://minnesota.twins.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110226&content_id=16740616&vkey=pr_min&fext=.jsp&c_id=min 2016年2月24日閲覧。 
  6. ^ “Twins Option Seven Players, Reassign Seven Others To Minor League Camp” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2011年3月14日), http://minnesota.twins.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110314&content_id=16942386&vkey=pr_min&fext=.jsp&c_id=min 2016年2月24日閲覧。 
  7. ^ “Twins to recall Benson and Parmelee from Double-A New Britain” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2011年9月5日), http://minnesota.twins.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110905&content_id=24274970&vkey=pr_min&fext=.jsp&c_id=min 2016年2月24日閲覧。 
  8. ^ “Twins to reinstate Morneau; Option Parmelee” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2012年5月16日), http://m.twins.mlb.com/news/article/31341704/twins-to-reinstate-morneau-option-parmelee 2016年2月24日閲覧。 
  9. ^ “Twins To Recall Parmelee, Option De Vries” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2012年6月7日), http://m.twins.mlb.com/news/article/32913572/twins-to-recall-parmelee-option-de-vries 2016年2月24日閲覧。 
  10. ^ “Twins to select the contract of Sam Deduno” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2012年7月5日), http://m.twins.mlb.com/news/article/34521022/twins-to-select-the-contract-of-sam-deduno 2016年2月24日閲覧。 
  11. ^ “Twins Place Morneau on Paternity List” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2012年7月21日), http://m.twins.mlb.com/news/article/35304618/ 2016年2月24日閲覧。 
  12. ^ “Twins to reinstate Morneau, option Parmelee” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2012年7月23日), http://m.twins.mlb.com/news/article/35450860/ 2016年2月24日閲覧。 
  13. ^ “Twins recall Parmelee” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2012年8月29日), http://m.twins.mlb.com/news/article/37537594/twins-recall-parmelee 2016年2月24日閲覧。 
  14. ^ “Twins option Arcia, Escobar and Parmelee to Triple-A” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2013年7月14日), http://m.twins.mlb.com/news/article/53775720/twins-option-arcia-escobar-and-parmelee-to-triple-a 2016年2月24日閲覧。 
  15. ^ “Twins to make roster additions” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2013年9月8日), http://m.twins.mlb.com/news/article/59956784/twins-to-make-roster-additions 2016年2月24日閲覧。 
  16. ^ “Twins agree to terms with all players on 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2014年2月28日), http://m.twins.mlb.com/news/article/68453378 2016年2月24日閲覧。 
  17. ^ “Twins make roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2014年3月27日), http://m.twins.mlb.com/news/article/70252250 2016年2月24日閲覧。 
  18. ^ “Twins reinstate Hicks from disabled list and select Parmelee” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2014年3月9日), http://m.twins.mlb.com/news/article/74884096 2016年2月24日閲覧。 
  19. ^ Charlie Wilmoth (2014年12月13日). “Twins Designate Chris Parmelee For Assignment”. MLB.com Trade Rumors. 2016年2月24日閲覧。
  20. ^ Manny Machado, Chris Parmelee homer twice as O's win 8th of past 9
  21. ^ Mark Brown (2015年7月31日). “Orioles designate Chris Parmelee for assignment as Gerardo Parra reports”. Camden Chat / SB Nation. Vox Media, Inc. 2016年2月24日閲覧。
  22. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2016年8月18日閲覧。
  23. ^ Bryan Hoch (2016年2月22日), “Yankees add veteran bat Parmelee to mix” (英語) (プレスリリース), MLB.com, http://m.mlb.com/news/article/165100476/yankees-add-chris-parmelee-in-spring-training 2016年2月24日閲覧。 
  24. ^ Mark Teixeira hits DL, Yankees (smartly?) pass on Nick Swisher, call up Chris Parmelee” (2016年6月4日). 2016年6月5日閲覧。
  25. ^ Dan Martin (2016年6月9日). “Chris Parmelee makes convincing case for more playing time” (英語). New York Post. 2016年8月18日閲覧。
  26. ^ Howie Kussoy (2016年6月10日). “Yankees just can’t stay healthy as Chris Parmelee goes down” (英語). New York Post. 2016年8月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]