コディ・ベリンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コディ・ベリンジャー
Cody Bellinger
ロサンゼルス・ドジャース #35
Cody Bellinger 7 24 18.jpg
2018年7月24日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州マリコパ郡チャンドラー
生年月日 (1995-07-13) 1995年7月13日(24歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2013年 MLBドラフト4巡目
初出場 2017年4月25日
年俸 $11,600,000 (2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

コディ・ジェームズ・ベリンジャーCody James Bellinger, 英語発音: [ˈkoʊdi d͡ʒeɪmz ˈbɛlɪŋɚ][2]; 1995年7月13日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州マリコパ郡チャンドラー出身のプロ野球選手一塁手外野手)。左投左打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

父親は元メジャーリーガーで、2000年のワールドシリーズ優勝メンバーであるクレイ・ベリンジャー

愛称はコディラブ(CodyLove)2015年スプリングトレーニング期間中だったバレンタインデージョク・ピーダーソンに対してつけられた愛称ジョクラブ(JocLove)に由来する[3]

経歴[編集]

ドジャース時代[編集]

2013年MLBドラフト4巡目(全体124位)でロサンゼルス・ドジャースから指名され[4]、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ドジャースでプロデビュー。47試合に出場して打率.210、1本塁打、30打点、3盗塁を記録した。

2014年はルーキー級アリゾナリーグ・ドジャースとパイオニアリーグのルーキー級オグデン・ラプターズ英語版でプレーし、2球団合計で51試合に出場して打率.312、3本塁打、34打点、8盗塁を記録した。

2015年はA+級ランチョクカモンガ・クエークスでプレーし、128試合に出場して打率.264、30本塁打、103打点、10盗塁を記録した。

2016年はAA級タルサ・ドリラーズとAAA級オクラホマシティ・ドジャースでプレーし、2球団合計で117試合に出場して打率.271、26本塁打、71打点、8盗塁を記録した。

2017年は開幕をAAA級オクラホマシティで迎えたが[5]、4月25日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]。同日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦にて「8番・左翼手」で先発出場してメジャーデビュー。3打数1安打で、9回表にニール・ラミレスからメジャー初安打となる遊撃への内野安打を放った[7]。7月15日のマイアミ・マーリンズ戦では球団史上9人目、ロサンゼルス移転後では3人目[8]、球団新人史上初のサイクルヒットを達成した[9]。8月2日のアトランタ・ブレーブス戦でフリオ・テヘランからシーズン30本塁打を達成した[10]。9月16日のワシントン・ナショナルズ戦でシーズン38号本塁打を記録し、1930年ウォーリー・バーガー英語版1956年フランク・ロビンソンと並んだナショナルリーグにおける新人によるシーズン38本塁打となった[11]。そして、9月22日のジャイアンツ戦で3回にジェフ・サマージャから39号本塁打を記録し、ナショナルリーグのシーズン新人本塁打記録を更新した。最終成績は打率.267、39本塁打、97打点だった。ポストシーズンにも出場し、打率.219、3本塁打、9打点の一方で、ポストシーズンおよびワールドシリーズでの最多三振記録も残した[12]。シーズンオフにはニューヨーク・ヤンキースアーロン・ジャッジとともに、満票で新人王を受賞した[13]

2018年は162試合に出場し、一塁のほかに中堅も多く守備に就いた。調子に波があったものの最終成績は打率.260、25本塁打、76打点で、145安打はチーム内トップだった。ポストシーズンは全体で打率.115と低調だったが、NLCSでは第4戦のサヨナラ打を含む活躍を見せてシリーズMVPに選出された。

2019年は開幕から好調で、3,4月に97塁打を放ってMLB新記録を樹立[14]。打率.431、OPS1.397でプレイヤー・オブ・ザ・マンスを初受賞した。前半戦に30本塁打の球団記録を打ち立てて折り返し、オールスターに選出された。7月にはストライク判定に抗議して自身初の退場処分を受けるということもあったが、8月2日のサンディエゴ・パドレス戦で球団史上最速での通算100本塁打を達成した。最終成績は打率.305、47本塁打、115打点で、2019年のシルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞、そしてドジャースでは2014年のクレイトン・カーショウ以来5年ぶり、球団史上12人目となるナショナルリーグMVPを受賞した。

プレースタイル[編集]

卓越したバットスピードを誇り、一塁守備も巧み[15]。その共通点から全盛期のエイドリアン・ゴンザレスを彷彿とさせるという声もある[16]2017年ワールドシリーズでは史上最多三振を記録するなど、長打力と引き換えに三振が多い傾向にある[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 LAD 132 548 480 87 128 26 4 39 279 97 10 3 0 3 64 13 1 146 5 .267 .352 .581 .933
2018 162 632 557 84 145 28 7 25 262 76 14 1 0 3 69 9 3 151 7 .260 .343 .470 .814
2019 156 661 558 121 170 34 3 47 351 115 15 5 0 4 95 21 3 108 10 .305 .406 .629 1.035
MLB:3年 450 1841 1595 292 443 88 14 111 892 288 39 9 0 10 228 43 7 405 22 .278 .368 .559 .928
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

ポストシーズン打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 LAD 15 67 64 10 14 4 1 3 29 9 1 0 0 0 3 0 0 29 1 .219 .266 .453 .719
2018 16 57 52 5 6 1 0 1 10 4 4 1 0 0 5 0 0 16 0 .115 .212 .192 .404
2019 5 21 19 2 4 1 0 0 5 0 3 0 0 0 2 0 0 7 0 .211 .286 .263 .549
出場:3回 36 145 135 17 24 6 1 4 44 13 8 1 0 0 10 0 0 52 1 .178 .252 .326 .578
  • 2019年度シーズン終了時
  • 赤太字はポストシーズンにおける歴代1位

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)
















































2017 LAD 93 656 36 4 62 .994 4 9 1 0 0 1.000 39 53 1 1 0 .982 5 7 0 0 0 1.000
2018 110 717 19 2 58 .997 78 132 1 2 0 .985 1 1 0 0 0 1.000 5 2 0 0 0 1.000
2019 36 209 9 1 21 .995 25 42 0 1 0 .977 - 115 198 10 2 1 .990
MLB 239 1582 64 7 141 .996 107 183 2 3 0 .984 40 54 1 1 0 .982 125 207 10 2 1 .991
  • 2019年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Cody Bellinger Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年5月23日閲覧。
  3. ^ Dodgers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  4. ^ Austin Laymance (2013年6月7日). “Dodgers take first baseman Bellinger in fourth round” (英語). MLB.com. 2017年4月11日閲覧。
  5. ^ Jacob Unruh (2017年4月6日). “OKC Dodgers: Cody Bellinger latest top prospect to come through OKC” (英語). NewsOK. 2017年4月25日閲覧。
  6. ^ Eric Stephen (2017年4月25日). “Cody Bellinger called up to make major league debut with Dodgers” (英語). SB Nation. 2017年4月26日閲覧。
  7. ^ Clayton Kershaw strikes out seven, Dodgers beat Giants 2-1
  8. ^ Cycle built for blue! Dodger rookie's feat historic MLB.com (英語) (2017年7月16日) 2017年8月3日閲覧
  9. ^ ドジャース新人ベリンジャーがサイクル安打達成”. 日刊スポーツ (2017年7月17日). 2017年7月19日閲覧。
  10. ^ Bellinger the 10th NL rookie to hit 30 HRs MLB.com (英語) (2017年8月2日) 2017年8月3日閲覧
  11. ^ Bellinger ties NL rookie record with 38th HR MLB.com (英語) (2017年9月16日) 2017年9月17日閲覧
  12. ^ Bellinger makes most of first big league HRs”. MLB.com. 2019年10月10日閲覧。
  13. ^ Cody Bellinger named BBWAA NL Rookie of Year MLB.com (英語) (2017年11月13日) 2017年11月15日閲覧
  14. ^ 【MLB】ベリンジャーが逆転13号2ラン 3、4月89塁打は新記録「初めて聞いたよ」”. エキサイトニュース. 2019年4月27日閲覧。
  15. ^ 「2017 - 2021 全30球団未来予想図 ロサンゼルス・ドジャース」『月刊スラッガー』2017年3月号 日本スポーツ企画出版社 66頁
  16. ^ 「2017プロスペクト・ランキングTOP100」『月刊スラッガー』2017年5月号 日本スポーツ企画出版社 32頁
  17. ^ ドジャース・ベリンジャー、不名誉な三振記録=米大リーグWシリーズ - 時事通信社 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110200985&g=bsb
  18. ^ 右翼手・マルチポジションの2つ
  19. ^ All-time and Single-Season Postseason Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2019年5月5日閲覧。
  20. ^ All-time and Single-Season World Series Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2019年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]