リッチ・トンプソン (1984年生の投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リッチ・トンプソン
Rich Thompson
Rich Thompson on September 18, 2011.jpg
ロサンゼルス・エンゼルス時代
(2011年9月18日)
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ニューサウスウェールズ州ホーンズビー
生年月日 (1984-07-01) 1984年7月1日(32歳)
身長
体重
5' 13" =約185.4 cm
187 lb =約84.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 アマチュア・フリーエージェントとしてアナハイム・エンゼルスと契約
初出場 2007年9月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
五輪 2004年
WBC 2006年2009年
オリンピック
オーストラリアの旗 オーストラリア
男子 野球
2004 野球

リチャード・グレアム・トンプソン(Richard Graeme Thompson, 1984年7月1日 - )は、オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州ホーンズビー出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代とエンゼルス時代[編集]

2002年アナハイム・エンゼルスと契約してプロ入り。

2004年シーズン途中にはアテネオリンピック野球オーストラリア代表に選出された。

2006年開幕前の3月に開催された第1回WBCのオーストラリア代表に選出された[1]

2007年9月1日にメジャー初昇格、同日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビューを果たした。オフの11月には「日豪親善 野球日本代表最終強化試合」のオーストラリア代表に選出された[2]

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCのオーストラリア代表に選出され[3]、2大会連続2度目の選出となった。

2010年9月10日のシアトル・マリナーズ戦でメジャー初勝利を記録している。

2012年4月14日にDFAとなった。

アスレチックス時代[編集]

2012年4月20日にオークランド・アスレチックスへウェイバーで移籍した。4月27日にDFAとなり、傘下AAAのサクラメント・リバーキャッツへ降格した。

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2012年12月11日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ[4]

2013年は傘下AAAのバッファロー・バイソンズでプレーした。

選手としての特徴[編集]

  • 近年は、リリーフとして活躍。高い奪三振率を誇る。
  • 150キロ近い速球にカーブ、スライダー、チェンジアップを操る。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 LAA 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 32 6.2 10 4 3 0 0 9 2 0 8 8 10.80 1.95
2008 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.0 4 0 2 0 0 1 1 0 5 5 22.50 3.00
2009 13 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 92 19.1 27 6 7 0 1 21 5 0 11 11 5.12 1.76
2010 13 0 0 0 0 2 0 0 1 1.000 75 19.2 12 2 4 0 0 15 4 0 4 3 1.37 0.81
2011 44 0 0 0 0 1 3 0 3 .250 228 54.0 46 5 20 0 0 56 1 1 18 18 3.00 1.22
2012 2 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.1 5 1 1 0 0 3 0 0 4 4 15.43 2.57
OAK 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 3 0.2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.50
'12計 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 3.0 6 1 1 0 0 3 0 0 4 4 12.00 2.33
通算:6年 82 0 0 0 0 3 4 0 4 .429 455 104.2 105 18 37 0 1 105 1 1 50 49 4.21 1.36

背番号[編集]

  • 63 (2007年 - 2012年)
  • 54 (2012年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年3月22日閲覧
  2. ^ 日豪親善 野球日本代表最終強化試合 オーストラリア代表チーム 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年6月6日閲覧
  3. ^ 2009 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年3月22日閲覧
  4. ^ Jays sign 8 to minor league deals

関連項目[編集]

外部リンク[編集]