ロビー・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロビー・レイ
Robbie Ray
アリゾナ・ダイヤモンドバックス #38
Robbie Ray on February 27, 2016.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州ウィリアムソン郡ブレントウッド
生年月日 (1991-10-01) 1991年10月1日(26歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト12巡目(全体356位)でワシントン・ナショナルズから指名
初出場 2014年5月6日 ヒューストン・アストロズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロバート・グレン・レイRobert Glenn Ray, 1991年10月1日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州ウィリアムソン郡ブレントウッド出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBアリゾナ・ダイヤモンドバックス所属。愛称はボブ[1]

経歴[編集]

プロ入りとナショナルズ傘下時代[編集]

2010年MLBドラフトワシントン・ナショナルズから12巡目(全体356位)指名され、プロ入り。この年は傘下のA-級バーモント・レイクモンスターズで1試合に登板した。

2011年はA級ヘイガーズタウン・サンズで20試合に登板し、2勝3敗・防御率3.13だった。

2012年はA+級ポトマック・ナショナルズで22試合に登板し、4勝12敗・防御率6.56だった。

2013年はA+級ポトマックで16試合に登板し、6勝3敗・防御率3.11だった。7月にAA級ハリスバーグ・セネターズへ昇格。11試合に登板し、5勝2敗・防御率3.72だった。

タイガース時代[編集]

2013年12月2日ダグ・フィスターとのトレードで、イアン・クロルスティーブ・ロンバードージー・ジュニアと共にデトロイト・タイガースへ移籍した[2]

2014年は傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで開幕を迎え、6試合に登板し、3勝2敗・防御率1.53だった。5月6日にタイガースとメジャー契約を結び[3]、同日のヒューストン・アストロズ戦で先発起用されメジャーデビュー。5.1回を投げ、5安打1失点1四球5奪三振と好投し、メジャー初勝利を挙げた[4]。その後2試合は好投したものの、5月22日のテキサス・レンジャーズ戦で3.1回を9安打7失点1本塁打と大荒れし、同日にAAA級トレドへ降格[5]。降格後はAAA級で13試合に登板。4勝3敗、防御率4.68という成績で、8月12日にアニバル・サンチェスが故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格[6]。昇格後の2試合はいずれも5回4失点で2連敗を喫し、8月22日のミネソタ・ツインズ戦では6安打6失点と打ち込まれ、2回途中1死で降板。同日にAAA級へ降格した。9月2日に再昇格するも、2試合の登板にとどまった。この年は9試合に登板し、1勝4敗、防御率8.16だった。

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2014年12月5日ニューヨーク・ヤンキースを含んだ三角トレードで、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[7]

2015年4月5日にAAA級リノ・エーシズへ異動。AAA級では5試合に登板し、1勝3敗、防御率4.01だったが、5月6日にダブルヘッダーで登録枠が拡大されたため、メジャーへ昇格[8]。同日のコロラド・ロッキーズ戦では6回を5安打1失点5奪三振に抑え、シーズン初勝利を挙げた。5月7日にAAA級リノへ降格。AAA級で4試合に登板後、6月4日にアーチー・ブラッドリーが故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格[9]。昇格後は先発ローテーションに加わり、8月には5連敗を喫するなど乱調が続いたが、シーズン終了までローテーションに定着した。この年は23試合に登板し、5勝12敗(12敗はチームワーストタイ)、防御率3.52だった。

2016年は開幕からローテーションを守り、自身初の規定投球回に到達。しかし好不調の波が激しく、6イニング以上を無失点で抑えたゲームが4試合あったのに対して、QS達成は僅か10試合でQS率は31%に留まり、防御率は4.90だった。また、8勝に対して15敗と去年に続いて大きく負け越した。しかしその一方で投球イニング数を大きく上回る218奪三振を記録し、高い奪三振能力を示した。これはリーグ4位タイの数字であり、K/9では11.25を記録してホセ・フェルナンデスに次いでメジャー2位だった。

2017年5月30日のパイレーツ戦で自身初の完封勝利を記録した[10]。7月18日のレッズ戦で通算500奪三振を記録した[11]。7月28日のカーディナルス戦にてライナーが頭部に直撃して2回途中で降板。DL入りとなった。8月24日に復帰した。この離脱を除けばシーズンを通してローテーションを守り、28試合の先発で162イニングを投げてギリギリで規定投球回に到達した。シーズントータルではリーグ6位タイの15勝(5敗)、同4位の防御率2.89、同3位の218奪三振を記録。やや好不調の波はあったものの防御率は昨年よりも2点以上良化させ、K/9は昨年を上回る12.11で、クリス・セールに次いでメジャー2位だった。

選手としての特徴[編集]

オーバースローから、最速98mph(約158km/h)・平均94mph(約151km/h)の速球フォーシームツーシーム)を中心に、平均84mph(約135km/h)のスライダー、平均86mph(約138km/h)のチェンジアップを使用して三振を多く奪う投球スタイルである。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 DET 9 6 0 0 0 1 4 0 0 .200 136 28.2 43 5 11 0 0 19 2 1 26 26 8.16 1.88
2015 ARI 23 23 0 0 0 5 12 0 0 .294 545 127.2 121 9 49 3 8 119 2 0 82 69 3.52 1.33
2016 32 32 0 0 0 8 15 0 0 .348 776 174.1 185 24 71 4 6 218 8 0 72 69 4.90 1.47
通算:3年 64 61 0 0 0 14 31 0 1 .311 1457 330.2 349 38 131 7 14 356 12 1 187 171 4.65 1.45
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 38 (2014年 - 同年途中、2015年 - )
  • 58 (2014年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ D-backs Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月20日閲覧
  2. ^ Detroit Tigers acquire Robbie Ray, Ian Krol and Steve Lombardozzi from Washington Nationals in exchange for Doug Fister”. MLB.com Tigers Press Release (2013年12月2日). 2014年5月7日閲覧。
  3. ^ Jason Beck, Matt Slovin (2014年5月6日). “Ausmus works to minimize distractions for Ray”. MLB.com. 2014年5月7日閲覧。
  4. ^ Scores for May 6, 2014”. ESPN MLB (2014年5月6日). 2014年5月7日閲覧。
  5. ^ Matt Slovin (2014年5月22日). “Worth debuts knuckleball in rare mound appearance”. MLB.com. 2015年10月22日閲覧。
  6. ^ Jason Beck (2014年8月12日). “Tigers manipulate roster to keep Hardy in 'pen”. MLB.com. 2015年10月22日閲覧。
  7. ^ D-backs Acquire Ray and Leyba from Tigers for Gregorius”. MLB.com D-backs Press Release (2014年12月5日). 2015年10月22日閲覧。
  8. ^ D-backs recall LHP Robbie Ray from Triple-A Reno as 26th player for doubleheader”. MLB.com D-backs Press Release (2015年5月6日). 2015年10月22日閲覧。
  9. ^ D-backs place Bradley on the disabled list, recall Ray from Triple-A Reno”. MLB.com D-backs Press Release (2015年6月4日). 2015年10月22日閲覧。
  10. ^ D-backs' Ray spins 10-K gem, blanks Bucs MLB.com (英語) (2017年5月30日) 2017年6月4日閲覧
  11. ^ Big 5th inning helps D-backs snap 5-game skid MLB.com (英語) (2017年7月18日) 2017年8月3日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]