マックス・シャーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マックス・シャーザー
Max Scherzer
ニューヨーク・メッツ #21
Scherzer off mound from Nationals vs. Braves at Nationals Park, April 6th, 2021 (All-Pro Reels Photography) (51101533121) (cropped).png
ワシントン・ナショナルズ時代
(2021年4月6日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス
生年月日 (1984-07-27) 1984年7月27日(37歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト1巡目
初出場 2008年4月29日
年俸 $43,330,000 (2022年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

マックスウェル・M・シャーザー (Maxwell M. Scherzer,[注 1] 1984年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・メッツ所属。愛称はマッド・マックス

2015年に2度のノーヒットノーランを達成しており、通算で3度サイ・ヤング賞を受賞するなど、クレイトン・カーショウと並んで2010年代のMLBを代表する選手の1人である。2010年代で挙げた161勝2452奪三振はいずれもMLB全体で単独1位の記録である。また同期間のサイ・ヤング賞受賞回数(3回)もカーショウと並んでMLB全体1位タイの記録である。1試合20奪三振(1位タイ)、史上最年少での全30球団勝利などのMLB記録保持者でもある。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2003年MLBドラフト43巡目(全体1291位)でセントルイス・カージナルスから指名されたが、契約せずにミズーリ大学コロンビア校へ進学。大学では、2005年ビッグ12カンファレンスで1位となる防御率1.86・131奪三振を記録し、カンファレンス最優秀投手に選出された[2]。同年の大学野球アメリカ合衆国代表に選出されている[3]

プロ入りとダイヤモンドバックス時代[編集]

2006年MLBドラフトアリゾナ・ダイヤモンドバックスから1巡目(全体11位)で指名された。代理人はスコット・ボラスだった。

2007年5月31日に[2]契約金300万ドルに加え、4年430万ドルのメジャー契約で入団[4]。ドラフト指名から入団までの間は独立リーグフォートワース・キャッツでプレーしていた[4][2]。12月7日に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングではダイヤモンドバックス傘下で4位、速球部門では有望株の中で最高の評価を受けた[5]

2008年は開幕をAAA級ツーソン・サイドワインダーズで迎え、4試合の登板で23イニングを投げ、38奪三振を記録。4月27日にヤスメイロ・ペティットをツーソンへ降格させ、シャーザーをメジャーへ昇格させた[6]。2日後のヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。6月11日の登板後、ツーソンへ降格したが、8月29日に再びメジャーに昇格[7]。同年、先発として7試合、リリーフとして9試合、計16試合に登板。

2009年は先発投手としてメジャーに定着し、30試合に登板。

タイガース時代[編集]

2009年12月9日にデトロイト・タイガースニューヨーク・ヤンキースとの三角トレードでダニエル・シュレーレスオースティン・ジャクソンフィル・コークと共にタイガースに移籍。このトレードではカーティス・グランダーソンがヤンキースに、エドウィン・ジャクソンイアン・ケネディがダイヤモンドバックスに移籍した。

デトロイト・タイガース時代
(2014年10月2日)

2010年は12勝を記録。

2011年は防御率こそ悪化したが15勝でジャスティン・バーランダーに次ぐ2番手の投手となる。

2012年スプリングトレーニングで絶不調で、開幕後もしばらく調子が上がらなかったが、終わってみれば自己最多の16勝とリーグ2位の231奪三振を記録した。奪三振率11.08は先発投手ではMLBトップだった。

2013年は開幕13連勝を記録した。7月16日に行われたシティ・フィールドでのオールスターゲームで、アメリカン・リーグの先発投手として登板し、2回を無失点に抑えた。同年はシーズンを通じて好調で、21勝3敗・防御率2.90・240奪三振・WHIP0.97と結果を残し、最多勝利のタイトルとサイ・ヤング賞を受賞。

2014年1月17日にタイガースとの年俸調停を回避し、1550万ドルの1年契約に合意した[8][9]。レギュラーシーズンでは、防御率が3.00台に乗った(3.15)が、18勝(5敗)を挙げて2年連続での最多勝となった。奪三振と奪三振率は、3年連続でそれぞれ230超・10.0超となり、サイヤング賞投票でも5位に入った。オフにFAとなった。

ナショナルズ時代[編集]

2015年1月21日にワシントン・ナショナルズと7年総額2億1000万ドルで契約を結んだ事が発表[10]され、入団会見を行った[11]。背番号は、新しく「31」となった。6月20日のピッツバーグ・パイレーツ戦でノーヒットノーランを達成[12]。さらに10月3日のニューヨーク・メッツ戦で2010年のロイ・ハラデイ以来史上6人目となるシーズン2度目のノーヒットノーランを達成した[13]。最終的には33試合に登板し、ナ・リーグ8位の防御率2.79・リーグ4位のWHIP0.92を記録。いずれもリーグ最多タイの3完封勝利を含む4完投し、14勝を挙げて通算100勝も達成。奪三振276はリーグ2位にランクイン且つ4年連続230以上となる数字であり、与四球率1.34も自己記録を更新するなど、スティーブン・ストラスバーグの調子が上がらない中、エースとしてチームを引っ張った。この活躍ぶりもあって、シーズンオフのサイ・ヤング賞投票では5位に入った[14]

2016年5月11日のタイガース戦で9イニングではロジャー・クレメンスケリー・ウッドランディ・ジョンソンに次ぐMLB最多タイ記録となる20奪三振を記録した(6安打2失点で完投勝利)[15]。このシーズンは序盤被本塁打が激増し(5月までにで72.1イニングで15被本塁打を記録)安定感を欠いたが、徐々に調子を上げ、6月、7月は防御率1点台を記録。最終的にはリーグトップの20勝・284奪三振・228.1イニング・WHIP0.97、リーグ8位の防御率2.96を記録し、自身3度目(ナ・リーグでは初)の最多勝と初の最多奪三振の2冠を達成した。打撃では自己最多の13犠打で、野手も含めて両リーグ最多を記録。ロサンゼルス・ドジャースとのディビジョンシリーズでは、第1戦と第5戦に先発したが、12回3被本塁打5失点で0勝1敗に終わり、チームも2勝3敗で敗退となった。オフに自身2度目のサイ・ヤング賞を受賞し、史上6人目の両リーグでの受賞者となった[16]。オフの11月8日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表への参加の意思を表明し[17]、12月5日に選出された[18]

2017年1月9日に右手薬指を疲労骨折したため[19] 、自身のツイッターで選出されていた第4回WBCアメリカ合衆国代表辞退を表明した[20]。 シーズンでは5月14日に自身初めて三者連続三球三振を達成した[21]。6月11日のテキサス・レンジャーズ戦で通算2000奪三振を達成[22]。1784イニングでの達成は歴代3番目のスピード記録であった[23]オールスターゲームにも出場し、自身2度目の先発投手を務めた。8月1日のマイアミ・マーリンズ戦で初本塁打を記録したが、直後に首の痙攣で降板[24]故障者リスト入りした[25]。9月19日のブレーブス戦でルイス・ゴハラからシーズン250奪三振を記録し、史上4人目となる4年連続250奪三振を記録した[26]。シーズン通算では、故障者リスト入りの影響もあり投球回こそ減少したが、16勝6敗、防御率2.51、268奪三振で2年連続の最多奪三振受賞となった。11月15日に2年連続・自身3度目のサイ・ヤング賞を受賞した[27]

2018年は開幕戦で10奪三振の球団記録を更新した。その後も好投を続け、6月5日のタンパベイ・レイズ戦で2年連続自身2度目となる三者連続三球三振を達成し[21]、同時にこの試合で両リーグ最速で10勝に到達した[28]。7月2日のボストン・レッドソックス戦では移籍後通算1000奪三振に到達し、2球団で1000奪三振を記録した11人目の選手になった[29]オールスターゲームにも出場し、2年連続3回目の先発投手を務めた[30]。後半戦も好調を維持し、9月25日のマーリンズ戦で自身初となるシーズン300奪三振を達成(この試合も含め、この年は二桁奪三振を18試合で記録した)[注 2][31]。18勝(リーグ1位)・防御率2.53(同3位)・220.2イニング(同1位)・WHIP0.91(同1位)・奪三振率12.2(同1位)の好成績で2年ぶりの最多勝・3年連続の最多奪三振の2冠となった。オフにはサイ・ヤング賞投票ではジェイコブ・デグロムに敗れ2位だった[32]

2019年も開幕投手を務めた。5月までは本調子が出ず、チームも低迷していたことから負けが込んだ。それでも4月26日には史上3番目の速さで通算2500奪三振に到達した。6月は圧巻の投球を見せ、6戦6勝・防御率1.00・68奪三振を記録[注 3][33]。全てで7回以上投げ、2失点以下、9三振以上を奪った。6月12日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では前日のバント練習で自打球が顔面に直撃し鼻を骨折しての登板ながら、7回無失点・10三振で6勝目を挙げた[34]。同月の月間MVPに選ばれた。7年連続でオールスターゲームに選出されたが、故障を理由に出場辞退。背中の張りで自身2度目の故障者リスト入りして後半戦を迎え、一度登板するも再び故障者リストに戻って1か月近く離脱した[35]。8月後半に復帰して同29日のボルチモア・オリオールズ戦で8年連続200奪三振に到達するも、9月は防御率5点台と調子を落としてレギュラーシーズンを終えた。最終成績は19先発で11勝7敗、防御率2.92、243奪三振(リーグ3位)だった。

ポストシーズンではワイルドカードゲームで先発し、5回3失点でリードを許して降板したが、チームは逆転勝利を収めた[36]ディビジョンシリーズ第2戦では8回裏にリリーフとして登板して1回無失点に抑えた。第4戦には先発して7回1失点で勝利投手になった。チャンピオンシップシリーズ第2戦は7回無失点の好投でチームのスイープに貢献[37]。球団も自身も初めてのワールドシリーズでは、第1戦に先発して5回2失点で勝利投手になった。第5戦にも先発予定だったが、「腕をあげることができない」ほどの首痛で登板回避[38]。それでも最終第7戦で先発登板して5回2失点の粘投。リードを許していたが、チームは逆転勝利を収め、球団史上初のワールドシリーズ優勝を果たした[39][40]。オフにはサイヤング賞投票で3位に入った[41]。また、同年から新設されたオールMLBチームのファーストチーム先発投手に選出された。

2020年新型コロナウイルスの影響で60試合の短縮シーズンとなった。12先発で5勝4敗、防御率3.74、92奪三振で、8年連続で記録していた200奪三振が途切れた。

2021年5月8日のヤンキース戦で通算100回目の1試合10奪三振を達成した[42]。19日のカブス戦でジム・バニングを超え、歴代19位の通算2856奪三振を記録。6月22日のフィリーズ戦で3度の粘着物質の調査英語版を受け、3度目は対戦相手のフィリーズの監督であるジョー・ジラルディからイニング中に抗議を受けて実施されたとあって憤りを露わにした[43]。7月10日に辞退した選手の代替選手として通算8度目となるオールスターゲームに選出された[44]。オールスターゲーム前日の7月12日に先発登板することが発表された[45]。7月13日に開催されたオールスターゲームでは先発投手を務め、1回を投げて三者凡退に抑えて降板した[46]

ドジャース時代[編集]

2021年7月29日にトレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍すると報道されたものの、後にキーバート・ルイーズジョサイア・グレイヘラルド・カリーヨ英語版ドノバン・ケイシー英語版とのトレードで、トレイ・ターナーと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍すると訂正され、翌30日にドジャース移籍が正式発表された[47]。8月4日に本拠地で行われたヒューストン・アストロズ戦にて移籍後初登板。アストロズはサイン盗み問題英語版でドジャースと深い因縁を持っており、球場全体が異様な雰囲気に包まれる中、7回2失点の好投で勝利投手となり、ドジャースファンから大歓声を浴びた[48]。9月12日の本拠地でのパドレス戦の2回に自身3度目となる3者連続3球三振を達成し、サンディー・コーファックスに並びMLB最多タイ記録となった[21]。5回にはエリック・ホズマーから三振を奪い、史上19人目の通算3000奪三振を達成した[21]。その週のプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク英語版に選出された。最終成績は30先発で15勝4敗、防御率2.46(リーグ2位)、236奪三振(同2位)、WHIP0.86(同トップ)だった。球団史上最多勝利を挙げて進出したポストシーズンでは、NLDSで中2日のリリーフ登板をするなど奮闘したが、腕のしびれでNLCS第6戦を登板回避し[49]、チームは破れて終戦した。 オフの11月3日にFAとなった[50]。11月23日に2年ぶり2度目となるオールMLBチームのファーストチーム先発投手の1人に選出された[51]

メッツ時代[編集]

2021年12月1日にニューヨーク・メッツと3年総額1億3000万ドルの契約を結んだ[52]。1年あたりの年俸は4333万ドルで、MLB史上最高額となる[53]。入団会見にて、ドジャース時代は球団からポストシーズンを見据えた球数制限を設けられ、それが原因で逆に疲労が溜まってしまい、NLCS第6戦で投げられなかったと明かした[54]

選手としての特徴[編集]

サイドスローに近いスリークォーターから繰り出す、常時92-96mph(約148-154km/h)、最速99.4mph(約160km/h)のフォーシームスライダー(85-86mph)、チェンジアップ(84-85mph)が主要な持ち球で、時折カーブ(78-79mph)も投げる。2017年からはカットボールも投げるようになった。基本的にはこれらの球種で三振を多く奪うスタイルである。特にスライダーへの評価は高く、MLB全球団の監督を対象にした2015年の部門別ベスト選手アンケートでは、ナショナルリーグのスライダー部門で1位に入っている[55]

選手間の評価も高く、シーズンMVPを3回獲っているマイク・トラウトからも最高の投手に挙げられている[56]

登板日は集中力を極限まで高めており、試合中にチームメイトや監督から労いのタッチなどで体を触られることを嫌っている[57]

人物[編集]

オッドアイが特徴のシャーザー(2015年)

右目が青色、左目が褐色という虹彩異色症[58]

名前の由来は両親が学生時代に交際している時、2人でマックスというをかわいがっていたことから。その猫がある日突然いなくなって残念でたまらなかったので2人は、将来結婚したら最初の男の子にマックスと名付けることに決めたという[59]

大学で出会った相手と2013年11月に結婚した。2人の子供が誕生している[60]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 ARI 16 7 0 0 0 0 4 0 0 .000 237 56.0 48 5 21 1 5 66 2 0 24 19 3.05 1.23
2009 30 30 0 0 0 9 11 0 0 .450 741 170.1 166 20 63 1 10 174 5 1 94 78 4.12 1.34
2010 DET 31 31 0 0 0 12 11 0 0 .522 800 195.2 174 20 70 1 7 184 8 0 84 76 3.50 1.25
2011 33 33 0 0 0 15 9 0 0 .625 833 195.0 207 29 56 1 7 174 12 0 101 96 4.43 1.35
2012 32 32 0 0 0 16 7 0 0 .696 787 187.2 179 23 60 2 5 231 2 1 82 78 3.74 1.27
2013 32 32 0 0 0 21 3 0 0 .875 836 214.1 152 18 56 0 4 240 6 1 73 69 2.90 0.97
2014 33 33 1 1 0 18 5 0 0 .783 904 220.1 196 18 63 1 6 252 10 1 80 77 3.15 1.17
2015 WSH 33 33 4 3 3 14 12 0 0 .538 899 228.2 176 27 34 2 5 276 10 1 74 71 2.79 0.92
2016 34 34 1 0 0 20 7 0 0 .741 902 228.1 165 31 56 2 6 284 2 1 77 75 2.96 0.97
2017 31 31 2 0 1 16 6 0 0 .727 780 200.2 126 22 55 2 11 268 4 0 62 56 2.51 0.90
2018 33 33 2 1 1 18 7 0 0 .720 866 220.2 150 23 51 4 12 300 4 1 66 62 2.53 0.91
2019 27 27 0 0 0 11 7 0 0 .611 693 172.1 144 18 33 2 7 243 0 0 59 56 2.92 1.03
2020 12 12 1 0 0 5 4 0 0 .556 295 67.1 70 10 23 1 1 92 0 0 30 28 3.74 1.38
2021 19 19 1 0 0 8 4 0 0 .667 428 111.0 71 18 28 0 8 147 0 0 36 34 2.76 0.89
LAD 11 11 0 0 0 7 0 0 0 1.000 265 68.1 48 5 8 0 2 89 2 0 17 15 1.98 0.82
'21計 30 30 1 0 0 15 4 0 0 .789 693 179.1 119 23 36 0 10 236 2 0 53 49 2.46 0.86
MLB:14年 407 398 12 5 5 190 97 0 0 .662 10266 2536.2 2072 287 677 20 96 3020 73 7 959 890 3.16 1.08
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2008 ARI 16 4 5 1 2 .900
2009 30 15 18 2 3 .943
2010 DET 31 14 14 2 0 .933
2011 33 11 12 0 2 1.000
2012 32 8 13 1 0 .955
2013 32 17 21 3 0 .927
2014 33 9 17 1 2 .963
2015 WSH 33 7 22 0 0 1.000
2016 34 12 19 1 1 .969
2017 31 9 9 1 1 .947
2018 33 8 8 1 0 .941
2019 27 10 13 1 1 .958
2020 12 3 5 2 1 .800
2021 19 6 4 0 0 1.000
LAD 11 2 6 0 0 1.000
'21計 30 8 10 0 0 1.000
MLB 407 135 186 16 13 .953
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39(2008年 - 2009年)
  • 37(2010年 - 2014年)
  • 31(2015年 - 2021年)

代表歴[編集]

  • 2005 大学野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 英語発音: [mæks ˈʃɝzɚ][1]
  2. ^ 右腕では2002年のカート・シリング(ダイヤモンドバックス)以来のことだった。
  3. ^ 1か月で防御率1.00以下、68奪三振以上としたのはペドロ・マルティネスロジャー・クレメンスランディ・ジョンソンに次いで4人目。

出典[編集]

  1. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年5月23日閲覧。
  2. ^ a b c Steve Gilbert (2007年5月31日). “D-backs sign first-round pick Scherzer” (英語). MLB.com. 2009年10月6日閲覧。
  3. ^ USA Baseball Alumni: Players (Since 1984) USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball: Home (英語) 2017年6月25日閲覧
  4. ^ a b 友成那智村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、422頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  5. ^ Will Lingo (2007年12月7日). “2008 Arizona Diamondbacks: Top 10 Prospects” (英語). BaseballAmerica.com. 2009年10月6日閲覧。
  6. ^ Steve Gilbert (2008年4月27日). “Scherzer called up, Petit sent down” (英語). MLB.com. 2009年10月6日閲覧。
  7. ^ Arizona Diamondbacks Transactions August 2008” (英語). MLB.com. 2009年10月6日閲覧。
  8. ^ “Tigers agree to 2014 contracts with five players” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Detroit Tigers), (2014年1月17日), http://detroit.tigers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140117&content_id=66795654&vkey=pr_det&c_id=det 2014年1月18日閲覧。 
  9. ^ Jason Beck (2014年1月17日). “Tigers agree to one-year, $15.5M deal with Scherzer” (英語). MLB.com. 2016年11月17日閲覧。
  10. ^ Bill Ladson (2015年1月21日). “Scherzer has 7-year, $210M deal with Nats” (英語). MLB.com. 2016年11月17日閲覧。
  11. ^ Bill Ladson (2015年1月21日). “Winning culture led Scherzer to Nationals” (英語). MLB.com. 2015年1月22日閲覧。
  12. ^ ナショナルズ・シャーザーが無安打無得点 死球1つだけの“準完全”スポーツニッポン2015年6月21日配信
  13. ^ シャーザー、今季2度目のノーヒッター!圧巻9連続含む17Kスポーツニッポン2015年10月44日配信
  14. ^ 2015 Awards Voting - NL Cy Young Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年11月29日閲覧。
  15. ^ シャーザーがメジャータイ記録の20K 古巣相手に史上4人目の快挙Full-count2016年5月12日配信
  16. ^ Jamal Collier (2016年11月17日). “Scherzer takes home NL Cy Young Award” (英語). MLB.com. 2016年11月17日閲覧。
  17. ^ Scherzer plans to pitch in World Baseball Classic MLB.com (英語) (2016年11月8日) 2016年12月15日閲覧
  18. ^ 24 All-Stars among initial confirmed players for 2017 World Baseball Classic MLB.com Press Release (英語) (2016年12月5日) 2016年12月15日閲覧
  19. ^ Finger injury to sideline Scherzer for WBC MLB.com (英語) (2017年1月9日) 2017年1月10日閲覧
  20. ^ [1] Max Scherzer (@Max_Scherzer) - Twitter (2017年1月9日) 2017年1月10日閲覧
  21. ^ a b c d e f Juan Toribio (2021年9月13日). “Near-perfect Scherzer 19th to 3,000 K's” (英語). MLB.com. 2021年9月14日閲覧。
  22. ^ Max makes history as 3rd-fastest to 2,000 K's MLB.com (英語) (2017年6月11日) 2017年6月25日閲覧
  23. ^ シャーザーが通算2000奪三振 ペドロ、ランディに続く史上3番目のスピード達成Full-count2017年6月12日配信
  24. ^ Scherzer homers, then exits with neck spasm MLB.com (英語) (2017年8月2日) 2017年10月2日閲覧
  25. ^ Scherzer heads to DL with neck inflammation MLB.com (英語) (2017年8月19日) 2017年10月2日閲覧
  26. ^ Scherzer 4th ever with 4 straight 250-K seasons MLB.com (英語) (2017年9月20日) 2017年9月24日閲覧
  27. ^ Nationals' Max Scherzer wins NL Cy Young Award MLB.com (英語) (2017年11月15日) 2017年11月16日閲覧
  28. ^ Immaculate inning, 13 K's for Max in 10th win MLB.com (英語) (2018年6月5日) 2018年10月2日閲覧
  29. ^ Scherzer gets historic K in tough-luck loss”. MLB.com. 2019年7月8日閲覧。
  30. ^ Chris Sale, Max Scherzer start All-Star Game” (英語). MLB.com. 2018年12月12日閲覧。
  31. ^ Scherzer hits 300 K's, earns 18th win MLB.com (英語) (2018年9月26日) 2018年10月2日閲覧
  32. ^ Max Scherzer runner-up for NL Cy Young Award” (英語). MLB.com. 2018年12月12日閲覧。
  33. ^ 6月6戦6勝のシャーザーが快挙 防御率1.00以下&68奪三振以上はメジャー史上4人目”. Full-count. 2019年7月8日閲覧。
  34. ^ 鼻骨折シャーザー熱投で話題 客席ファンの“労わりTシャツ”に米笑撃「これ欲しい」”. THE ANSWER. 2019年7月8日閲覧。
  35. ^ シャーザー、再びIL入り 背中上部の張り”. nikkansports.com. 2019年10月11日閲覧。
  36. ^ 2度サイ・ヤングのシャーザー、WCで本領発揮できず 5回2被弾3失点で降板”. SANSPO.COM. 2019年10月2日閲覧。
  37. ^ Max's masterpiece gives Nats 2-0 NLCS lead”. MLB.com. 2019年10月31日閲覧。
  38. ^ シャーザーが首痛でWS先発を緊急回避、第7戦登板を望む”. www.afpbb.com. 2019年10月31日閲覧。
  39. ^ シャーザー涙のV「みんなをすごく誇りに思う」”. nikkansports.com. 2019年10月31日閲覧。
  40. ^ ナショナルズ・シャーザー、5回2失点と粘投”. SANSPO.COM. 2019年10月31日閲覧。
  41. ^ Scherzer finishes 3rd in NL Cy Young voting”. MLB.com. 2019年11月14日閲覧。
  42. ^ Stat of the Day: Castro's streak climbs to 11” (英語). MLB.com (2021年5月14日). 2021年5月15日閲覧。
  43. ^ Paul Casella (2021年6月23日). “'Typical Max': Checks don't slow Scherzer” (英語). MLB.com. 2021年6月24日閲覧。
  44. ^ Brian Murphy (2021年7月11日). “ASG subs bring number of 1st-timers to 40” (英語). MLB.com. July 18, 2021閲覧。
  45. ^ Jessica Camerato (2021年7月13日). “Scherzer named NL's All-Star Game starter” (英語). MLB.com. 2021年7月14日閲覧。
  46. ^ Jessica Camerato (2021年7月14日). “Scherzer retires Ohtani, dodges scary liner” (英語). MLB.com. 2021年7月29日閲覧。
  47. ^ Dodgers Expected To Acquire Max Scherzer And Trea Turner From Nationals For Four Prospects” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年7月30日閲覧。
  48. ^ Kavner, Rowan (2021年8月5日). “Max Scherzer’s dazzling Dodger debut ends in a curtain call against the Astros” (英語). Medium. 2021年8月5日閲覧。
  49. ^ ドジャース・シャーザー腕の疲労取れず先発回避 第7戦に突入なら登板も”. 日刊スポーツ. 2021年11月7日閲覧。
  50. ^ 160 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). mlbplayers.com (2021年11月3日). 2021年11月5日閲覧。
  51. ^ Anthony Castrovince (2021年11月24日). “The '21 All-MLB Team is here. And it's stacked” (英語). MLB.com. 2021年11月24日閲覧。
  52. ^ Mets ink 3-time Cy winner Max to 3-year deal” (英語). MLB.com. 2021年12月1日閲覧。
  53. ^ メッツ、剛腕シャーザーと3年143億円で合意 単年平均で史上最高額 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年12月1日閲覧。
  54. ^ On Max Scherzer, workload, arm fatigue & his playoff usage with the Dodgers” (英語). www.truebluela.com. 2021年12月3日閲覧。
  55. ^ 2015 Major League Best Tools” (英語). BaseballAmerica. 2015年11月24日閲覧。
  56. ^ トラウトが語る最高投手はCY賞3度シャーザー 「えげつない球ばかり」”. Full-Count. 2020年10月8日閲覧。
  57. ^ ドジャース監督がシャーザーを無視する訳 初登板で学んだ現役最強右腕の“プライド”” (日本語). Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2021年8月20日). 2021年12月3日閲覧。
  58. ^ Jeepers Creepers Celebrity Photos” (英語). TMZ.com. 2010年8月28日閲覧。
  59. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』廣済堂出版、2011年、145頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  60. ^ シャーザー7回無失点11K、女児誕生祝う9勝目”. nikkansports.com. 2019年7月8日閲覧。
  61. ^ San Diego Padres at Los Angeles Dodgers Box Score, September 12, 2021” (英語). Baseball-Reference.com. 2021年9月14日閲覧。
  62. ^ https://www.baseball-reference.com/leaders/strikeouts_per_nine_career.shtml

関連項目[編集]

外部リンク[編集]