ディロン・ジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディロン・ジー
Dillon Gee
ミネソタ・ツインズ #35
Dillon Gee on March 11, 2016.jpg
ロイヤルズ時代(2016年3月11日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ジョンソン郡クレバーン英語版
生年月日 (1986-04-28) 1986年4月28日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト21巡目(全体663位)でニューヨーク・メッツから指名
初出場 2010年9月7日
年俸 $2,000,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ディロン・カイル・ジーDillon Kyle Gee, 1986年4月28日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ジョンソン郡クレバーン英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBミネソタ・ツインズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとメッツ時代[編集]

テキサス大学アーリントン校出身。2007年MLBドラフト21巡目(全体663位)でニューヨーク・メッツから指名され、プロ入り[2]

2010年9月7日ワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビューを果たした。

2011年はチーム最多の13勝をマーク。

2012年7月13日に右肩の血栓除去手術を受け、後半戦を全休した[3]

2013年は12勝をマークして復活。

2014年開幕投手を務めた。

2015年6月15日DFAとなった[4]6月23日40人枠から外れる形でAAA級ラスベガス・フィフティワンズへ降格した。10月5日FAとなった[2]

ロイヤルズ時代[編集]

2015年12月18日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結び、2016年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[5]

2016年3月15日マイク・マイナーの60日間の故障者リスト入りに伴ってメジャー契約を結び、40人枠入りした[6]。この年は先発よりもリリーフで投げる機会の方が多く、先発で14試合に対しリリーフでは19試合に投げた。トータルで防御率4.68・8勝9敗を記録した。

2016年11月8日に40人枠から外され、FAとなった[2]

レンジャーズ時代[編集]

2017年1月17日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[7]3月31日に一旦自由契約なったが、4月2日にメジャー契約を結んで40人枠入りし、傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ配属された。5月27日にメジャー昇格してからは4試合に登板したが、6月16日にDFA、18日にFAとなった[2]

ツインズ傘下時代[編集]

2017年6月20日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだと報道され[8]、22日に傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスへ配属の後、23日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[2]

投球スタイル[編集]

平均球速89.6mph(約144.0km/h)のフォーシームツーシーム速球系2球種と、変化球では最大の武器である平均83.7mph(約134.6km/h)のチェンジアップを主体とする。他にもカーブナックルカーブカットボールスライダーなど、多彩な球種を持ち球としている。ツーシームを基本球種とし、フォーシームと合わせて投球全体の約55%を占める。これら速球2種とチェンジアップ(約16~20%)が主要な組み合わせとなっている。それ以外では、スライダー、ナックルカーブ、カットボール、カーブの順に多い傾向にある[9]

2016年からはバリエーションを変えて、ツーシームと平均85.3mph(約137.2km/h)のカットボールの2球種を主体とするようになり、フォーシームを投げる頻度を大幅に下げている。また、カットボールを主体としたことで、同系の変化をするスライダーをあまり投げなくなり、またナックルカーブと併用していたカーブも投げなくなった[9]

最大の武器であるチェンジアップは、持ち球の中で唯一、毎シーズン空振り率2ケタを記録しており、安定して空振りや三振を狙える。また、チェンジアップと同様に大きな武器なのが制球力で、どの球種もストライク率が65%前後という安定感を見せている[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 NYM 5 5 0 0 0 2 2 0 0 .500 136 33.0 25 2 15 2 0 17 0 0 10 8 2.18 1.21
2011 30 27 1 0 0 13 6 0 0 .684 706 160.2 150 18 71 4 14 114 6 1 85 79 4.43 1.38
2012 17 17 0 0 0 6 7 0 0 .462 463 109.2 108 12 29 0 6 97 0 1 56 50 4.10 1.25
2013 32 32 2 0 1 12 11 0 0 .522 841 199.0 208 24 47 0 7 142 4 0 84 80 3.62 1.28
2014 22 22 0 0 0 7 8 0 0 .467 570 137.1 61 18 43 0 5 94 3 1 61 61 4.00 1.25
2015 8 7 0 0 0 0 3 0 0 .000 183 39.2 55 5 11 3 1 25 0 0 29 26 5.90 1.66
2016 KC 33 14 0 0 0 8 9 0 0 .471 551 125.0 146 24 37 3 6 89 1 1 67 65 4.68 1.46
MLB:7年 147 124 3 0 1 48 46 0 0 .511 3450 804.1 820 103 253 12 39 578 14 4 392 369 4.13 1.33
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 35(2010年 - 2015年)
  • 53(2016年)
  • 36(2017年)

脚注[編集]

  1. ^ Dillon Gee Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). Spotrac. 2017年1月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2017年6月24日閲覧。
  3. ^ Adam Rubin (2012年7月12日). “New York Mets' Dillon Gee set for second surgery, may miss rest of season” (英語). ESPN New York. ESPN. 2016年3月16日閲覧。
  4. ^ “Mets designate right-hander Dillon Gee for assignment”. Associated Press. ESPN. (2015年6月15日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=13085158 2016年3月16日閲覧。 
  5. ^ Jeffrey Flanagan (2015年12月18日). “Royals sign Gee to Minor League deal” (英語). MLB.com. 2016年3月16日閲覧。}
  6. ^ Jeffrey Flanagan (2016年3月15日). “Royals keep Gee by putting him on 40-man roster” (英語). MLB.com. 2016年3月16日閲覧。
  7. ^ T.R. Sullivan (2017年1月17日). “Texas signs Gee to compete for rotation spot” (英語). MLB.com. 2017年1月18日閲覧。}
  8. ^ Steve Adams (2017年6月20日). “Twins Agree To Minors Deal With Dillon Gee”. mlbtraderumors.com. 2017年6月23日閲覧。
  9. ^ a b c Dillon Gee Pitch Data” (英語). The Baseball Cube. 2017年1月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]