ディロン・ジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ディロン・ジー
Dillon Gee
中日ドラゴンズ #60
Dillon Gee on March 11, 2016.jpg
カンザスシティ・ロイヤルズ時代
(2016年3月11日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ジョンソン郡クリーバーン英語版
生年月日 (1986-04-28) 1986年4月28日(32歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
203 lb =約92.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト21巡目
初出場 MLB / 2010年9月7日
NPB / 2018年3月31日
年俸 1億2,000万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ディロン・カイル・ジーDillon Kyle Gee, 1986年4月28日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ジョンソン郡クリーバーン英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。愛称はG Money/ジー・マネー(電子マネーの一種)[1]中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとメッツ時代[編集]

2007年MLBドラフト21巡目(全体663位)でニューヨーク・メッツから指名され、プロ入り[2]

2010年9月7日ワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビューを果たした[2]

2011年はチーム最多の13勝をマークしたが防御率4.96と悪く、WAR0.7とチームへの貢献度も低かった[2]

2012年7月13日に右肩の血栓除去手術を受け、後半戦を全休した[3]

2013年は12勝をマークして復活[2]

2014年開幕投手を務めたが、6月に故障者リスト入りし、約2週間ほどマイナーリーグで調整を行った。

2015年6月15日DFAとなった[4]6月23日40人枠から外れる形でAAA級ラスベガス・フィフティワンズへ降格した[2]10月5日FAとなった[2]

ロイヤルズ時代[編集]

2015年12月18日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結び、2016年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[5]

2016年3月15日マイク・マイナーの60日間の故障者リスト入りに伴ってメジャー契約を結び、40人枠入りした[6]。この年は先発よりもリリーフで投げる機会の方が多く、先発で14試合に対しリリーフでは19試合に投げた。トータルで防御率4.68・8勝9敗を記録した[2]

2016年11月8日に40人枠から外され、FAとなった[2]

レンジャーズ時代[編集]

2017年1月17日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[7]3月31日に一旦自由契約なったが、4月2日にメジャー契約を結んで40人枠入りし、傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ配属された。5月27日にメジャー昇格してからは4試合に登板したが、6月16日にDFA、18日にFAとなった[2]

ツインズ時代[編集]

2017年6月20日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結び[8]、22日に傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスに配属された。翌23日にはメジャー契約となり、メジャーロースター40人枠に登録された。8月1日にメジャー昇格した[2]。しかし、9月30日にマイナー降格となり、メジャーのままシーズン終了を迎えられなかった。11月2日にFAとなった[9]

中日時代[編集]

2018年1月、中日ドラゴンズから来季の契約を結んだことが発表された。背番号は60[10]。シーズン開幕後は先発ローテーションを担っていたが、4月21日の対広島戦(ナゴヤドーム)に先発登板した後に右手の不調を訴え登録抹消。検査の結果血行障害を患っていることが判明し、米国に帰国し手術を受けた[11]

投球スタイル[編集]

Brooksbaseball.net版投球データ[12][14]
球種 投球
割合
平均球速
mph (kph)
水平運動
in (cm)
垂直運動
in (cm)
シンカー 31 % 91 (146) -9 (-22) 6 (14)
スライダー 22 % 86 (139) 1 (3) 4 (11)
チェンジアップ 16 % 84 (135) -9 (-23) 3 (7)
フォーシーム 16 % 91 (146) -6 (-16) 8 (20)
カーブ 15 % 78 (125) 7 (17) -5 (-14)

オーバースロー[13]から最速94.8mph(約152.5km/h[13]、平均91.2mph(約146.7km/h)のフォーシーム、平均90.8mph(約146.1km/h)のツーシーム、平均86.2mph(約138.7km/h)のカッターを投じる。変化球では平均83.7mph(約134.7km/h)のチェンジアップカーブスライダー[15]ナックルカーブ[16]も持ち球としている。 チェンジアップは、持ち球の中で唯一、毎シーズン空振り率2ケタを記録している[15]


詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 NYM 5 5 0 0 0 2 2 0 0 .500 136 33.0 25 2 15 2 0 17 0 0 10 8 2.18 1.21
2011 30 27 1 0 0 13 6 0 0 .684 706 160.2 150 18 71 4 14 114 6 1 85 79 4.43 1.38
2012 17 17 0 0 0 6 7 0 0 .462 463 109.2 108 12 29 0 6 97 0 1 56 50 4.10 1.25
2013 32 32 2 0 1 12 11 0 0 .522 841 199.0 208 24 47 0 7 142 4 0 84 80 3.62 1.28
2014 22 22 0 0 0 7 8 0 0 .467 570 137.1 128 18 43 0 5 94 3 1 61 61 4.00 1.25
2015 8 7 0 0 0 0 3 0 0 .000 183 39.2 55 5 11 3 1 25 0 0 29 26 5.90 1.66
2016 KC 33 14 0 0 0 8 9 0 0 .471 551 125.0 146 24 37 3 6 89 1 1 67 65 4.68 1.46
2017 TEX 4 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 61 13.0 17 4 6 0 2 10 0 0 10 6 4.15 1.77
MIN 14 3 0 0 0 3 2 1 1 .600 151 36.1 37 4 9 0 2 31 0 0 14 13 3.22 1.27
'17計 18 4 0 0 0 3 2 1 1 .600 212 49.1 54 8 15 0 4 41 0 0 24 19 3.47 1.40
MLB:8年 165 128 3 0 1 51 48 1 1 .515 3662 853.2 874 111 268 12 43 619 14 4 416 388 4.09 1.34
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2018年3月31日、対広島東洋カープ2回戦(MAZDA Zoom- Zoomスタジアム広島)、2回表にクリス・ジョンソンから犠打
  • 初安打:2018年4月7日、対阪神タイガース2回戦(京セラドーム大阪)、7回表に桑原謙太朗から二塁内野安打

背番号[編集]

  • 35 (2010年 - 2015年、2017年途中 - 同年終了)
  • 53 (2016年)
  • 36 (2017年 - 同年途中)
  • 60 (2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Twins Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月30日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j MLB公式プロフィール参照。2017年6月24日閲覧。
  3. ^ Adam Rubin (2012年7月12日). “New York Mets' Dillon Gee set for second surgery, may miss rest of season” (英語). ESPN New York. ESPN. 2016年3月16日閲覧。
  4. ^ “Mets designate right-hander Dillon Gee for assignment”. Associated Press. ESPN. (2015年6月15日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=13085158 2016年3月16日閲覧。 
  5. ^ Jeffrey Flanagan (2015年12月18日). “Royals sign Gee to Minor League deal” (英語). MLB.com. 2016年3月16日閲覧。}
  6. ^ Jeffrey Flanagan (2016年3月15日). “Royals keep Gee by putting him on 40-man roster” (英語). MLB.com. 2016年3月16日閲覧。
  7. ^ T.R. Sullivan (2017年1月17日). “Texas signs Gee to compete for rotation spot” (英語). MLB.com. 2017年1月18日閲覧。}
  8. ^ Steve Adams (2017年6月20日). “Twins Agree To Minors Deal With Dillon Gee”. mlbtraderumors.com. 2017年6月23日閲覧。
  9. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月30日閲覧
  10. ^ 中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース ★2018年度 新外国人選手獲得のお知らせ ”. 中日ドラゴンズ公式サイト (2018年1月4日). 2018年1月6日閲覧。
  11. ^ 中日・ジー、先週末に右手血行障害の手術(ベースボールキング)、2018年5月9日。
  12. ^ 小数点以下四捨五入
  13. ^ a b c Player Card: Dillon Gee” (英語). BrooksBaseball.net (2018年1月4日). 2018年1月4日閲覧。
  14. ^ 投球データは2017年シーズンに基づく。[13]
  15. ^ a b Dillon Gee Pitch Data” (英語). The Baseball Cube. 2018年1月18日閲覧。
  16. ^ 【中日】メジャー51勝ディロン・ジー獲得 「北米ルート」を再構築で13年以来米国人”. スポーツ報知 (2018年1月5日). 2018年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]