桑原謙太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桑原 謙太朗
阪神タイガース #64
Kuwaharakentarou 150829.JPG
2015年8月29日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県名張市
生年月日 (1985-10-29) 1985年10月29日(31歳)
身長
体重
183 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト3巡目
初出場 2008年4月6日
年俸 800万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

桑原 謙太朗(くわはら けんたろう、1985年10月29日 - )は、阪神タイガースに所属する三重県名張市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

名張市立名張小学校4年生の時に、地元の名張少年野球団で野球を始めた。

津田学園高校への進学後は、1年秋から控え投手としてベンチ登録。3年春にエースの座をつかんだが、在学中は春夏ともに甲子園球場での全国大会出場を果たせなかった。

奈良産業大学への進学後は、1年秋からベンチ登録。近畿学生野球のリーグ戦では、2007年春の対奈良大学戦では完全試合を達成したほか、同年秋に6勝を挙げてチームの3季連続優勝に貢献した。在学中には、リーグ戦通算47試合に登板。26勝2敗、防御率1.38, 255奪三振を記録したほか、最優秀選手1回、最優秀投手1回、敢闘賞1回、投手部門のベストナイン3回を受賞した。

2007年のプロ野球ドラフト会議で、横浜ベイスターズから3巡目で指名。契約金7,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号38

横浜時代[編集]

横浜時代(2010年8月27日)ユニフォームは湘南シーレックスのもの

2008年には、公式戦開幕直後の4月6日に、対広島東洋カープ戦(広島市民球場)8回裏に4番手投手として一軍デビュー。以降も、先発・中継ぎの両方で一軍公式戦での登板を重ねた。7月9日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では、同点の4回裏からの救援登板で2回を無失点に抑えると、チームが勝ち越したことから一軍初勝利を挙げた。先発に起用された8月16日の対阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)では、150球を投げた末に、7被安打無失点6奪三振という内容で一軍初完投・初完封を達成した。一軍公式戦全体では、30試合の登板で、3勝6敗1ホールド、防御率4.74をマーク。防御率については、先発登板の10試合で6.17であったのに対して、救援登板の20試合では2.45と大きな差が見られた。

2009年には、オープン戦期間中に故障した影響で、シーズン初の一軍昇格は8月21日にまで持ち越された。昇格後は、主に中継ぎとして一軍公式戦に登板した。チームに先発要員が不足していたシーズン終盤には、2試合に先発すると、通算14イニングで3失点と好投した。一軍公式戦全体では11試合に登板。登板試合数は前年の3分の1近くに減ったうえに、勝敗は付かなかったものの、防御率を1.76にとどめた。

2010年には、一軍公式戦18試合に登板。先発では1試合に登板しただけで、前年に続いて中継ぎでの起用が多かったが、一軍では2年振りの勝利とホールドを記録した。ただし、制球難に陥った影響で、防御率は6.13にまで達した。

オリックス時代[編集]

2010年11月11日に、一輝とのトレードで、野中信吾とともにオリックス・バファローズへ移籍した。背番号は13

オリックス時代(2011年8月23日)

2011年には、一軍公式戦10試合に登板。勝敗は付かず、防御率は3.50であった。

2012年には、ウエスタン・リーグ公式戦22試合に登板。5勝1敗、防御率2.61を記録したが、一軍公式戦には2試合の登板にとどまった。

2013年には一軍公式戦6試合、2014年には4試合に登板。しかし、いずれも勝敗は付かず、シーズンの大半を二軍で過ごした。

阪神時代[編集]

2014年11月7日に、白仁田寛和とのトレードで阪神タイガースへ移籍したことが発表された[2][3]。当時手薄だった中継ぎ投手の補強を図っていた阪神球団[4]と、白仁田を先発要員と見込んだオリックス球団の思惑が一致した末のトレード成立[5]で、桑原は移籍を機に白仁田の背番号64を引き継いだ[3]

2015年には、プロ入り後初めて、公式戦を一軍でスタート。3月27日中日ドラゴンズとの開幕戦(京セラドーム大阪)で登板したことを皮切りに、開幕3カード(9試合)のうち4試合で中継ぎ投手に起用された。しかし、無失点で凌いだのは1試合だけで、3カード終了後の4月3日に出場選手登録を抹消。5月中旬にも救援で一軍公式戦2試合に登板したが、シーズンを通じて勝敗は付かず、防御率は8.53にとどまった[6]

2016年には、ウエスタン・リーグ公式戦29試合の登板で、1勝3敗2セーブ、防御率2.42をマーク。しかし、プロ入り後初めて、一軍公式戦への登板機会がなかった。

2017年には、オープン戦8試合の救援登板で防御率1.17という好成績を残したことから、自身2年振りの開幕一軍入りを果たした[6]4月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦では、オリックス時代の古巣であった京セラドームで、阪神での一軍公式戦初勝利を挙げた。桑原にとっては、2球団前の横浜に在籍していた2010年4月4日に同じヤクルト戦で記録して以来、7年(2558日)振りの勝利でもあった[7]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターの変則的なフォーム[4]から繰り出す最速152 km/hの速球と、打者の手元で変化するスライダー(自称「真っスラ」)が武器。「真っスラ」は、大学時代に「糸を引くようなストレートを投げたい」一心で試行錯誤を重ねるうちに、偶然投げられるようになった。一方で制球力を課題とする[4]

阪神の外野手として横浜時代の桑原と対戦した金本知憲(2016年より阪神の監督を務める)は、「(メジャーリーガー時代にMLB公式戦最多セーブ記録を樹立した)マリアーノ・リベラのような投球スタイル」という表現で桑原を高く評価。2017年の開幕戦から一軍の中継ぎとして重用する[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 横浜 30 10 1 1 0 3 6 0 1 .333 345 76.0 85 8 33 1 7 52 2 0 44 40 4.74 1.55
2009 11 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- 117 30.2 18 2 9 0 2 17 0 0 6 6 1.76 0.88
2010 18 1 0 0 0 1 2 0 1 .333 118 25.0 25 4 16 1 4 19 0 0 17 17 6.13 1.64
2011 オリックス 10 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 78 18.0 16 3 8 0 3 18 1 0 7 7 3.50 1.33
2012 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 0.00 0.50
2013 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 42 8.2 8 0 6 0 2 10 0 0 8 6 6.23 1.62
2014 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 5.1 7 0 3 0 0 6 0 0 1 1 1.69 1.88
2015 阪神 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 34 6.1 9 1 6 0 0 5 1 0 6 6 8.53 2.37
通算:7年 87 13 1 1 0 4 8 0 2 .333 768 172 168 18 82 2 19 128 4 0 89 83 4.34 1.45
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38(2008年 - 2010年)
  • 13(2011年 - 2014年)
  • 64(2015年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小豆畑ら4選手が契約更改 守屋、竹安は現状維持/タイガースデイリースポーツオンライン 2016年11月6日閲覧。
  2. ^ トレード成立について 阪神タイガース公式サイト 2014年11月7日閲覧。
  3. ^ a b トレード (2014年度シーズン終了後 ~ ) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月11日閲覧。
  4. ^ a b c 虎・桑原、安藤&福原に弟子入りだ!リリーフの一角に入るぞ”. サンケイスポーツ (2014年11月13日). 2014年11月16日閲覧。
  5. ^ 阪神・白仁田とオリ桑原 1対1交換トレード オリ金子流失に備え動く”. スポーツニッポン (2014年11月7日). 2014年11月16日閲覧。
  6. ^ a b 阪神・桑原、2015年以来の開幕1軍!「はじめが肝心」”. サンケイスポーツ (2017年3月29日). 2017年4月19日閲覧。
  7. ^ a b 阪神桑原、7年ぶり白星 虎で3球団目の苦労人”. 日刊スポーツ (2017年4月6日). 2017年4月19日閲覧。
  8. ^ a b 神奈川新聞、2008年4月7日。
  9. ^ 神奈川新聞、2008年5月27日。
  10. ^ 神奈川新聞、2008年6月5日。
  11. ^ 神奈川新聞、2008年7月10日。
  12. ^ 神奈川新聞、2008年8月17日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]