マイク・ハンプトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ハンプトン
Mike Hampton
Mike Hampton.jpg
ブレーブス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 フロリダ州ブルックスヴィル
生年月日 1972年9月9日(42歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト6巡目でシアトル・マリナーズから指名
初出場 1993年4月17日
最終出場 2010年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・ウィリアム・ハンプトンMichael William Hampton 1972年9月9日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ブルックスヴィル出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

マリナーズ時代[編集]

1990年ドラフトシアトル・マリナーズから6巡目に指名を受け入団。1991年5月31日にはマイナーリーグA級でノーヒットノーランを達成[1]1993年4月17日メジャーデビューを果たす。

アストロズ時代[編集]

1993年12月10日にトレードでヒューストン・アストロズへ移籍。

移籍1年目の1994年はリリーフで44試合に登板。1995年からは先発に転向する。1999年には22勝4敗、防御率2.90を記録。最多勝のタイトルを獲得し、1979年ジョー・ニークロがマークした球団記録の21勝を更新した[2]サイ・ヤング賞の投票ではランディ・ジョンソンに次ぐ2位に入った[3]

メッツ時代[編集]

1999年12月23日にオクタビオ・ドーテルロジャー・セデーニョらとの交換トレードで、デレク・ベルと共にニューヨーク・メッツへ移籍した。

2000年は制球難に陥り、開幕3連敗を喫する。4月までは2勝4敗、防御率6.48と低迷するがその後は持ち直し、最終的に15勝10敗・防御率3.14を記録し、チームのワイルドカード獲得に貢献する。セントルイス・カーディナルスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第5戦では「生涯最高の投球をしてみせる」と宣言し[4]、3安打完封勝利で、チームを14年ぶりのワールドシリーズ進出へ導いた。また、同シリーズでは16イニング連続無失点を記録し2勝を挙げMVPを受賞した[1]ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは第2戦に先発したが、6回4失点で敗戦投手となり、チームも1勝4敗で敗退した。

2000年シーズン終了後FAとなるため、メッツはトレードで獲得した際に長期契約の下交渉を行うつもりでいたが、ハンプトン側の要望で交渉はシーズン終了後に見送られた[4]

ロッキーズ時代[編集]

2000年12月9日にコロラド・ロッキーズと投手として当時史上最高額となる総額1億2,100万ドルの8年契約で合意した[1]

2001年4月2日のカーディナルスとの開幕戦で先発し、8.1回を無失点に抑え勝利投手となった。その後5連勝するなど5月までは7勝2敗、防御率2.68と好調だったが、後半戦は5勝8敗、防御率7.46と絶不調に陥る。シーズン通算では14勝13敗、防御率5.41と期待を裏切った。

2002年は開幕から3試合で3敗、防御率10.26。その後も防御率が1度も6点台を下回ることがなく、7勝15敗、防御率6.15、被安打率.313と不振を極めた。

ブレーブス時代[編集]

2002年11月16日プレストン・ウィルソンチャールズ・ジョンソンらとの交換トレードでホアン・ピエールプラス金銭と共にフロリダ・マーリンズに移籍。2日後の11月18日に1対2の交換トレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍した。この時点で契約が6年8,450万ドル残っていたが、ブレーブスが3,950万ドル、残りをロッキーズとマーリンズが負担することとなった[1]

2003年、14勝8敗、防御率3.84を記録し、復活を果たす。自身初のゴールドグラブ賞を受賞し、チームメイトのグレッグ・マダックスの連続受賞を13年でストップさせた。2005年は、12試合に登板したところでトミー・ジョン手術を受けた。その為2006年2007年は1試合にも登板できず、2006年には膝の手術も受けている[5]2008年7月26日におよそ3年ぶりにメジャー復帰。復帰3戦目となった8月5日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で7回を2失点に抑え2005年8月15日以来、1087日ぶりとなる勝利を挙げた。

キャリア晩年[編集]

2008年12月、1年200万ドルで古巣アストロズに復帰するが、7勝10敗、防御率5.30に終わる。2010年アリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約。

2011年3月26日に現役引退を表明した。

選手としての特徴[編集]

投球スタイル[編集]

打撃[編集]

投手ながら、打者顔負けの強打を誇った。2001年には1シーズン7本塁打をマークし[1]、投手としてのナショナルリーグ最多タイ記録となった。1999年から5年連続でシルバースラッガー賞を受賞。投手で5度の獲得は4度のトム・グラビンを抑えて歴代1位。通算打撃成績は、打率.246(725打数178安打)、本塁打16、打点79。投手としての登板以外に代打等で29試合に出場している。ただし、投手以外の守備位置に就いたことはない。

獲得タイトル・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 SEA 13 3 0 0 0 1 3 1 -- .250 95 17.0 28 3 17 3 0 8 1 1 20 18 9.53 2.65
1994 HOU 44 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 181 41.1 46 4 16 1 2 24 5 1 19 17 3.70 1.50
1995 24 24 0 0 0 9 8 0 -- .529 641 150.2 141 13 49 3 4 115 3 1 73 56 3.35 1.26
1996 27 27 2 1 0 10 10 0 -- .500 691 160.1 175 12 49 1 3 101 7 2 79 64 3.59 1.40
1997 34 34 7 2 1 15 10 0 -- .600 941 223.0 217 16 77 2 2 139 6 1 105 95 3.83 1.32
1998 32 32 1 1 0 11 7 0 -- .611 917 211.2 227 18 81 1 5 137 4 2 92 79 3.36 1.46
1999 34 34 3 2 0 22 4 0 0 .846 979 239.0 206 12 101 2 5 177 9 0 86 77 2.90 1.28
2000 NYM 33 33 3 1 1 15 10 0 0 .600 929 217.2 194 10 99 5 8 151 10 0 89 76 3.14 1.35
2001 COL 32 32 2 1 0 14 13 0 0 .519 904 203.0 236 31 85 7 8 122 6 0 138 122 5.41 1.58
2002 30 30 0 0 0 7 15 0 0 .318 838 178.2 228 24 91 4 7 74 9 2 135 122 6.15 1.79
2003 ATL 31 31 1 0 0 14 8 0 0 .636 823 190.0 186 14 78 4 1 110 10 1 91 81 3.84 1.39
2004 29 29 1 0 0 13 9 0 0 .591 760 172.1 198 15 65 3 1 87 3 2 86 82 4.28 1.53
2005 12 12 1 1 0 5 3 0 0 .625 284 69.1 74 5 18 0 0 27 1 0 28 27 3.50 1.33
2008 13 13 0 0 0 3 4 0 0 .429 331 78.0 83 10 28 6 1 38 0 0 45 42 4.85 1.42
2009 HOU 21 21 0 0 0 7 10 0 0 .412 494 112.0 128 13 46 6 2 74 1 0 71 66 5.30 1.55
2010 ARI 10 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 16 4.1 3 0 1 1 0 3 0 0 0 0 0.00 0.92
通算:16年 419 355 21 9 2 148 115 1 1 .563 9824 2268.1 2370 200 901 49 49 1387 75 13 1157 1024 4.06 1.44
  • 2010年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e The Ballplayers - Mike Hampton Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年8月23日閲覧。
  2. ^ Houston Astros Pitching Leaders - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年1月23日閲覧。
  3. ^ Baseball Awards Voting for 1999 - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年1月23日閲覧。
  4. ^ a b 「各球団マンスリー・リポート ニューヨーク・メッツ」『月刊メジャー・リーグ』2000年12月号、ベースボールマガジン社、2000年、雑誌 08625-12、55項。
  5. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、277項。ISBN 978-4-331-51213-5

外部リンク[編集]