マット・ハービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マット・ハービー
Matt Harvey
ニューヨーク・メッツ #33
DSC 0163 Matt Harvey.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 コネティカット州ニューロンドン
生年月日 (1989-03-27) 1989年3月27日(28歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1巡目(全体7位)
初出場 2012年7月26日
年俸 $606,625(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マシュー・エドワード・ハービーMatthew Edward Harvey, 1989年3月27日 - )は、アメリカ合衆国コネティカット州ニューロンドン出身のプロ野球選手投手)。MLBニューヨーク・メッツ所属。ニックネームは「Real Deal」,「The Dark Knight of Gotham」。

経歴[編集]

2007年のMLBドラフトロサンゼルス・エンゼルスから3巡目に指名を受けるが契約せず、ノースカロライナ大学チャペルヒル校に進学。

2010年のMLBドラフトニューヨーク・メッツから1巡目(全体7位)に指名を受け入団。

2011年はA+級・AA級合計で26試合、13勝、135.2回、防御率3.32、156奪三振を記録[2]する。

2012年7月26日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビュー。5.1イニングを11奪三振無失点の好投で初勝利を挙げる。打撃でも2安打を記録し、デビュー戦で2桁奪三振と複数安打を同時に記録したのは史上初だった[3]。同年は10試合に先発し、3勝5敗ながら防御率2.73・奪三振率10.62とハイレベルな成績を残した。

2013年は開幕から先発ローテーションに定着。4月は6試合に登板し、4勝0敗、40.2回、防御率1.56、46奪三振などの好成績でピッチャー・オブ・ザ・マンスを初受賞した。5月7日シカゴ・ホワイトソックス戦で7回2死までパーフェクトに抑え、9回まで1安打無四球12奪三振と好投したが、援護がなく勝利は付かなかった[4]7月16日にメッツの本拠地シティ・フィールドで行われたオールスターゲームでは先発投手を務め、2イニングを無失点に抑えた。8月7日のコロラド・ロッキーズ戦で、4安打、無四球、6奪三振、106球で初の完投完封勝利を記録した。8月24日の登板の後、右尺側側副靱帯英語版の部分断裂が発覚し、シーズンを終えた。この年は26試合、9勝、178.1回、防御率2.27(リーグ3位)、WHIP0.931(同2位)、被打率.206(同5位)、K/BB 6.16(同3位)と大活躍し、サイ・ヤング賞の投票では3位に入った。オフの10月4日に右肘の手術を行うことを発表し[5]、10月22日にトミー・ジョン手術を受けた[6]

2014年は前年の手術の影響で、マイナーを含めても実戦復帰することはなかった。

2015年4月9日、開幕3試合目で1年7ヶ月ぶりに復帰し、6回無失点で勝利投手となった。この年は29試合、13勝、189.1回、防御率2.71(リーグ6位)、WHIP1.019(同7位)、被打率.219(同6位)、K/BB 5.08(同6位)、最速99.4mph(約160.0km/h)を記録するなど手術前と変わらぬ活躍で、チームにとって9年ぶりの地区優勝に貢献した。手術明けのシーズンのため、代理人スコット・ボラスや執刀医のジェームズ・アンドリュース英語版などが登板イニング制限を提言したものの、ポストシーズンでも4試合に登板し、26.2回、防御率3.04と安定した投球でリーグ優勝に貢献した。オフにはカムバック賞を受賞した。

2016年は、開幕から調子の上がらないピッチングが続いた。そして、7月6日に肩の不調でDL入りすると[7]、手術を受ける運びとなって、そのままシャットダウンした。この年は17試合に先発登板し、防御率4.86・4勝10敗・WHIP1.47という不調が際立つ成績に終わった。

プレイスタイル[編集]

スリークォーターから繰り出す手元で浮き上がるようなフォーシーム、鋭く曲がり落ちるスライダーカーブチェンジアップを武器とする。フォーシームは常時90mph中盤、最速100.1mph(約161.0km/h、2013年6月18日計測)[8]、スライダーは常時90mph前後を計時し[9]、三振の山を築く。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 NYM 10 10 0 0 0 3 5 0 0 .375 245 59.1 42 5 26 0 3 70 3 0 19 18 2.73 1.15
2013 26 26 1 1 1 9 5 0 0 .643 690 178.1 135 7 31 1 4 191 2 0 46 45 2.27 0.93
2015 29 29 0 0 0 13 8 0 0 .619 755 189.1 156 18 37 2 5 188 4 0 62 57 2.71 1.02
2016 17 17 0 0 0 4 10 0 0 .286 402 92.2 111 8 25 1 1 76 4 0 55 50 4.86 1.47
通算:4年 82 82 1 1 1 29 28 0 0 .509 2092 519.2 444 38 119 4 13 525 13 0 182 170 2.94 1.08
  • 2016年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Matt Harvey Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2014年1月4日閲覧。
  2. ^ Matt Harvey Minor League Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月16日閲覧。
  3. ^ Harvey strikes out 11 in Mets debut
  4. ^ May 7, 2013, White Sox at Mets Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月16日閲覧。
  5. ^ Medical update on Matt Harvey”. MLB.com Mets Press Release (2013年10月4日). 2014年2月22日閲覧。
  6. ^ Statement from the Mets regarding Matt Harvey”. MLB.com Mets Press Release (2013年10月22日). 2014年2月22日閲覧。
  7. ^ メッツ 先発右腕ハービーが今季絶望の可能性「手術は避けられない」”. Sponichi Annex (2016年7月8日). 2016年11月22日閲覧。
  8. ^ Future is now for Mets thanks to imposing duo of Matt Harvey, Zack Wheeler” (英語) (2013年6月19日). 2016年1月10日閲覧。
  9. ^ 黒田博樹も認めたメッツの新エース、マット・ハービーに注目!”. Web Sportiva. 2013年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]