K/BB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

K/BB (SO/BB) (Strikeout to Walk ratio) とは、奪三振 (K:strikeout)与四球 (BB:Base on Balls)の比率で、投手の制球力を示す指標の1つ。3.5を超えると優秀と言われる。

K/BB=奪三振÷与四球

概要[編集]

奪三振与四球は守備や球場の影響を受けないため、K/BBは運に左右されにくい投手の能力、特に制球力を表しているとされる。 好投手ならば一般的にK/BBが2.00を下回る事が少なく[1]優秀な投手は3.50を超える事が多い。 DIPSの評価において奪三振と与四球の損益分岐点はK/BB=1.50なので、これを下回るとFIP等の指標が悪化しやすい。[要出典]

関連項目[編集]

  • 上原浩治-K/BBが優秀な選手として知られる。日本プロ野球では生涯1000イニング以上投げた投手の中で歴代最高となる通算6.64(2021年時点)。
  • クリス・セール-K/BBが優秀な選手として知られる。1000イニング以上投げたMLB投手の中で歴代最高となる通算5.33(2021年時点)。
  • マックス・シャーザー-K/BBが優秀な選手として知られる。20世紀以降に2000イニング以上投げたMLB投手の中で歴代最高となる通算4.46(2021年時点)。
  • カート・シリング-K/BBが優秀な選手として知られる。20世紀以降に3000イニング以上投げたMLB投手の中で歴代最高となる通算4.38(2021年時点)[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Strikeout and Walk Rates”. FanGraphs. 2013年7月5日閲覧。
  2. ^ “Career Leaders & Records for Strikeouts / Base On Balls”. https://www.baseball-reference.com/leaders/strikeouts_per_base_on_balls_career.shtml 2021年11月23日閲覧。