クリフ・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリフ・リー
Cliff Lee
Cliff Lee 33.jpg
フィリーズ時代(2012年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州ベントン郡
生年月日 (1978-08-30) 1978年8月30日(41歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 投左打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト4巡目(全体105位)でモントリオール・エクスポズから指名
初出場 2002年9月15日
最終出場 2014年7月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリフトン・ファイファー・"クリフ"・リーClifton Phifer "Cliff" Lee, 1978年8月30日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州ベントン郡出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。2000年代後半から2010年代前半のMLBを代表する投手の1人である。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

短大時代の1998年ドラフト20巡目でボルチモア・オリオールズに指名されたが契約せず[1]、地元アーカンソー州アーカンソー大学に進学した。

エクスポズ傘下時代[編集]

2000年ドラフト4巡目(全体105位)でモントリオール・エクスポズに指名され契約[1]。まず、マイナーリーグ A級のケープフィア・クロックス英語版に所属した。

2001年マイナーリーグ A+級のジュピター・ハンマーヘッズ英語版で21試合に登板(うち20先発)し、6勝7敗・防御率2.79を記録。

2002年はマイナーリーグ AA級のハリスバーグ・セネターズで15試合に登板し、7勝2敗・防御率3.23を記録。

インディアンス時代[編集]

2002年6月27日にグレイディ・サイズモアブランドン・フィリップスリー・スティーブンスと共にバートロ・コローンの交換要員としてトレードクリーブランド・インディアンスへ移籍[1]。AA級のアクロン・ラバーダックスに所属し、ほどなくしてAAA級のバッファロー・バイソンズに昇格。9月15日にメジャーデビューを果たし、6回途中まで投げ、4四球を与えたものの、被安打2、自責点1に抑えるもチームが1点も援護できずに敗戦投手となった[2]

2003年は6月30日のダブルヘッダー第1戦でメジャー初登板し、6回2失点(自責点0)と好投したものの、すぐにマイナーリーグ降格となった。その後、8月16日から先発ローテーションに入って8試合に登板した。このシーズンは9試合に登板して3勝3敗・52.1投球回で防御率3.61と一定の成果を挙げた。マイナーリーグでは主にAAA級バッファロー・バイソンズで登板し、そこでは11試合で防御率3.27の好成績を維持した。

2004年は開幕から好調で、5月末では10試合に登板し、5勝0敗という成績を残していた[3]。しかし、6月に入ると月間防御率が5点台にまで落ち、7月と8月は月間防御率が7点台で、6月以降の23試合で被本塁打は28本[3]。最終的にはチーム最多タイの14勝でシーズンを終えたが、防御率は5.43で、自身のキャリアで最低の与四球率4.1という不安定な内容だった。

2005年、かつては右打者を苦手としていたが、カット・ファスト・ボールで抑えられるようになった[4]。18勝(リーグ2位)・5敗・防御率3.79などを記録し、サイ・ヤング賞の投票では4位だった[5]。勝率リーグ1位(.783)は球団史上、1951年のボブ・フェラー以来であった[6]

2006年、球団とリーは契約延長の交渉をスプリングトレーニング中から進めていたが、交渉がまとまらずに開幕を迎えた[7]。5月に6試合で1勝4敗と調子を崩したが、6月は5試合で4勝と持ち直し、最終的には2005年ほどの数字は残せなかったものの、チーム2位の14勝を記録した。8月には2007年から3年総額1400万ドル、4年目の2010年は800万ドルの球団オプションで契約延長した[7]

インディアンス時代のリー(2008年)

2007年、スプリングトレーニングで左脇腹を痛め、開幕を故障者リスト入りで迎えた[8]。5月3日にメジャー復帰を果たしたが、制球が悪く[8]、7月16日から7月26日にかけて球団史上ウェス・フェレル以来74年ぶりとなる3試合連続7自責点を記録し[9]、7月26日のレッドソックス戦では地元ファンから容赦ないブーイングを浴び[10]、翌27日にAAA級のバッファローへ降格[11]。復帰戦となった9月2日以降、リリーフとして4試合に登板してレギュラーシーズンを終えた。チームはプレーオフ進出を果たしたが、リーはロースターから外れた[6]。シーズン終了後にはトレードを噂されるようになったが、球団はリーが本調子でないことを理解しており、見返りが期待できないため放出する意向はなく残留[10]

2008年、先発投手の5番手を争う立場となった[10]スプリングトレーニングでは速球の制球力と怪我をしないことを重点を置き、レギュラーシーズンを迎えた[6]。開幕から好調で5先発した時点での被出塁率.163は99年ぶりの低い数字で、4月は防御率0.96・5勝0敗で月間最優秀投手に選出された[12]。5月7日にかけて6回の登板全てで勝利投手となり、6月9日にリーグで最初に10勝に到達した[6]7月15日オールスターゲームではアリーグの先発投手を務め、2回を投げチッパー・ジョーンズの1安打、無失点に抑えた。シーズン後半も勝ち星を重ね、8月には5勝0敗を記録し、2回目の月間最優秀投手に選出された。9月1日には両リーグ1番にシーズン20勝に到達し、球団史上1974年のゲイロード・ペリーの大台に到達[13]。最終的に22勝3敗・防御率2.54(最多勝最優秀防御率の2冠)・223.1投球回(リーグ2位)などを記録し、ロイ・ハラデイ、歴代最多62セーブフランシスコ・ロドリゲスらを抑えてサイ・ヤング賞を受賞した。カムバック賞も受賞した。

2009年は自身初の開幕投手を務めた。

フィリーズ時代[編集]

フィリーズはワールドシリーズ連覇に向け、先発投手を補強するため、ロイ・ハラデイの獲得を試みたが、交換相手で折り合いがつかず交渉は不成立に終わった[14]。その後、リー獲得に向け、ドジャースを上回るトレード要員を提示し[15]、7月29日にベン・フランシスコと共にカルロス・カラスコルー・マーソンジェイソン・ドナルドジェイソン・ナップ英語版との交換トレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[16]。移籍後は球団史上1980年マーティ・バイストロム英語版以来となる最初の先発登板から5戦・5勝を記録[17]。自身初のポストシーズンではニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは第1戦と第5戦に登板し、いずれも勝利投手となったが、チームは敗れて連覇とはならなかった。

マリナーズ時代[編集]

2009年12月16日にロイ・ハラデイをはじめとする4チーム、9人の絡むトレードでシアトル・マリナーズに移籍し、契約最終年を迎えることとなった。マリナーズは3人のマイナーリーグ選手を交換要員として放出した。

2010年は開幕を腹部の故障で出遅れたものの、前半戦を8勝3敗、うち5完投、防御率は2.34と好調だった。

レンジャーズ時代[編集]

2010年ワールドシリーズで登板したリー(レンジャーズ時代)

2010年7月9日にマーク・ロウと共に交換トレードで同地区首位のテキサス・レンジャーズへ移籍。8月6日のオークランド・アスレチックス戦でメジャー通算100勝目を達成した。また背中の故障に見舞われ失速したが、WHIPは両リーグ1位の1.00を記録。チームのプレーオフ進出に貢献した。タンパベイ・レイズとの地区シリーズでは2度先発し、それぞれ7回無四球10奪三振1失点、9回11奪三振1失点と好投した。ニューヨーク・ヤンキースとのリーグ優勝決定シリーズでは第3戦に登板し、5回2死までノーヒットなど、8回13奪三振無失点で勝利投手になった。しかしワールドシリーズでは、初戦は7失点で5回持たずに降板。最終戦となった第5戦でも6回まで無失点ながら7回に3点の先制点を許し、敗戦投手となった。シーズンでは12勝9敗・防御率3.18(リーグ6位)・212.1投球回(同10位)などを記録し、サイ・ヤング賞の投票では7位だった[18]

フィリーズ復帰[編集]

2010年シーズン終了後、FA戦線の目玉として去就が注目されていた。友人のCC・サバシアが在籍するニューヨーク・ヤンキースが大型契約で獲得するか、レンジャーズに残留するかと思われていたが、2010年12月15日、フィラデルフィア・フィリーズが5年総額1億2000万ドルでの獲得を発表した。フィリーズの契約はヤンキースやレンジャースと比べても合計契約金や契約年数も短かったが、本人が契約した理由として「お金より気分よく幸せになれて、ワールドシリーズ優勝の可能性が一番高いチームを選んだ」と語った[19]。総額ではこのオフで3番目に高額だった(カール・クロフォードの1億4200万ドル(ボストン・レッドソックス)、ジェイソン・ワースの1億2600万ドル(ワシントン・ナショナルズに次ぐ)。

2011年は17勝(リーグ4位)・8敗・防御率2.40(リーグ3位)・232.2投球回(同4位)などを記録し、サイ・ヤング賞の投票ではクレイトン・カーショウロイ・ハラデイに次ぐ3位だった[20]。シーズン6完封は1989年ティム・ベルチャーが記録(8回)して以来22年ぶりの快挙であり、以降MLBで誰も記録したことがない。セントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズでは第2戦で先発したが6回5失点で敗戦投手となり、自身の登板はその1試合のみでシリーズ敗退となった。自身最後のポストシーズンでの登板となった。

2012年4月18日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では10回無失点(102球)の好投の末、その後チームが敗れる不運があった。先発投手が延長戦でも続投したのは、MLBでは2007年アーロン・ハラングが記録して以来約5年ぶりのことであった(次に記録したのは2017年リッチ・ヒル)。5月15日のヒューストン・アストロズ戦、7月18日のロサンゼルス・ドジャース戦ではともに8回1失点で勝利投手になれなかった。このシーズンは防御率3.16(リーグ9位)・211投球回(同7位)と安定していたが、勝ち星に恵まれず6勝9敗に終わった。

2013年、14勝(リーグ10位)・8敗・防御率2.87(リーグ6位)・222.2投球回(同3位)などを記録し、サイ・ヤング賞の投票では6位だった[21]

2014年ロイ・ハラデイの引退、コール・ハメルズの故障により、自身5年ぶり2度目の開幕投手を務めた。左肘の故障により13試合の登板に終わった。

2015年スプリングトレーニングで前年8月に痛めた左肘の炎症を再発し、レギュラーシーズンを全休し、マイナーリーグで登板することもなかった。オフに翌年の契約オプションを破棄され自由契約となる[22]

現役引退[編集]

2016年2月に代理人より現役続行断念が発表された[23]

選手としての特徴[編集]

  • ダイナミックなフォームから投げ降ろされる速球(フォーシーム)は、スピードが常時90-93mph(約145-150km/h)[24]で、典型的なフライボールピッチャーだった。ストレート系の失投が本塁打になりやすいのが欠点であったのが[8]、インサイドを強気で攻める投球スタイルに変えてから、2008年はゴロで打たせるケースが増え、フライによるアウトをゴロのアウトが上回り[6]、MLBを代表する左腕投手として評価を上げた。フォーシームツーシームカッターといった速球とチェンジアップナックルカーブを投げる。
  • 通算与四球率が1.9と非常にコントロールがよく、通算奪三振率が7.8とそれほど多くないこともあり、少ない投球数でテンポよく抑える。2010年は212回を投げて185奪三振に対し、与四球は僅かに18であった。1与四球あたりの奪三振数を示すK/BBは10.28という驚異的な数値を示した。
  • 打撃では通算打率.175(291打数51安打)・2本塁打・19打点・24犠打などを記録。

人物[編集]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 CLE 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 44 10.1 6 0 8 1 0 6 0 1 2 2 1.74 1.36
2003 9 9 0 0 0 3 3 0 0 .500 210 52.1 41 7 20 1 2 44 3 0 28 21 3.61 1.17
2004 33 33 0 0 0 14 8 0 0 .636 802 179.0 188 30 81 1 11 161 6 0 113 108 5.43 1.50
2005 32 32 1 0 0 18 5 0 0 .783 838 202.0 194 22 52 1 0 143 4 0 91 85 3.79 1.22
2006 33 33 1 0 0 14 11 0 0 .560 882 200.2 224 29 58 3 8 129 3 0 114 98 4.40 1.41
2007 20 16 1 0 0 5 8 0 0 .385 443 97.1 112 17 36 1 7 66 5 0 73 68 6.29 1.52
2008 31 31 4 2 3 22 3 0 0 .880 891 223.1 214 12 34 1 5 170 4 0 68 63 2.54 1.11
2009 22 22 3 1 0 7 9 0 0 .438 641 152.0 165 10 33 1 3 107 6 0 53 53 3.14 1.30
PHI 12 12 3 1 2 7 4 0 0 .636 328 79.2 80 7 10 0 2 74 1 0 35 30 3.39 1.13
'09計 34 34 6 2 2 14 13 0 0 .519 969 231.2 245 17 43 1 5 181 7 0 88 83 3.22 1.24
2010 SEA 13 13 5 1 3 8 3 0 0 .727 408 103.2 92 5 6 0 0 89 2 0 31 27 2.34 0.95
TEX 15 15 2 0 2 4 6 0 0 .400 435 108.2 103 11 12 2 1 96 1 1 53 48 3.98 1.06
'10計 28 28 7 1 5 12 9 0 0 .571 843 212.1 195 16 18 2 1 185 3 1 84 75 3.18 1.00
2011 PHI 32 32 6 6 2 17 8 0 0 .680 920 232.2 197 18 42 0 6 238 0 0 66 62 2.40 1.03
2012 30 30 0 0 0 6 9 0 0 .400 847 211.0 207 26 28 0 0 207 4 0 79 74 3.16 1.11
2013 31 31 2 1 1 14 8 0 0 .636 876 222.2 193 22 32 0 4 222 1 0 77 71 2.87 1.01
2014 13 13 1 0 0 4 5 0 0 .444 352 81.1 100 7 12 0 1 72 1 0 40 33 3.65 1.38
通算:13年 328 324 29 12 13 143 91 0 0 .611 8917 2156.2 2116 223 464 12 50 1824 41 2 923 843 3.52 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰[編集]

記録[編集]

  • MLBオールスターゲーム選出:4回(2008年2010年2011年2013年)※先発は2008年の1回
  • 年度1位
    • 最高勝率:2回(2005年、2008年)
    • 最多完投:1回(2010年)
    • 最多完封:2回(2008年、2011年)
    • 最小被本塁打率:1回(2008年)
    • 最小与四球率:2回(2008年、2010年)
    • 最小WHIP:1回(2010年)
  • その他
    • シーズン奪三振/与四球:10.2778(2010年)※アメリカンリーグ記録、左投手メジャー記録[27]
    • 4先発登板連続与四球無し(2010年6月)※シアトル・マリナーズ球団記録
    • 38と1/3イニング連続与四球無し(2010年6月)※シアトル・マリナーズ球団記録
    • 月間4完投(2010年6月)※2003年9月のロイ・ハラデイ以来

脚注[編集]

  1. ^ a b c Cliff Lee Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年11月23日閲覧。
  2. ^ September 15, 2002 Minnesota Twins at Cleveland Indians Play by Play and Box Score” (英語). Baseball Reference.com. 2008年7月23日閲覧。
  3. ^ a b Cliff Lee 2004 Pitching Splits” (英語). Baseball-reference.com. 2008年7月23日閲覧。
  4. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』廣済堂出版、2006年、116頁。ISBN 978-4-331-51146-6
  5. ^ 2005 Awards Voting”. Baseball-Reference.com. 2019年8月14日閲覧。
  6. ^ a b c d e 谷口輝世子「クリフ・リー[インディアンス] 失意からの飛翔」『スラッガー』2008年8月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌15509-8、42 - 44頁。
  7. ^ a b ESPN.com news services (2006年8月8日). “Indians sign Lee to three-year, $14M extension” (英語). ESPN.com. 2010年3月10日閲覧。
  8. ^ a b c 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』廣済堂出版、2008年、118頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  9. ^ Withers, Tom (2007年7月27日). “Indians send struggling left-hander Cliff Lee to Triple-A Buffalo” (英語). USATODAY.com. 2008年7月23日閲覧。
  10. ^ a b c 大冨真一郎 「人物クローズアップ クリフ・リー [インディアンス] 手に入れた新境地」『メジャー・リーグ記録集計号 ザ・スタッツブック 2008』、ベースボールマガジン社、2008年、雑誌 20449-11/20、70 - 72頁。
  11. ^ Indians recall RHP Edward Mujica from AAA Buffalo; LHP Cliff Lee optioned to Buffalo” (英語). MLB.com (2007年7月27日). 2010年3月10日閲覧。
  12. ^ Briggs, David (2008年5月3日). “Lee named AL Pitcher of the Month” (英語). MLB.com. 2008年7月23日閲覧。
  13. ^ Herrick, Steve (2008年9月1日). “Dominant Lee breaks 20-win mark Shutout makes lefty first Tribe hurler to milestone since '74” (英語). MLB.com. 2008年10月22日閲覧。
  14. ^ Stark, Jayson (2009年7月26日). “Source: Phils' latest offer rebuffed” (英語). ESPN.com. 2010年3月10日閲覧。
  15. ^ 城ノ井道人 「今夏の10大トレード」 『月刊スラッガー』2009年10月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-10、52頁。
  16. ^ Zolecki, Todd (2009年7月29日). “Phillies land Lee from Tribe Defending AL Cy Young winner, Francisco join champs”. phillies.com. 2010年3月10日閲覧。
  17. ^ Associated Press (2009年8月24日). “Howard's homers provide punch as stoic Lee dominates Mets” (英語). ESPN.com. 2010年3月10日閲覧。
  18. ^ 2010 Awards Voting”. Baseball-Reference.com. 2019年8月14日閲覧。
  19. ^ 【MLB】クリフ・リーがヤンキースを蹴った最大の理由”. Sponichi Annex (2010年12月23日). 2014年5月27日閲覧。
  20. ^ 2011 Awards Voting”. Baseball-Reference.com. 2019年8月14日閲覧。
  21. ^ 2013 Awards Voting”. Baseball-Reference.com. 2019年8月14日閲覧。
  22. ^ フィリーズ、サイ・ヤング賞左腕C.リーとの来季オプション破棄へ”. ISM (2015年9月28日). 2015年12月18日閲覧。
  23. ^ 代理人示唆 通算143勝の左腕リーが現役引退へ 昨季は故障で全休”. スポーツニッポン (2016年2月24日). 2019年8月14日閲覧。
  24. ^ http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=1636&position=P
  25. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes.com 2014年6月発表。
  26. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、118頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  27. ^ http://www.baseball-reference.com/leaders/strikeouts_per_base_on_balls_season.shtml

関連項目[編集]

外部リンク[編集]