アーカンソー大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーカンソー大学
OldMainUofA.jpg
大学設置/創立 1871年
学校種別 州立
設置者 Sir Evan Bentley
本部所在地 米国アーカンソー州フェイエットビル
学部 教養学部
工学部
経営学部
農学部
建築学部
理学部
研究科 教養大学院
公共政策大学院
教育大学院
工学大学院
法科大学院
医学大学院
経営大学院
ウェブサイト アーカンソー大学公式サイト
テンプレートを表示

アーカンソー大学英語: University of Arkansas)は、米国アーカンソー州フェイエットビルに本部を置くアメリカ合衆国州立大学である。1871年に設置された。 校訓は"Veritate Duce Progredi"(探究せよ、真理こそ我らのしるべなり)。

沿革[編集]

1862年に農業および工業技術開発の促進のために、州が公有地を大学敷地として許与するモリル・ランドグラント法が成立し、その法律のもとでエバン・ベントレー卿が設立した。 よって、創設当時の大学名はアーカンソー産業大学(Arkansas Industrial University)であったが、研究学科が拡大したため1899年に現名称に変更された。

USニューズ&ワールド・レポートの発行するAmerica’s Best Colleges 2010において、アーカンソー州内で唯一の最上レベル高等教育機関として評価されるように、現在では州内最大の四年制総合大学として業績・レベル共にトップである。世界中の大学のランキングを取り扱うAcademic Ranking of World Universities 2010においては日本では早稲田大学などと共に301-400位と評価されている。特に経営学部は、USNEWS 2010年ランキングにおいて国内の公立ビジネススクールのうち24位と評価されており、雑誌フォーチュンにおいても、全米主要企業のCEOを数多く輩出している大学66校のうちの1校として紹介される。また産業工学の分野においても、全米工科教育学会(American Society of Engineering Educators)より全米最高の10つの大学の一つとして評価され、USNEWSにおいても毎年30位前後と評価されている。

キャンパス[編集]

旗艦校であるアーカンソー大学フェイエットビル校は州内の北西、ワシントン郡に位置する。 オザーク山脈アウアチタ山脈に囲まれたこの郡は豊かな自然に恵まれており、一年を通して晴天が多い。またワシントン郡のある地域は全米の中でも特筆すべき程の経済成長を見せており、隣接するベントン郡にはウォルマートやタイソン、JBハントなどの全米有数の企業が本社を置くなど、地域全体で非常に活気に溢れている。

当校はアーカンソー大学システムの中枢を担い、業績、規模ともに州内トップである。 アーカンソー大学システムとは、この大学を中心とした分校システムであり、フェイエットビル校を含め州内計5つのキャンパスと2つの法学大学院、そして医学大学院からなっている。2009年秋の時点で学生数は19,849人である。 教授数は978人で、学生と教員の割合は17:1となっており、優秀な教授陣を有す。かつて、ロー・スクールでは元合衆国大統領ビル・クリントンやオバマ政権下で国務長官を務めるヒラリー・クリントンも教鞭を執っていた。またフルブライト奨学金の設立者のJ・ウィリアム・フルブライトはアーカンソー大学の卒業生であり、同大学で法学講師として教鞭を執った後、学長を務めている。

キャンパスには130以上の建物がおよそ1.4平方キロの土地に立ち並び、全米クラスの理学部工学部農学部建築学部など150以上の分野に渡り、200以上ものプログラムが存在している。州内で唯一の博士課程を修学可能な大学でもある。 ウォルマートやタイソンの地元という事もあり、ビジネスプログラムは、USニューズ&ワールド・レポートビジネススクールランキングにランクインされている。

2002年にはウォルトン一族から大学に対して3億ドルの寄付があり、これは全米の州立大学の中では過去最高額である。3億ドルのうち2億ドルはHonors Collegeの生徒のための奨学金に当てられている。

敷地内の中央に建つ大学図書館の蔵書数は140万冊を越える。また大学に隣接するドナルド・レイノルズ・レイザーバック・スタジアムは72,000人を収容可能である。

大学内のBud Walton Arenaでは毎年6月にウォルマート株主総会が開かれる。

スポーツ[編集]

アーカンソー大学のマスコットはレイザーバックスであり、スポーツチームはアーカンソー・レイザーバックス、またはホッグス(レイザーバックスの略称)と呼ばれている。NCAAのディビジョンI(フットボールはディビジョンI-A)のサウスイースタン・カンファレンスに属している。アーカンソー大学は大学スポーツの名門として知られ、特に陸上競技では名門中の名門である。アーカンソー大学はサウスイースタン・カンファレンスの中で最も多くの全米チャンピオンのタイトルをとっており、アーカンソー大学より多く全米チャンピオンのタイトルをとっているのは全米でもUCLA南カリフォルニア大学スタンフォード大学オクラホマ州立大学の4校だけである。

アメリカンフットボール[編集]

レイザーバックスタジアム

アーカンソー大学のアメリカンフットボールチームはNCAAのディビジョンI(フットボールはディビジョンI-A)のサウスイースタン・カンファレンスに属しており、過去3度サウスイースタン・カンファレンスのチャンピオンシップゲームに出場している。現在のヘッドコーチはボビー・ペトリーノである。ホームスタジアムは72,000人収容のドナルド・レイノルズ・レイザーバック・スタジアム(フェイエットビル)とウォーメモリアル・スタジアム(リトルロック)の二つである。 同じ サウスイースタン・カンファレンスに属しているLSUとはライバル関係にあり、毎年感謝祭後にする試合はCBSでテレビ中継されることになっている。この試合の勝者は、24カラットの金でできたトロフィーを手にする。 また、定期的に試合は行われないものの以前同じカンファレンスに属していたテキサス大学ともライバル関係にある。 現在、オークランド・レイダーズでプレイするダレン・マクファデンダラス・カウボーイズフェリックス・ジョーンズなどが所属していた。ダレン・マクファデン、フェリックス・ジョーンズともに「アーリーエントリー」と言う制度を使い2008年のNFLドラフトにエントリーし、二人とも一巡目で指名されている。ダレン・マクファデンは2006年2007年にドーク・ウォーカー賞(ランニングバックに与えられる最高の賞)を受賞している。しかしハイズマン賞の選考では2006年はトロイ・スミス、2007年はティム・ティーボウに敗れて受賞はならなかった。 フェリックス・ジョーンズ、ダレン・マクファデンが抜けて以降チームの成績は振るわず、現在就任2年目のボビー・ペトリーノのもとチームの再建が進められている。

バスケットボール[編集]

ホームスタジアムは19,368人収容のBud Walton Arenaである。1986年から2002年にかけてアーカンソー大学はバスケットボールの強豪として知られ、17シーズンで13度NCAAトーナメントに出場している。1994年にはナショナルチャンピオンに輝いている。しかしその後成績は低迷し、現在は就任2年目のJohn Pelphreyのもとチームの再建に取り組んでいる。。

野球[編集]

アーカンソーの野球チームはダイヤモンドホッグスと呼ばれている。2004年と2009年にはカレッジワールドシリーズに出場しており、2009年には全米3位になっている。 過去37人のメジャーリーガーを輩出しており、ニューヨーク・ヤンキースエリック・ヒンスキーフィラデルフィア・フィリーズクリフ・リーなどがいる。

陸上競技[編集]

アーカンソー大学は陸上競技の強豪として知られており、過去42回にわたり全米チャンピオンとなっている。男子陸上チームは1992年から1999年にかけて8連覇するなど、全米チャンピオンに計12度輝いている。また、インドアでは1984年から1995年の12連覇を含み、1984年から2009年の全26シーズンで計19度全米チャンピオンに輝いている。

なお、2007年世界陸上競技選手権大会などで活躍した陸上競技選手のタイソン・ゲイベロニカ・キャンベルはアーカンソー大学の卒業生である。

体操[編集]

アーカンソー大学は全米大学の中でも数少ない体操チームを持つ大学であり、チームはGymbacks(ジムバックス)の愛称で親しまれている。2009年シーズンは13人がロスター登録されており、2009-2010のプレシーズンランキングは全米8位である。ホームゲームはキャンパス内のバーンヒルアリーナで行われる。なお在学生はホームゲームを無料で観戦できる。

構成[編集]

この大学は9つ学部で構成されている。

  • Dale Bumpers College of Agricultural, Food & Life Sciences
  • School of Architecture
  • J. William Fulbright College of Arts & Sciences
  • Sam M. Walton College of Business
  • College of Education and Health Professions
  • College of Engineering
  • Honors College
  • School of law
  • Graduate School

歴代学長[編集]

  • Noah P. Gates 1871 to 1873
  • Albert W. Bishop 1873 to 1875
  • Noah P. Gates 1875 to 1877
  • D・H・ヒル 1877 to 1884
  • George M. Edgar 1884 to 1887
  • Edward H. Murfee 1887 to 1894
  • John L. Buchanan 1894 to 1902
  • Henry S. Hartzog 1902 to 1905
  • John N. Tillman 1905 to 1912
  • John C. Futrall 1913 to 1939
  • J・ウィリアム・フルブライト 1939 to 1941
  • Arthur M. Harding 1941 to 1947
  • Lewis Webster Jones 1947 to 1951
  • John T. Caldwell 1952 to 1959
  • David Wiley Mullins 1960 to 1974
  • Charles E. Bishop 1974 to 1980
  • James E. Martin 1980 to 1984
  • Ray Thornton 1984 to 1990
  • B. Alan Sugg 1990 to present

主な卒業生[編集]

ダン・ハンプトン
パナマ共和国大統領リチャード・マルティネリ

キャンパスの写真[編集]

外部リンク[編集]