メアリー・グッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メアリー・グッド(Mary Lowe Good)はアメリカ合衆国無機化学者であり、政府機関で研究を行った。彼女はアーカンソー中央大学で学士号を取り、1955年にアーカンソー大学で博士号を取った[1]。1980年、彼女はジミー・カーター大統領からアメリカ国立科学財団の国家科学委員会のメンバーに指名され、1986年にはロナルド・レーガン大統領から再度指名された[2]ジョージ・W・ブッシュ大統領は、大統領科学技術諮問委員会の委員に彼女を指名した。1993年からはビル・クリントン政権下のアメリカ商務省で次官を務めた。現在はアーカンソー大学リトルロック校で教授の職にある[3]。1987年にはアメリカ化学会の会長を務めた。また、1997年のプリーストリー賞を始め、多くの賞を受賞している。

受賞[編集]

  • ハインツ賞
  • バネバー・ブッシュ賞
  • プリーストリー賞
  • グレン・シーボーグ賞
  • アグネス・フェイ・モルガン研究賞
  • ガルバン・オリーン賞

出典[編集]