ジョン・ローレンス・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ローレンス・スミス
John Lawrence Smith
人物情報
生誕 1818年12月16日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケンタッキー州
死没 1883年10月12日(満64歳没)
出身校 バージニア大学、サウスカロライナ医科大学
学問
研究分野 化学医学
研究機関 ルイジアナ大学バージニア大学
テンプレートを表示

ジョン・ローレンス・スミス(John Lawrence Smith、1818年12月16日 - 1883年10月12日)はアメリカ合衆国化学者鉱物学者である。

ケンタッキー州ルイビルに生まれた。バージニア大学サウスカロライナ医科大学 (Medical College of South Carolina) で学んだ後、ドイツユストゥス・フォン・リービッヒに学び、パリテオフィル=ジュール・ペルーズのもとで学んだ。1844年にサウスカロライナ州チャールストンで開業医になり、Medical and Surgical Journal of South Carolina を創刊した。

1846年から1850年の間、トルコ政府のために、鉱物資源の研究を行い、石炭鉱脈クロム鉱石ナクソス島の有名なエメリー鉱石の鉱脈を発見した。1850年にはルイジアナ大学(現在のチューレーン大学)の化学教授を務め、倒立型顕微鏡を発明した。その後ヴァージニア大学の化学の教授を務めた。

1872年にアメリカ科学振興協会の会長となり、1877年にアメリカ化学会の会長となった。

著書に Mineralogy and Chemistry, Original Researches がある。隕石の収集を行ったことでも知られ、スミスのコレクションは没後、ハーバード大学に寄贈された。

J・ローレンス・スミス・メダル[編集]

全米科学アカデミーはスミスの功績を記念して、流星、隕石などの研究に関する研究に対して授与するJ・ローレンス・スミス・メダル (J. Lawrence Smith Medal) を設けている。

歴代受賞者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]