オットー・ヘス (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットー・ヘス
Otto Hess
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 スイスの旗 スイス
ベルン州ベルン
生年月日 1878年10月10日
没年月日 1926年2月25日(満47歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
初出場 1902年8月2日
最終出場 1915年6月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

オットー・ヘス(Otto C. Hess、1878年10月10日 - 1926年2月25日)は、主に1900年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手外野手スイス・ベルン生まれ。左投げ左打ち。ただ一人のスイス出身メジャーリーガーで、1914年のミラクル・ブレーブスの一員だった。

経歴[編集]

1902年クリーブランド・ブロンコス(現インディアンズ)からメジャーにデビュー。1903年は出場せず、1904年に21試合に登板し8勝7敗、防御率1.67の成績を残す。1907年までの間クリーブランドの先発投手の一角として活躍し、1906年には20勝17敗と3つのセーブを記録、この年の防御率1.83はリーグで6位の成績だった。ただ投球が年毎に安定しなかったようで、1905年の暴投数18はリーグ最多、また1906年には24もの与死球(リーグ最多)を記録している。

1908年当初は不調で4試合、7イニングしか登板せず、その後1911年にニューオーリンズ球団からボストン・ブレーブスに移籍するまで数年間マイナーで暮らした。1912年から1914年は主力投手ではなかったがブレーブスの先発の一角を担い、優勝した1914年には35歳だったが14試合に投げ5勝6敗、防御率3.03の成績を残している。ただこの年のワールドシリーズには出場していない。1915年にメジャーから引退し、1926年にアリゾナ州で死去した。

通算成績[編集]

投手成績[編集]
































W
H
I
P
198 165 1418.0 70 18 90 5 580 1355 25 448 83 38 469 2.98 1.27

打撃成績[編集]

  • 通算成績:280試合、714打数154安打、本塁打5、打点58、打率.216

獲得タイトル・記録[編集]

  • リーグ最多セーブ:1906年
  • リーグ最多与死球:1906年
  • 暴投数リーグ最多:1905年

出典・外部リンク[編集]