雑誌コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雑誌コード(ざっしコード)は、日本出版社が発行している雑誌を管理するために、使われている識別コードである。一般的には最初の5桁の数字を誌名コードとし、「-(ハイフン)」で区切った後、数字で発行年月日または通巻番号を付ける事が多い。

雑誌の裏表紙左下に「雑誌 xxxxx-xx/xx」または「雑誌 xxxxx-x」と書いてあるのがそれである。

沿革[編集]

  • 1954年 - 雑誌取次大手のトーハンが内部管理用にIBMナンバー(4桁)の使用を開始。
  • 1968年 - 5桁の新コード体系に移行し、雑誌コードに改称。
  • 1986年 - 雑誌コードをJANコード体系に割り付け、共通雑誌コードに改称。
  • 1991年 - 共通雑誌コードを改定。フラグを1桁減らし、定価を1桁増やす。
  • 2004年 - 5桁のアドオンコードを付加して定期刊行物コード(雑誌)に改定。

雑誌コード[編集]

雑誌コードは従来のIBMナンバーが雑誌の創刊続出により体系に矛盾を起こしたため移行したものである。

コードの配布は日本雑誌協会(雑協)、日本出版取次協会(取協)、日本書店商業組合連合会(日書連)の三団体により構成される共通雑誌コード管理センターにより一元管理されている。(実務はトーハン雑誌部に委託。)

次の5桁で構成される。

ABBBC

各パートの内容は次のとおり。

  • A 発行形態コード
    • 0,1 - 月刊、隔月刊、季刊誌
    • 2,3 - 週刊、旬刊、隔週刊
    • 4,5 - コミックス (漫画のレーベル)
    • 6 - ムック
    • 7 - 雑誌扱いのカセット・DVD・CDなど
    • 8 - 直販誌等(タウン誌など)
    • 9 - 予備[1]

週刊誌は当初形態コード「2」のみ使用してきたが、空きコードの残数が僅少となってきたため、2013年8月1日以降より「3」も週刊誌用形態コードとして運用することになった[2]

  • B (雑誌名コード)
  • C
    • 発行形態コードが 0,1 (月刊誌)の場合
      • 奇数 - 通常
      • 偶数 - 別冊・臨時増刊号
    • 発行形態コードが 2,3(週刊誌)の場合
      • 1〜5 - 発行週
      • 6〜9 - 別冊・臨時増刊

共通雑誌コード[編集]

共通雑誌コードは1986年から2004年まで使われていた雑誌用識別コード。#雑誌コードをJANコード体系に割り付けたものである(詳細はJANコードを参照)。

次の13桁から構成される。

AAABBBBBCCDDE

1991年12月の改定では定価の最大値を増やすため、識別コードを1桁削り定価を1桁増やしている。

AABBBBBCCDDDE

各パートの内容は次のとおり。

  • A 識別コード
    • 491 - 固定(日本の雑誌)
    • 10 - 内税(消費税3%)
    • 11 - 外税(消費税5%)
  • B 雑誌コード
    #雑誌コードを参照
  • C 月・号
  • D 価格
    10円単位で表示。
  • E チェックデジット

共通雑誌コードは、俗にTコードと称されることもある。これは、バーコードに添えてOCR数字として表示する際、数字13桁の頭にTを付けて表示したことによる。(なお、このTの表示は、OCRによる物流システムにおいて、後に続く数字13桁がJANコードであることを示す記号であり、共通雑誌コード以外でも用いられる)

定期刊行物コード[編集]

定期刊行物コードは2004年6月1日から使われている雑誌用識別コード。

アメリカ・カナダで用いられていたUPCコードEANコード(JANを含む)と2005年から統一されるにあたり、アメリカの国番号として 10-13 が使用されることになった。 これにより 11 を使用していた共通雑誌コードは重複を避けるため 491 で始まる定期刊行物コードに改定されることになった。

13桁のJANコードに5桁のアドオンコードを加えた計18桁から構成される。

AAABCCCCCDDEF-GHHHH

各パートの内容は次のとおり。

  • A 定期刊行物フラグ
    491 で固定。
  • B (予備コード1)
    当分は 0 で固定。
  • C 雑誌コード
    #雑誌コードを参照
  • D 月・号
  • E 年号
    西暦年の下1桁を表示。
  • F チェックデジット
  • G (予備コード2)
    当分は 0 で固定。
  • H 価格
    1円単位で表示。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 販促品や書店への告知文書などを雑誌の荷物に混ぜて送付する場合、送品伝票には便宜的に「9」の形態コードを用いた雑誌コードを付記する場合が多い。
  2. ^ 雑誌コード「3コード」の運用開始のご案内

外部リンク[編集]