ティム・ベルチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティム・ベルチャー
Tim Belcher
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州モロー郡マウントギリアド英語版
生年月日 (1961-10-19) 1961年10月19日(58歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 1月MLB二次ドラフト1巡目
初出場 1987年9月6日
最終出場 2000年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ティモシー・ウェイン・ベルチャーTimothy Wayne Belcher, 1961年10月19日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州モロー郡マウントギリアド英語版出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者。右投右打。

経歴[編集]

現役時代[編集]

1983年6月のMLBドラフト1巡目(全体1位)でミネソタ・ツインズから指名されたが、この時は契約しなかった。

1984年1月の二次ドラフト1巡目(全体1位)でニューヨーク・ヤンキースから指名されてプロ入りが決まるも、直後の2月に選手を抜かれた球団が指名できるコンセペーション・ドラフトによりオークランド・アスレチックスが指名して移籍した[1]。ただし、その年にドラフト指名を受けてプロ入りした選手は1年間移籍禁止という規約があるため、1984年はヤンキース傘下のマイナーでプレーした。

ロサンゼルス・ドジャースへ移籍後の1987年にメジャーデビューを果たすと、翌1988年にはメジャーの先発ローテーションに定着して12勝を挙げ、アスレチックスとのワールドシリーズでも1勝した。1989年にはナショナルリーグ最多の8完封を挙げ、15勝と200奪三振を記録した。

1992年シンシナティ・レッズトレードされると、以後6球団を渡り歩いた。2001年スプリングトレーニングの時期に引退を表明した。実働14年で394試合に登板して146勝140敗、防御率4.16、1519奪三振の成績を残しており、二桁勝利は通算9回記録している[2]

引退後[編集]

引退後はクリーブランド・インディアンスのフロントを経て2010年から2年間同球団の投手コーチを務めた。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 49(1987年 - 1991年、2010年 - 2011年)
  • 31(1992年、1995年)
  • 36(1993年)
  • 41(1994年、1996年 - 2000年)

脚注[編集]

  1. ^ 「ティム・ベルチャー」『パンチョ伊東のMLB名鑑1999』ベースボール・マガジン社 173頁
  2. ^ 出野哲也『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』言視舎、2013年、521頁。ISBN 978-4-905369-67-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]