ギャレット・リチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ギャレット・リチャーズ
Garrett Richards
ロサンゼルス・エンゼルス #43
Garrett Richards on May 17, 2015.jpg
2015年5月17日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州リバーサイド
生年月日 (1988-05-27) 1988年5月27日(30歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト1巡目追補(全体42位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名。
初出場 2011年8月10日
年俸 $7,300,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ギャレット・トーマス・リチャーズGarrett Thomas Richards , 1988年5月27日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバーサイド出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBロサンゼルス・エンゼルスに所属。

経歴[編集]

オクラホマ大学出身。大学1年時はクローザーだったが、2年目から先発に転向。2009年MLBドラフト1巡目追補(全体42位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名され、プロ入り。契約金は80万2800ドルだった[2]

2011年8月10日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビューを果たした[3]

2012年6月5日にAAA級ソルトレイク・ビーズから昇格し、その日のシアトル・マリナーズ戦でメジャー初勝利を挙げた[4]

2013年の後半から先発ローテーション入りすると、2014年は13勝・防御率2.61の好成績を挙げるなどブレークした。しかし、8月20日ボストン・レッドソックス戦で一塁ベースカバーに入った際に左膝を負傷して靭帯を断裂し、全治6〜9ヶ月かかる見込みで残りのシーズンを棒に振ることとなった[5]。この故障の為、26試合の先発登板に留まったが、規定投球回にはぎりぎり達した。特筆すべきは、打たれた本塁打は僅かに5本だけであり、被本塁打率0.27はア・リーグ1位だった。

2015年はフルシーズン先発ローテーションで投げ、エース格として好投。チームで唯一、200.0イニングと2ケタ勝利を超える数字を残した。防御率3.65・15勝12敗・176奪三振という成績をマークし、他部門では17暴投を記録して、これは2年連続リーグ最多だった。

2016年5月1日まで6試合に先発して1勝3敗・防御率2.34の成績を残していたが、右ひじ痛のため5月6日に15日間の故障者リスト入りした。さらに5月10日には右肘内側側副靱帯の損傷が確認され、60日間の故障者リストに異動した。トミー・ジョン手術を受ける可能性が取り沙汰されたが、手術は回避することになった[6]。その後は幹細胞療法による治療を続けたが、7月29日に残りシーズンを全休し、治療と休養にあてることが発表された[7]。翌2017年も完全復活とはならず、6試合の登板に終わった。

投球スタイル[編集]

平均球速153km/hの3種類の速球フォーシームツーシームカットボール)と、140km/h台のスライダーチェンジアップ、さらに130km/h台のカーブを持ち球とする。基本球種をフォーシームとした速球3種が投球全体の約60%以上を占め、。変化球ではスライダーが約25~30%で、残りがカーブ、チェンジアップの順に多い。ツーシームとカーブは2012年から投げ始めており、これによって投球の幅を広げた[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 LAA 7 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 62 14.0 16 4 7 0 0 9 2 0 11 9 5.79 1.64
2012 30 9 0 0 0 4 3 1 5 .571 318 71.0 77 7 34 1 3 47 2 0 46 37 4.69 1.56
2013 47 17 1 0 0 7 8 1 5 .467 620 145.0 151 12 44 4 1 101 11 0 73 67 4.16 1.34
2014 26 26 1 1 0 13 4 0 0 .765 678 168.2 124 5 51 1 7 164 22 1 51 49 2.61 1.04
2015 32 32 1 1 0 15 12 0 0 .556 865 207.1 181 20 76 2 5 176 17 0 94 84 3.65 1.24
2016 6 6 0 0 0 1 3 0 0 .250 148 34.2 31 2 15 1 1 34 3 0 16 9 2.34 1.33
2017 6 6 0 0 0 0 2 0 0 .000 108 27.2 18 1 7 0 0 27 2 0 8 7 2.28 0.90
通算:7年 154 99 3 2 0 40 34 2 10 .541 2799 668.1 598 51 234 9 17 558 59 1 299 262 3.53 1.25
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 43 (2011年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Garrett Richards Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年5月14日閲覧。
  2. ^ Garrett Richards Stats, Bio, Photos, Highlights MiLB.com
  3. ^ August 10, 2011 Los Angeles Angels of Anaheim at New York Yankees Box Score and Play by Play Baseball-Reference.com
  4. ^ Seattle Mariners vs. Los Angeles Angels - Recap - June 05, 2012 ESPN
  5. ^ Angels ace Garrett Richards suffers knee injury against Red Sox”. Los Angeles Times. 2014年9月21日閲覧。
  6. ^ Jeff Todd (2016年5月16日). “Garrett Richards Will Not Undergo Tommy John Surgery”. MLB Trade Rumors.com. 2016年5月17日閲覧。
  7. ^ エンゼルス、エース右腕G.リチャーズが右ひじ故障で今季絶望”. iSM. Yahoo!JAPAN (2016年7月30日). 2016年8月1日閲覧。
  8. ^ Garrett Richards Pitch Data”. The Baseball Cube. 2016年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]