バート・フートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バート・フートン
Burt Hooton
BurtHooton.jpg
レンジャーズでの現役時代(1985年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ハント郡グリーンビル英語版
生年月日 (1950-02-07) 1950年2月7日(69歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 6月MLB二次ドラフト1巡目(全体2位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 1971年6月17日
最終出場 1985年9月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

バート・カールトン・フートンBurt Carlton Hooton, 1950年2月7日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ハント郡グリーンビル英語版出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者。右投右打。愛称はハッピーHappy[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1968年MLBドラフト5巡目(全体85位)でニューヨーク・メッツから指名されたが、この時は入団せずにテキサス大学オースティン校へ進学した。大学時代は通算35勝3敗の好成績を残した[2]

現役時代[編集]

1971年6月の二次ドラフト1巡目(全体2位)でシカゴ・カブスから指名され、プロ入り。直後の6月17日セントルイス・カージナルス戦でメジャーデビュー。

独特のナックルカーブを操り、1972年には11勝(14敗)・防御率2.80の成績、さらに4月16日フィラデルフィア・フィリーズ戦ではノーヒットノーランを達成した。

ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した1975年は12連勝を含む18勝(ナショナルリーグ4位)、1977年には防御率2.62(リーグ2位)の成績を挙げた。また、ニューヨーク・ヤンキースと対戦した1977年のワールドシリーズでは、第6戦にヤンキースのレジー・ジャクソンが全て初球打ちの3打席連続本塁打を放ったが、最初の1本目を打たれたのはこのフートンである[3]1978年は自己最多の19勝(リーグ3位)を挙げ、1981年にはシーズン防御率2.28(リーグ3位)、リーグチャンピオンシップシリーズでは4勝・防御率0.82という大活躍で同シリーズのMVPに輝いた[2]

テキサス・レンジャーズでプレーの1985年を最後に引退した。15年間通算で151勝を挙げた。

引退後[編集]

引退後は母校・テキサス大学、ドジャース傘下のマイナー、ヒューストン・アストロズサンディエゴ・パドレス傘下のマイナーで投手コーチを務めた。

詳細情報[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 44(1971年 - 1975年途中、2008年)
  • 46(1975年途中 - 1985年)
  • 48(2001年 - 2004年)

脚注[編集]

  1. ^ 由来は、顔が常に笑っているように見えたことからトミー・ラソーダがそう命名したという説と、気難しい性格を逆説的にとったという2説がある
  2. ^ a b 出野哲也『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』言視舎、2013年、468頁。ISBN 978-4-905369-67-7
  3. ^ 「[10月の神話] レジー・ジャクソン「ミスター・オクトーバー」の伝説。」『スポーツ伝説シリーズ22 メジャーリーグ「ワールドシリーズ伝説」』 ベースボール・マガジン社 64頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]