1981年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1981年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ロサンゼルス・ドジャースNL 4
ニューヨーク・ヤンキースAL 2
シリーズ情報
試合日程 10月20日 - 10月28日
MVP ロン・セイ(LAD)
ペドロ・ゲレーロ(LAD)
スティーブ・イェーガー(LAD)
ALCS NYY 3-0 OAK
NLCS LAD 3-2 MON
のちの殿堂表彰者 トミー・ラソーダ(LAD/監督)
リッチ・ゴセージ(NYY)
レジー・ジャクソン(NYY)
デーブ・ウィンフィールド(NYY)
チーム情報
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
監督 トミー・ラソーダ
シーズン成績 36勝21敗(前期/1位)
27勝26敗(後期/4位)
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ボブ・レモン
シーズン成績 34勝22敗(前期/1位)
25勝26敗(後期/6位)
ワールドシリーズ
 < 1980 1982 > 

1981年のワールドシリーズは、1981年10月20日から10月28日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第78回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは西地区前期優勝のオークランド・アスレチックスを破り3年ぶり出場のニューヨーク・ヤンキースと、ナショナルリーグは東地区後期優勝のモントリオール・エクスポズを破り同じく3年ぶり出場のロサンゼルス・ドジャースとの対戦となった。結果は4勝2敗でロサンゼルス・ドジャースが16年ぶり5回目の優勝。

MVPロン・セイペドロ・ゲレーロスティーブ・イェーガーの3人が同時選出。ワールドシリーズMVPを複数人が同時受賞したのは2001年とこの年だけである。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月20日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 0 0 0 0 1 0 0 2 0 3 5 0
ヤンキース 3 0 1 1 0 0 0 0 X 5 6 0
  1. : ロン・ギドリー (1-0)  : ジェリー・ロイス (0-1)  S: リッチ・ゴセージ (1)  
  2. :  LAD – スティーブ・イェーガー1号ソロ(5回ギドリー)  NYY – ボブ・ワトソン1号3ラン(1回ロイス)
  3. 観客動員数: 56,470人 試合時間: 2時間32分
ヤンキースは初回、ロイスの立ち上がりを攻め2死2、3塁から5番ワトソンが右中間に3ランを放ち先制、さらに3回には2死2塁から、怪我のジャクソンに代わり4番に入ったルー・ピネラが適時打を放ちロイスをKO。ロイスをリリーフしたボビー・カスティーヨは制球が定まらず、続く4回には3四球で2死満塁とすると、3番デーブ・ウィンフィールドにも四球を与え押し出しで5-0。ドジャースは直後の5回にイェーガーのソロで1点を返すと、8回表にはこの回から登板のセットアッパー、ロン・デービスが2四球の乱調で無死1、2塁となり、代わった抑えのゴセージから代打ジョンストンの適時打とダスティ・ベイカーの犠飛で2点差とするが反撃はここまで。ゴセージは9回を3者凡退に抑え、ヤンキースが先勝。

第2戦 10月21日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2
ヤンキース 0 0 0 0 1 0 0 2 X 3 6 1
  1. : トミー・ジョン (1-0)  : バート・フートン (0-1)  S: リッチ・ゴセージ (2)  
  2. 観客動員数: 56,505人 試合時間: 2時間29分
ジョンとフートンの投げ合いで無得点のまま迎えた5回裏、ヤンキースは2死2塁から、負傷のバッキー・デントに代わり遊撃を守るラリー・ミルボーンが左翼線に2塁打を放ち先制。そのまま1-0で迎えた8回裏、ヤンキースはこの回から登板の3番手ハウを攻め1死1、2塁とすると、代わったデーブ・スチュワートからワトソンの適時打でまず1点、さらに1死満塁と攻め立てるとウィリー・ランドルフが右翼に犠飛を放ち3点差とする。ヤンキースは8回から登板のゴセージが2イニングを抑え、ヤンキースが連勝。

第3戦 10月23日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 2 2 0 0 0 0 0 0 4 9 0
ドジャース 3 0 0 0 2 0 0 0 X 5 11 1
  1. : フェルナンド・バレンズエラ (1-0)  : ジョージ・フレイザー (0-1)  
  2. :  NYY – ワトソン2号ソロ(2回バレンズエラ)、リック・セローン1号2ラン(3回バレンズエラ)  LAD – ロン・セイ1号3ラン(1回リゲッティ
  3. 観客動員数: 56,236人 試合時間: 3時間04分
ドジャースがバレンズエラ、ヤンキースがデイブ・リゲッティと、共にこの年新人王に輝いた両左腕の先発で始まったが、リゲッティは初回に2死1、3塁からセイに左翼席に運ばれ3失点。一方のバレンズエラも直後の2回にワトソンのソロとミルボーンの適時打で2点を返されると、続く3回表にはセローンに2ランを浴び逆転を許す。1点のリードをもらったリゲッティだが立ち直れず、その裏に無死1、2塁としたところで早くも降板。ドジャースはこの好機こそ無得点に終わったが、5回裏に再び無死1、2塁とすると、この年レジー・スミスに代わり右翼の定位置を獲得したゲレーロが2塁打を放ち同点。その後無死満塁とすると、4回からイェーガーに代わりマスクをかぶるマイク・ソーシアの2ゴロ併殺打の間に3塁走者セイが生還し逆転。捕手がソーシアに代わってから立ち直ったバレンズエラは8回に無死1、2塁のピンチを招くが、ボビー・マーサーのバントが小フライとなり三塁手セイが好捕して併殺打にすると9回も3者凡退に抑え149球完投、ドジャースが初勝利。

第4戦 10月24日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 2 1 1 0 0 2 0 1 0 7 13 1
ドジャース 0 0 2 0 1 3 2 0 X 8 14 2
  1. : スティーヴ・ハウ (1-0)  : ジョージ・フレイザー (0-2)  
  2. :  NYY – ウィリー・ランドルフ1号ソロ(2回ゴルツ)、レジー・ジャクソン1号ソロ(8回ハウ)  LAD – ジェイ・ジョンストン1号2ラン(6回デービス
  3. 観客動員数: 56,242人 試合時間: 3時間32分
ドジャース先発ボブ・ウェルチは初回に先頭のランドルフに3塁打を打たれると続くミルボーンに2塁打を打たれ早くも失点、続くウィンフィールドを歩かせ、さらにこの日から復帰のジャクソンに左前打を打たれ満塁とし、1死も取れずに降板。代わったデーブ・ゴルツは1死からワトソンの犠飛で2点目を失うと、2回にはランドルフにソロ本塁打を浴び、さらに続く3回表にもセローンに適時打を打たれ0-4。4点を追うドジャースはその裏、ヤンキース先発リック・ラッシェルからデイビー・ロープスの適時打とセイの遊ゴロで2点を返すと、5回にもヤンキース2番手ルディ・メイからセイが適時打を放ち1点差。ヤンキースは直後の6回表にドジャース4番手トム・ニーデンフューアーからオスカー・ギャンブルとワトソンの連続適時打で再び3点差とするが、その裏ドジャースは制球難のデービスからソーシアがストレートの四球で出塁すると続く代打ジョンストンが右中間に2ランを放ち1点差。さらにロープスの右翼への打球をジャクソンが落球、2塁に進んだロープスは続くビル・ラッセルの打席で3盗を決めると、ラッセルの左前打で生還し同点。勢いにのるドジャースは続く7回、連投のフレイザーを攻め無死満塁。ここでヤンキースは第2戦の勝利投手ジョンを中2日でリリーフに送るが、ソーシアの代打イェーガーが犠飛を放ちついに勝ち越し、さらにハウが送って2、3塁からロープスの3塁内野安打で2点差。逆転を許したヤンキースは8回、7回から登板のハウからジャクソンがソロを放ち1点差とすると、9回にもセローンの中前打と1塁手スティーブ・ガービーの失策で2死1、2塁と反撃するが、ハウはランドルフを中飛に打ち取り逃げ切り、3時間32分の激闘を制したドジャースが2勝2敗のタイに持ち込んだ。

第5戦 10月25日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0
ドジャース 0 0 0 0 0 0 2 0 X 2 4 3
  1. : ジェリー・ロイス (1-1)  : ロン・ギドリー (1-1)  
  2. :  LAD – ペドロ・ゲレーロ1号ソロ(7回ギドリー)、イェーガー2号ソロ(7回ギドリー)
  3. 観客動員数: 56,115人 試合時間: 2時間19分
ヤンキースは2回、ジャクソンの2塁打と2塁手ロープスの失策で無死1、3塁からピネラが三遊間を破る適時打で先制。このままロイスとギドリーの投げ合いが続き、1-0のまま7回裏へ。ドジャースは1死からゲレーロの左翼へのソロで同点とすると、続くイェーガーも同じく左翼に連続アーチを放ち逆転。リードを貰ったロイスは9回、1死から同点の走者を出すも最後はアウレリオ・ロドリゲスを空振り三振に打ち取り完投、ドジャースが3日続けて逆転で1点差試合をものにし王手をかけた。

第6戦 10月28日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 0 0 0 1 3 4 0 1 0 9 13 1
ヤンキース 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2 7 2
  1. : バート・フートン (1-1)  : ジョージ・フレイザー (0-3)  S: スティーヴ・ハウ (1)  
  2. :  LAD – ゲレーロ2号ソロ(8回メイ)  NYY – ランドルフ2号ソロ(3回フートン)
  3. 観客動員数: 56,513人 試合時間: 3時間09分
連勝スタートも3連敗で後がなくなったヤンキースは3回にランドルフのソロで先制するが、ドジャースは直後の4回、中3日で先発のジョンを攻め2死1、2塁からイェーガーの適時打ですぐに追いつく。続く5回、ヤンキースはジョンに代打を送ったため、過去2回ともリリーフ失敗のフレイザーを2番手としてマウンドに送るが、ドジャースは2死2塁からセイの中前打で勝ち越すと、なおも1、3塁からゲレーロが左中間に3塁打を放ち2点追加。6回表、ヤンキース3番手のデービスは相変わらずの制球難で四球で走者2人を出すとラッセルの左前打でまず1点。なおも代わったラッシェルを攻め1死満塁とすると、セイの代打デレル・トーマスの3ゴロの間に1点を加え、さらに怪我のため第2戦以来の出場となった三塁手グレイグ・ネトルズの失策で再び満塁となり、続くゲレーロの中前打で2人が生還し8-1。ゲレーロは8回にも、この日5打点目となるソロを放ち、ヤンキースの息の根を止めた。ドジャースは先発フートンを6回途中からリリーフしたハウが9回も登板、最後はワトソンを中飛に打ち取りゲームセット。監督就任5年目のラソーダは3度目の挑戦で念願の初のシリーズ優勝監督となった。

参考文献[編集]