ウィリー・ランドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・ランドルフ
Willie Randolph
1willie randolph.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 サウスカロライナ州ホーリーヒル
生年月日 1954年7月6日(59歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1972年 ドラフト7巡目でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 1975年7月29日
最終出場 1992年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ニューヨーク・ヤンキース(1994 - 2004)
  • ニューヨーク・メッツ(2005 - 2008)
  • ミルウォーキー・ブルワーズ(2009 - 2010)
  • ボルチモア・オリオールズ(2011)

ウィリー・ランドルフWillie Larry Randolph , 1954年7月6日 - )は、元MLBの選手。ポジションは内野手二塁手)。右投右打。アメリカ合衆国サウスカロライナ州ホーリーヒル出身。

人物・来歴[編集]

現役時代[編集]

1972年ドラフト会議ピッツバーグ・パイレーツから7巡目に指名され、入団。

マイナーでのプレイを経て1975年7月29日にメジャー初出場。

その年12月にケン・ブレット殿堂入りしたジョージ・ブレットの兄)ら2選手との交換でニューヨーク・ヤンキースに移籍。 ヤンキースでは移籍後すぐにレギュラーを獲得し、1976年から1988年まで13シーズンを過ごすことになる。 ゴールドグラブ賞の獲得こそなかったが、名手として知られ、ルー・ウィテカーデトロイト・タイガース)、フランク・ホワイトカンザスシティ・ロイヤルズ)らとともにア・リーグを代表する二塁手として活躍し、オールスターにも通算6回出場。

1977年1978年の2年連続ワールドシリーズ制覇にも貢献した。1980年には打率.294、7本塁打のほか、リーグ1位の119四球、同2位の出塁率.427、同8位の30盗塁、同9位の99得点の活躍でシルバースラッガー賞を獲得。

1986年にはロン・ギドリーと共にチームのキャプテンに就任。

1987年の1三振あたりの打数18.0はリーグ最少であった。

1988年オフにFAロサンゼルス・ドジャースに移籍[1]

移籍初年度の1989年にもオールスターに出場。

1990年途中にオークランド・アスレチックスに移籍し、ワールドシリーズ出場を果たすが、シンシナティ・レッズに1勝もできずに敗れる。

1991年ミルウォーキー・ブルワーズでプレー。

1992年ニューヨーク・メッツでプレイし、1992年限りで現役を引退。

引退後[編集]

前述のようにキャプテンを務めるなどの功績を踏まえ、ヤンキース時代の背番号「30」は準永久欠番となっていた時期があった。[2] 現役引退後はヤンキースで11シーズンにわたってコーチをつとめ、4回のワールドシリーズ制覇にも貢献。

2004年オフに、メッツは当初ウォーリー・バックマンを監督に据えようとしたが、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとの争奪戦に敗れた[3]こともあり、ランドルフが監督就任要請を受け、契約した。メッツの歴代監督のうち、メッツでの選手経験があるのはランドルフが7人目である。[4]

2006年には97勝65敗で18年ぶりの地区優勝を成し遂げる。リーグチャンピオンシップシリーズセントルイス・カージナルスに敗れ、チーム6年ぶりのワールドシリーズ進出はならなかった。

2007年1月24日に3年間の契約延長を結ぶ。2007年は序盤戦から絶好調。5月31日の時点で34勝18敗(勝率.654)の独走ぶりで、2年連続の地区優勝は確実かと思われたが、終盤戦で失速し、地区優勝はフィリーズに、ワイルドカードロッキーズ[5]に逆転を許し、プレイオフ進出を逃した。特に最後の17試合で11敗を喫し、「残り17試合で7ゲーム差がありながら逆転を許したメジャー史上最初のチーム」という不名誉な記録を残すこととなった。

大型補強をして臨んだ2008年も開幕から不振が続き、6月17日、開幕から34勝35敗、首位フィリーズから6.5ゲーム差という時点で解任され、ベンチコーチのジェリー・マニエルが監督代行となった。

2013年第3回WBCアメリカ代表で3塁ベンチコーチを務める。

タイトル・表彰[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1975 PIT 30 70 61 9 10 1 0 0 11 3 1 0 1 1 7 1 0 6 3 .164 .246 .180 .426
1976 NYY 125 500 430 59 115 15 4 1 141 40 37 12 6 3 58 5 3 39 10 .267 .356 .328 .684
1977 147 624 551 91 151 28 11 4 213 40 13 6 2 6 64 1 1 53 11 .274 .347 .387 .734
1978 134 596 499 87 139 18 6 3 178 42 36 7 6 5 82 1 4 51 12 .279 .381 .357 .738
1979 153 682 574 98 155 15 13 5 211 61 33 12 5 5 95 5 3 39 23 .270 .374 .368 .742
1980 138 642 513 99 151 23 7 7 209 46 30 5 5 3 119 4 2 45 6 .294 .427 .407 .834
1981 93 422 357 59 83 14 3 2 109 24 14 5 5 3 57 0 0 24 10 .232 .336 .305 .641
1982 144 643 553 85 155 21 4 3 193 36 16 9 10 2 75 3 3 35 13 .280 .368 .349 .717
1983 104 477 420 73 117 21 1 2 146 38 12 4 3 0 53 0 1 32 11 .279 .361 .348 .709
1984 142 664 564 86 162 24 2 2 196 31 10 6 7 7 86 4 0 42 15 .287 .377 .348 .725
1985 143 597 497 75 137 21 2 5 177 40 16 9 5 6 85 3 4 39 24 .276 .382 .356 .738
1986 141 601 492 76 136 15 2 5 170 50 15 2 8 4 94 0 3 49 11 .276 .393 .346 .739
1987 120 543 449 96 137 24 2 7 186 67 11 1 5 5 82 1 2 25 15 .305 .411 .414 .825
1988 110 474 404 43 93 20 1 2 121 34 8 4 8 5 55 2 2 39 10 .230 .322 .300 .622
1989 LAD 145 633 549 62 155 18 0 2 179 36 7 6 4 5 71 2 4 51 10 .282 .366 .326 .692
1990 26 113 96 15 26 4 0 1 33 9 1 0 3 0 13 0 1 9 3 .271 .364 .344 .708
OAK 93 333 292 37 75 9 3 1 93 21 6 1 7 1 32 1 1 25 11 .257 .331 .318 .649
'90計 119 446 388 52 101 13 3 2 126 30 7 1 10 1 45 1 2 34 14 .260 .339 .325 .664
1991 MIL 124 512 431 60 141 14 3 0 161 54 4 2 3 3 75 3 0 38 14 .327 .424 .374 .798
1992 NYM 90 336 286 29 72 11 1 2 91 15 1 3 6 0 40 1 4 34 6 .252 .352 .318 .670
通算:18年 2202 9462 8018 1239 2210 316 65 54 2818 687 271 94 99 64 1243 37 38 675 218 .276 .373 .351 .724
  • 各年度の太字はリーグ最高

監督としてのチーム成績[編集]

年度 チーム 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考
2005年 NYM NL EAST 51 162 83 79 .512 3 / 5  
2006年 NYM NL EAST 52 162 97 65 .599 1 / 5 チャンピオンシップシリーズ敗退
2007年 NYM NL EAST 53 162 88 74 .543 2 / 5  
2008年 NYM NL EAST 54 69 34 35 .543 6月17日解任
通算 4年     555 302 252 .545    

※解任の時点で5球団中4位。

脚注[編集]

  1. ^ ヤンキースがドジャースの二塁手スティーブ・サックスをFAで獲得したため、入れ替わるような形となった。
  2. ^ 2012年現在はデビッド・ロバートソンが着用。
  3. ^ バックマンはダイヤモンドバックス監督就任5日目に破産等の問題で解任された。メッツがこれを読んでバックマンとの契約を回避したという説もある。
  4. ^ 前の6人はギル・ホッジスヨギ・ベラジョー・トーリバド・ハーレルソンダラス・グリーンボビー・バレンタイン
  5. ^ ロッキーズと同率でプレイオフの末ロッキーズに敗れたパドレスもメッツより1ゲーム上であった。

外部リンク[編集]