バック・ショーウォルター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バック・ショーウォルター
Buck Showalter
Buck Showalter in 2017 (36660713620).jpg
オリオールズでの監督時代(2017年9月5日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ウォルトン郡デファニアクスプリングス英語版
生年月日 (1956-05-23) 1956年5月23日(62歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1977年 MLBドラフト5巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ウィリアム・ナサニエル・ショーウォルター3世William Nathaniel "Buck" Showalter III, 1956年5月23日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ウォルトン郡デファニアクスプリングス英語版出身の元プロ野球選手一塁手外野手)、監督。左投左打。

経歴[編集]

1977年MLBドラフト5巡目(全体127位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され入団。1983年までの7年間をヤンキース傘下のマイナー球団で過ごし、現役を引退。1984年フォートローダーデール・ヤンキース英語版の三塁コーチを務め、1985年から1989年にかけてヤンキース傘下のマイナー球団監督として360勝207敗を記録[1]1990年から1991年にかけてヤンキースのコーチを務め、1991年10月29日にヤンキースの監督に就任した[1]

監督就任1年目の1992年は76勝86敗で負け越したが、翌1993年は88勝74敗とチームは5年ぶりに勝ち越した。1994年はシーズン途中の8月12日から232日間に及ぶ長期ストライキが行われ、ポストシーズンが行われなかった。70勝43敗、地区1位の成績でシーズンを終え、最優秀監督に選出された。1995年には、ワイルドカードで1981年以来となるプレーオフ進出を果たした。なおこの年には、後に「Core 4(コア・フォー)」と呼ばれるヤンキースの中心選手であるマリアノ・リベラアンディ・ペティットデレク・ジーターホルヘ・ポサダの4人をデビューさせている。

1995年11月に1998年からエキスパンションによりMLBに加わるアリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約[2]。1年目は65勝97敗と負け越したが、1999年には100勝62敗でプレーオフ出場を果たす。ダイヤモンドバックスの監督最後のシーズンとなった2000年は、85勝77敗で地区3位に終わった。

2002年10月11日テキサス・レンジャーズの監督に4年契約で就任[1]2004年に前年を18勝上回る89勝73敗で、2度目の最優秀監督に選出された。シーズン終了後には3年契約(4年目は球団オプション)に合意し、2009年まで契約延長した[3]

データ重視の緻密な野球を持ち味としているが、管理主義が選手から不評だった[4]。現役選手を対象にしたアンケートの「メジャー最悪の監督は誰か?」という問いに2005年は450人中13%、2006年は470人中15%の選手がショーウォルターの名を挙げた。2005年はフランク・ロビンソンとともにワーストタイ、2006年はロビンソンに次いでワースト2位だった[5][6]。2006年シーズン終了後、契約を満了する前に解任された。

その後はESPNの解説者を経て、2010年7月29日ボルチモア・オリオールズの監督に就任した[7]

2012年にチームは地区2位となり、15年ぶりの勝ち越しとポストシーズン進出を果たした。更に2014年は17年ぶりの地区優勝に導き、3度目の最優秀監督賞を受賞した[8]

2016年は地区2位タイでワイルドカードとなるも、ブルージェイズに敗れて地区シリーズ進出はならなかった。

2018年10月4日GMダン・デュケット英語版と共に辞任を表明した[9]

これまで監督を務めたチームのうちヤンキース・ダイヤモンドバックス・レンジャーズの3球団はショーウォルターの退任後、次代の監督の下でワールドシリーズに進出している。

詳細情報[編集]

年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン勝敗 年齢
1992 NYY AL 東 162 76 86 .469 4 / 7     36歳
1993 162 88 74 .543 2 / 7     37歳
1994 113 70 43 .619 1 / 5     38歳
1995 145 79 65 .549 2 / 5 ALDS敗退 2勝3敗 39歳
1998 ARI NL 西 162 65 97 .401 5 / 5     42歳
1999 162 100 62 .617 1 / 5 NLDS敗退 1勝3敗 43歳
2000 162 85 77 .525 3 / 5     44歳
2003 TEX AL 西 162 71 91 .438 4 / 4     47歳
2004 162 89 73 .549 3 / 4     48歳
2005 162 79 83 .488 3 / 4     49歳
2006 162 80 82 .494 3 / 4     50歳
2010 BAL AL 東 57 34 23 .596 5 / 5 途中就任   54歳
2011 162 69 93 .426 5 / 5     55歳
2012 162 93 69 .574 2 / 5 ALDS敗退 3勝3敗 56歳
2013 162 85 77 .525 3 / 5     57歳
2014 162 96 66 .593 1 / 5 ALCS敗退 3勝4敗 58歳
2015 162 81 81 .500 3 / 5     59歳
2016 162 89 73 .549 2 / 5 WC敗退 0勝1敗 60歳
2017 162 75 87 .463 5 / 5     61歳
2018 162 47 115 .290 5 / 5     62歳
MLB 20年   3069 1551 1517 .506     9勝14敗

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 48(1990年 - 1991年途中)
  • 11(1991年途中 - 1995年、1998年 - 2000年、2003年 - 2006年)
  • 26(2010年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Showalter Signs Four-Year Contract As Manager” (英語). MLB.com (2002年10月11日). 2010年9月5日閲覧。
  2. ^ Associated Press (1995年11月11日). “Diamondbacks Want Showalter -- Ex-Yankee Manager Reportedly Will Sign Seven-Year Contract” (英語). The Seattle Times. 2010年9月5日閲覧。
  3. ^ Jesse Sanchez (2005年1月21日). “Rangers lock up Hart, Showalter” (英語). MLB.com. 2010年9月5日閲覧。
  4. ^ 小林信行 「MLB30チーム最新レポート&全選手個人成績 テキサス・レンジャーズ/TEX アリーグ最悪の監督!?」 『月刊スラッガー』2006年11月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-11、78頁。
  5. ^ Si Players Poll: Best and worst manager?” (英語). Sports Illustrated (2005年6月15日). 2010年9月5日閲覧。
  6. ^ SI Players Poll - Tuesday August 22, 2006” (英語). Sports Illustrated (2006年8月22日). 2010年9月5日閲覧。
  7. ^ Orioles name Buck Showalter Manager” (英語). MLB.com (2010年7月29日). 2010年9月5日閲覧。
  8. ^ ショーウォルター監督3度目最優秀監督賞”. 日刊スポーツ (2014年11月13日). 2014年11月13日閲覧。
  9. ^ Manager Buck Showalter, GM Dan Duquette out after Orioles' 115-loss season” (英語). ESPN (2018年10月4日). 2019年1月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]