バッキー・ハリス (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バッキー・ハリス
Bucky Harris
Bucky Harris dugout.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州オレンジ郡
生年月日 1896年11月8日
没年月日 1977年11月8日(満81歳没)
身長
体重
5' 9.5" =約176.5 cm
156 lb =約70.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1919年
初出場 1919年8月28日
最終出場 1931年6月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1975年
選出方法 ベテランズ委員会選出

バッキー・ハリスStanley Raymond "Bucky" Harris , 1896年11月8日 - 1977年11月8日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州オレンジ郡ポート・ジャービス生まれのメジャーリーグ選手(内野手)・監督

1920年代に主に二塁手として活躍し、選手兼任を含めメジャーリーグの監督を29シーズン務め、2度のワールドシリーズ制覇を含めアメリカンリーグを通算3度制覇した。1975年に監督としてアメリカ野球殿堂入りを果たしている。

経歴・人物[編集]

選手時代[編集]

1919年にインターナショナルリーグのバッファローからワシントン・セネタース(現:ミネソタ・ツインズ)に入団、同年メジャーにデビューする。入団2年目の1920年からセネタースの正二塁手として守備の才能を発揮、1922年から1925年の4年間連続でシーズン100以上の併殺を取るなどの活躍をする。打撃面では目だった活躍はしていないが、1920年から1922年の死球数がリーグ最多、1924年・1925年・1927年にはリーグ最多の犠打数を記録している。1924年には既にセネターズの兼任監督となっていたが、1928年までは選手としても100試合前後出場していた。1929年にタイガースに移籍した後も年に何試合か出場していたが、この頃にはほぼ監督に専念するようになっていた。

監督時代〜引退後[編集]

ハリスは1924年に若くしてセネターズの監督を兼任したが、その年には早くもリーグ優勝を成し遂げ、同年のワールドシリーズも制覇する。翌1925年にはリーグ2連覇を成し遂げ、創設以来長く低迷が続いていたセネタースを強豪チームに押し上げた。

その後、デトロイト・タイガースボストン・レッドソックスの監督を歴任するも、チームはなかなか優勝争いに加わることができなかった。後にハリスが2度目のワールドシリーズ出場を果たすのは1947年のことで、この時はニューヨーク・ヤンキースをシリーズ制覇に導き、年間最優秀監督賞を受賞している。1956年を最後に監督を引退。通算で29シーズンの監督時代で、通算の勝利数は2158勝に及んだ。

監督引退後は1959年から1960年までレッドソックスのゼネラルマネージャーを務めた。その後はシカゴ・ホワイトソックススカウトワシントン・セネタースの特別補佐を歴任した。

1975年アメリカ野球殿堂入り。2年後の1977年、81歳の誕生日にメリーランド州で死去。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1919 WHS2 8 31 28 0 6 2 0 0 8 4 0 -- 1 -- 1 -- 1 3 -- .214 .267 .286 .552
1920 136 592 506 76 152 26 6 1 193 68 16 17 24 -- 41 -- 21 36 -- .300 .377 .381 .758
1921 154 683 584 82 169 22 8 0 207 54 29 9 27 -- 54 -- 18 39 -- .289 .367 .354 .722
1922 154 685 602 95 162 24 8 2 208 40 25 11 17 -- 52 -- 14 38 -- .269 .341 .346 .687
1923 145 620 532 60 150 21 13 2 203 70 23 16 25 -- 50 -- 13 29 -- .282 .358 .382 .740
1924 143 653 544 88 146 28 9 1 195 58 20 10 46 -- 56 -- 7 41 -- .268 .344 .358 .703
1925 144 665 551 91 158 30 3 1 197 66 14 12 41 -- 64 -- 9 21 -- .287 .370 .358 .728
1926 141 631 537 94 152 39 9 1 212 63 16 11 27 -- 58 -- 9 41 -- .283 .363 .395 .767
1927 128 576 475 98 127 20 3 1 156 55 18 3 30 -- 66 -- 5 33 -- .267 .363 .328 .691
1928 99 397 358 34 73 11 5 0 94 28 5 2 10 -- 27 -- 2 26 -- .204 .264 .263 .526
1929 DET 7 14 11 3 1 0 0 0 1 0 1 0 1 -- 2 -- 0 2 -- .091 .231 .091 .322
1931 4 9 8 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 -- 1 -- 0 1 -- .125 .222 .250 .472
通算:12年 1263 5556 4736 722 1297 224 64 9 1676 506 167 91 249 -- 472 -- 99 310 -- .274 .352 .354 .706
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • ワールドシリーズ出場:2回 (1924年、1925年)
  • 刺殺数(二塁手)リーグ最多:1922年、1923年、1926年、1927年
  • 併殺数(二塁手)リーグ最多:1921年- 1925年

年度別監督成績[編集]

年度 球団 リーグ 順位 試合 勝利 敗戦 勝率
1924 WS1 AL 1位 156 92 62 .597
1925 1位 152 96 55 .636
1926 4位 152 81 69 .540
1927 3位 157 85 69 .552
1928 4位 155 75 79 .487
1929 DET 6位 155 70 84 .455
1930 5位 154 75 79 .487
1931 7位 154 61 93 .396
1932 5位 153 76 75 .503
1933 5位 153 73 79 .480
1934 BOS 4位 153 76 76 .500
1935 WS1 6位 154 67 86 .438
1936 4位 153 82 71 .536
1937 6位 158 73 80 .477
1938 5位 152 75 76 .497
1939 6位 153 65 87 .428
1940 7位 154 64 90 .416
1941 6位 156 70 84 .455
1942 7位 151 62 89 .411
1943 PHI NL 7位 94 39 53 .424
1947 NY AL 1位 155 97 57 .630
1948 3位 154 94 60 .610
1950 WS1 5位 155 67 87 .435
1951 7位 154 62 92 .403
1952 5位 157 78 76 .506
1953 5位 152 76 76 .500
1954 6位 155 66 88 .429
1955 DET 5位 154 79 75 .513
1956 5位 155 82 72 .532
通算:29年 4410 2158 2219 .493
  • 順位の太字はワールドシリーズ制覇

外部リンク[編集]