ジーン・マイケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジーン・マイケル
Gene Michael
Gene Michael 2014.jpg
ジーン・マイケル(2014年撮影)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州ケント
生年月日 (1938-06-02) 1938年6月2日
没年月日 (2017-09-07) 2017年9月7日(79歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
183 lb =約83 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 1959年 アマチュアFAでパイレーツに入団
初出場 1966年6月15日
最終出場 1975年9月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ユージーン・リチャード・マイケルEugene Richard Michael, 1938年6月2日 - 2017年9月7日)はMLBの元野球選手、監督。アメリカ合衆国オハイオ州ケント出身。ニックネームは"Stick"(スティック)。現役時代は隠し玉の名手と知られ、5度記録している。

経歴[編集]

現役時代[編集]

高校卒業後に進学したケント州立大学では、野球の他にバスケットボールもプレーしていた。

1959年ピッツバーグ・パイレーツに入団。Cクラスのグランドフォークス・チーフスでプレー。

1960年はチーフスでプレー後、Aクラスのサバンナ・パイレーツに昇格。

1961年はDクラスのホブス・パイレーツに降格。

1962年から1963年はBクラスのキンストン・イーグルスでプレー(1963年はチームがAクラスに昇格)。

1964年から1966年までAAA級のコロンバス・ジェッツでプレー。1966年6月15日シカゴ・カブス戦で代走として出場しメジャーデビューを果たした。

1966年12月1日モーリー・ウィルスとのトレードでボブ・ベイリーと共にロサンゼルス・ドジャースに移籍。

1967年11月30日ニューヨーク・ヤンキースに移籍。

1975年1月21日、ヤンキースを放出され、2月1日デトロイト・タイガースに入団。10月22日、タイガースを解雇される。

1976年2月15日ボストン・レッドソックスに入団するも、プレーすることなく5月4日に放出され、現役を引退した。

引退後[編集]

現役引退後は古巣・ヤンキースでコーチに就任。

1980年からヤンキースのGMに就任。

1981年には監督に就任したがシーズン途中で解任。後任にボブ・レモンが就任した。同年に起こった50日間に及ぶストライキの影響でGMを辞任した。

1982年、ボブ・レモンが開幕14試合目で解任され、後任として監督に就任。オフに辞任した。

1986年のシーズン途中にシカゴ・カブスの監督に就任。

1987年のシーズン途中に監督を辞任。

1990年、ヤンキースのGMに復帰。他球団のスター選手を買い占める方針からファームで選手を育てる方針に変更。就任中にマリアノ・リベラアンディ・ペティットデレク・ジータージョージ・ポサダなど後にヤンキースのスターとなる選手を獲得した。その結果、1994年はリーグ史上最高成績の成績を収め、ヤンキースの黄金時代を再び創り上げた。

1995年オフ、ストライキの影響でGMを解任され、スカウトに異動。

2003年、シニア・アドバイザーに就任した。

2017年9月7日心臓発作のためフロリダ州の自宅で死去[1]。79歳没。

脚注[編集]