ロジャー・ペキンポー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロジャー・ペキンポー
Roger Peckinpaugh
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ウースター
生年月日 1891年2月5日
没年月日 1977年11月17日(満86歳没)
身長
体重
5' 10.5" =約179.1 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
初出場 1910年9月15日
最終出場 1927年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロジャー・ペキンポー(Roger Thorpe Peckinpaugh、 1891年2月5日 - 1977年11月17日)は、1910~1920年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。主なポジションは遊撃手オハイオ州ウースター生まれ。右投げ右打ち。1925年のアメリカンリーグ最優秀選手で、ヤンキースでは長くキャプテンを務めた。

来歴・人物[編集]

1910年にクリーブランド・ナップスに入団し、主に守備要員として試合に出ていた。1912年には70試合に出場したが、翌年は殆ど試合に出る機会がなく、同年5月にニューヨーク・ヤンキースにトレードに出された。

ヤンキースでは1914年からレギュラーの遊撃手となり、この年からヤンキースのキャプテンを任される。この年に500補殺を記録するなど主に守備の面で活躍し、同年9月以降は監督も兼任した。ヤンキース在籍中の1921年までの間に、ペキンポーは遊撃手としての補殺数でリーグ最多を3度、また併殺数リーグ最多を2度記録している。打つ方では目だった活躍はなかったが、1919年に自身唯一の打率3割(.305)を記録した。

1921年、ペキンポーは一度レッドソックスにトレードに出され、その後レッドソックス、セネタース、アスレチックスの間の三角トレードでワシントン・セネタースに移籍し、ヤンキースのキャプテンはペキンポーからベーブ・ルースが受け継ぐことになる。セネタースでは1923年に510補殺と105の併殺(いずれもリーグ最多)、また打つ方では40もの犠打を記録するなどチームを引っ張り、翌1924年のセネタース初のリーグ優勝とワールドシリーズ制覇に貢献する。

1925年にはセネタースをリーグ2連覇に導き、ペキンポーはこの年の最優秀選手に選ばれた。しかし2連覇をかけた1925年のワールドシリーズでは、7戦で計8つものエラーをしてしまったことが響き、セネタースはパイレーツの前に敗退した。

ペキンポーは1927年まで選手を続け、引退後はインディアンズの監督に就任した。監督を退いた後は、インディアンズのゼネラルマネージャー及び球団代表を務めた。1977年にクリーブランドで死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
2012 7233 1876 256 75 48 1006 739 207 609* 814 22 314 .259 .336 .335

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 備考
1914年 NYY AL 20 10 10 .500 6位 9月15日~、選手兼任
1928年 CLE 155 62 92 .403 7位
1929年 152 81 71 .533 3位
1930年 154 81 73 .526 4位
1931年 155 78 76 .506 4位
1932年 153 87 65 .572 4位
1933年 51 26 25 .510 4位 開幕~6月8日
1941年 155 76 79 .487 4位
通算 995 500 491 .505

出典・外部リンク[編集]