クラーク・グリフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラーク・グリフィス
Clark Griffith
px
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州クリアクリーク
生年月日 1869年11月20日
没年月日 1955年10月27日(満85歳没)
身長
体重
5' 6.5" =約168.9 cm
156 lb =約70.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1891年4月11日
最終出場 1914年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1946年
選出方法 ベテランズ委員会選出

クラーク・グリフィス(Clark Calvin Griffith、1869年11月20日 - 1955年10月27日)は、1890~1920年代に活躍したアメリカメジャーリーグの選手、および監督。後にワシントン・セネターズの球団所有者となった。選手時代の主なポジションは投手ミズーリ州クリアクリーク生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"The Old Fox"(オールド・フォックス)。選手、監督、オーナーとして、それぞれ輝かしい実績を残した人物である。

経歴・人物[編集]

選手時代[編集]

1891年にアメリカン・アソシエーションのセントルイス・ブラウンズ(現在のカージナルス)から投手としてメジャーリーグにデビューする。11勝8敗とまずまずの成績だったが、ブラウンズはグリフィスを放出、同年ボストン・レッズに移籍する。1893年からシカゴ・コルツ(現在のカブス)に所属し先発投手として定着、1894年から1899年まで6年連続で20勝を挙げる活躍をする。特に1898年には38試合に登板して24勝10敗、防御率1.88という好投を見せ、この年の最優秀防御率投手となった。

1901年にアメリカンリーグが創設されると、グリフィスは同じシカゴのホワイトソックスに移籍、この年監督兼任ながら24勝7敗の活躍をし、チームをリーグ制覇へ導く。1903年にはニューヨーク・ハイランダース(現在のヤンキース)で14勝11敗、防御率2.70の成績を残した。1905年、1906年は先発から主にリリーフをするようになっていたが、出場機会は徐々に減り、監督業に専念するようになる。現役選手は実働で21年勤め、通算で237勝を挙げている。

監督時代[編集]

グリフィスはアメリカンリーグに参加した1901年、シカゴ・ホワイトソックスの選手兼任監督として、自らも20勝以上挙げる活躍をしチームをリーグ制覇に導いている。その後ニューヨーク・ハイランダース時代にはチームをリーグ2位まで押し上げたことが2度あったが、なかなか優勝に手が届かなかった。シンシナティ・レッズの監督を3年勤めた後、1912年からはワシントン・セネターズ(現在のツインズ)を率いる。ここでも1912年と1913年にチームは90勝以上を挙げたもののリーグ2位に終わる。その後は補強が上手くいかず徐々に成績が低迷しセネターズは勝てなくなっていった。一計を案じたグリフィスは自らセネターズを所有することを決断、1920年シーズンに所有者となったのを期に監督を退く。チームを優勝に導いたのは結局1901年の1度きりだが、監督としても1400勝以上を挙げる実績を残した。グリフィスの功績の1つには、自身がそうしたように先発投手とリリーフ投手の分業を導入したことが挙げられる。

球団オーナーへ[編集]

1920年からグリフィスはセネターズのオーナーとなる。グリフィスはナイトゲーム嫌いのオーナーとして知られ、また特に若いプレーヤーを信頼して使うチーム運営をしていた。1924年、グリフィスは当時まだ27歳だったバッキー・ハリスを監督に迎えたが、この年ウォルター・ジョンソンらの活躍で念願のリーグ制覇を成し遂げ、翌年とあわせリーグを2連覇する。セネターズはその後ウォルター・ジョンソンの監督時代を経て、1933年に再び27歳のジョー・クローニンを監督にすえ、3度目のリーグ制覇を遂げている。しかしクローニンのセネターズ在任期間は長くなく、球団の経営難からグリフィスは1934年にクローニンをボストン・レッドソックスに放出する。これがきっかけとなって、セネターズはその後の長い低迷期を迎えることになる。

1946年にグリフィスはアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1955年にワシントンD.C.にて死去。奇しくもこの年、グリフィス率いるセネターズをモデルにしたミュージカル『くたばれ!ヤンキース』がブロードウェイで公開され大ヒットした。このミュージカルは後の1958年に映画化されている。

通算成績[編集]

投手成績[編集]























防御率
453 372 3385.2 237 22 146 6 955 3670 76 774 102 57 1246 3.31

打撃成績[編集]

  • 通算:485試合、1380打数321安打、本塁打8、打点166、打率.233

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 備考
1901年 CWS AL 137 83 53 .610 1位
1902年 138 74 60 .552 4位
1903年 NYH 136 72 62 .537 4位
1904年 155 92 59 .609 2位
1905年 152 71 78 .477 6位
1906年 155 90 61 .596 2位
1907年 152 70 78 .473 5位
1908年 57 24 32 .429 6位 開幕~6/24
1909年 CIN NL 157 77 76 .503 4位
1910年 156 75 79 .487 5位
1911年 159 70 83 .458 6位
1912年 WAS AL 154 91 61 .599 2位
1913年 155 90 64 .584 2位
1914年 158 81 73 .526 3位
1915年 155 85 68 .556 4位
1916年 159 76 77 .497 7位
1917年 157 74 79 .484 5位
1918年 130 72 56 .563 3位
1919年 142 56 84 .400 7位
1920年 153 68 84 .447 6位
通算 2917 1491 1367 .522

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]

先代:
エイモス・ルーシー
ナ・リーグ最優秀防御率
1898年
次代:
ヴィック・ウィリス