1978年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1978年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
ロサンゼルス・ドジャースNL 2
シリーズ情報
試合日程 10月10日 - 10月17日
MVP バッキー・デント(NYY)
ALCS NYY 3-1 KC
NLCS LAD 3-1 PHI
のちの殿堂表彰者 リッチ・ゴセージ(NYY)
キャットフィッシュ・ハンター(NYY)
レジー・ジャクソン(NYY)
トミー・ラソーダ(LAD/監督)
ドン・サットン(LAD)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ボブ・レモン
シーズン成績 100勝63敗
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
監督 トミー・ラソーダ
シーズン成績 95勝67敗
ワールドシリーズ
 < 1977 1979 > 

1978年のワールドシリーズは、1978年10月10日から10月17日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第75回ワールドシリーズ。アメリカンリーグ西地区の覇者カンザスシティ・ロイヤルズを破り3年連続出場のニューヨーク・ヤンキースナショナルリーグ東地区の覇者フィラデルフィア・フィリーズ破り2年連続出場のロサンゼルス・ドジャースとの前年と同カードの対戦となった。結果も前年と同じく4勝2敗でニューヨーク・ヤンキースが2年連続22回目の優勝。

MVPは打率.417、10安打、7打点の成績をあげたバッキー・デントが初選出。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 3 2 0 5 9 1
ドジャース 0 3 0 3 1 0 3 1 X 11 15 2
  1. : トミー・ジョン (1-0)  : エド・フィゲロア (0-1)  
  2. :  NYY – レジー・ジャクソン (1)  LAD – デイビー・ロープス 2 (2) ダスティ・ベイカー (1)
  3. 観客動員数: 55,997人 試合時間: 2時間48分

第2戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 2 0 0 0 1 0 0 3 11 0
ドジャース 0 0 0 1 0 3 0 0 X 4 7 0
  1. : バート・フートン (1-0)  : キャットフィッシュ・ハンター (0-1)  S: ボブ・ウェルチ (1)  
  2. :  LAD – ロン・セイ (1)
  3. 観客動員数: 55,982人 試合時間: 2時間37分

第3戦 10月13日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 8 0
ヤンキース 1 1 0 0 0 0 3 0 X 5 10 1
  1. : ロン・ギドリー (1-0)  : ドン・サットン (0-1)  
  2. :  NYY – ロイ・ホワイト (1)
  3. 観客動員数: 56,447人 試合時間: 2時間27分

第4戦 10月14日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ドジャース 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 6 1
ヤンキース 0 0 0 0 0 2 0 1 0 1 4 9 0
  1. : リッチ・ゴセージ (1-0)  : ボブ・ウェルチ (0-1)  
  2. :  LAD – レジー・スミス (1)
  3. 観客動員数: 56,445人 試合時間: 3時間17分

第5戦 10月15日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 9 3
ヤンキース 0 0 4 3 0 0 4 1 X 12 18 0
  1. : ジム・ビーティー (1-0)  : バート・フートン (1-1)  
  2. 観客動員数: 56,448人 試合時間: 2時間56分

第6戦 10月17日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 3 0 0 0 2 2 0 0 7 11 0
ドジャース 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 7 1
  1. : キャットフィッシュ・ハンター (1-1)  : ドン・サットン (0-2)  
  2. :  NYY – レジー・ジャクソン (2)  LAD – デイビー・ロープス (3)
  3. 観客動員数: 55,985人 試合時間: 2時間34分

エピソード[編集]

  • 勝ったヤンキースの監督ボブ・レモンはこのシーズンの途中にシカゴ・ホワイトソックスの監督を解任され、その後解任されたヤンキースの監督ビリー・マーチンの後任監督に就任。同じ年に監督解任とワールドシリーズ優勝を経験した、現時点で唯一の監督である。ただし、翌1979年途中に解任され、後任には再びマーチンが就任した。
  • レモンは1981年にもシーズン途中でヤンキースの監督に就任し、ワールドシリーズに進出。この時も翌1982年に解任されている。

参考文献[編集]