1978年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1978年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキース 3
カンザスシティ・ロイヤルズ 1
シリーズ情報
試合日程 10月3日 - 10月7日
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ボブ・レモン
シーズン成績 100勝63敗(東地区優勝)
カンザスシティ・ロイヤルズ(KC)
監督 ホワイティ・ハーゾグ
シーズン成績 92勝70敗(西地区優勝)

 < 1977
ALCS
1978

1979 > 

 < 1977
NLCS
1978

1979 > 
1978ワールドシリーズ

1978年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ1978 American League Championship Series, ALCS)は、1978年10月3日から10月7日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1978年の対戦は、ボストン・レッドソックスとのワンゲームプレイオフに勝利し東地区を制したニューヨーク・ヤンキースと、西地区カンザスシティ・ロイヤルズとの対戦となった。結果は、3勝1敗でニューヨーク・ヤンキースが3年連続32回目のリーグ優勝、ワールドシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月3日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 1 1 0 2 0 0 3 0 7 16 0
ロイヤルズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 2
  1. : ジム・ビーティー (1–0)  : デニス・レナード (0–1)  S: ケン・クレイ (1)  
  2. :  NYY – レジー・ジャクソン 1号3ラン(8回ラボースキー
  3. 観客動員数: 41,143人 試合時間: 2時間57分
前日のボストンから移動日なしでカンザスシティに乗り込んだヤンキースは2回に前日のヒーロー、バッキー・デントの適時打で先制、続く3回にはグレイグ・ネトルズの三塁打で2点目を入れると、5回にはクリス・チャンブリスブライアン・ドイルの適時打で4-0とする。ロイヤルズは6回に先発ビーティーをリリーフしたクレイからハル・ マクレーが犠飛を放ち1点を返すが、ヤンキースは8回にジャクソンが2日連続となる3ランを放ち試合を決めた。ヤンキースはクレイが7回以降を抑え、ヤンキースが敵地で1勝。

第2試合 10月4日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 2 2 0 4 12 1
ロイヤルズ 1 4 0 0 0 0 3 2 X 10 16 1
  1. : ラリー・グーラ (1–0)  : エド・フィゲロア (0–1)  
  2. :  KC – フレッディ・パテック1号2ラン(7回ティドロー
  3. 観客動員数: 41,158人 試合時間: 2時間42分
ロイヤルズは初回にダレル・ポーターの犠飛で先制、2回にはデントの悪送球とフランク・ホワイトの2点適時打、ポーターの適時打で5-0とする。ヤンキースは7回にデントの2点適時打で反撃するが、その裏ロイヤルズはクリント・ハードルの適時三塁打に続き、パテックに2ランが飛び出し8-2と突き放す。8回にヤンキースはチャンブリスとデント、ロイヤルズはエイモス・オーティスピート・ラコックがそれぞれ適時打を放ち、結局ロイヤルズが10-4の乱打戦を制した。

第3試合 10月6日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 1 0 1 0 1 0 0 2 0 5 10 1
ヤンキース 0 1 0 2 0 1 0 2 X 6 10 0
  1. : リッチ・ゴセージ (1–0)  : ダグ・バード (0–1)  
  2. :  KC – ジョージ・ブレット1号ソロ(1回ハンター)・2号ソロ(3回ハンター)・3号ソロ(5回ハンター)  NYY – ジャクソン2号ソロ(2回スプリットオフ)、サーマン・マンソン1号2ラン(8回バード
  3. 観客動員数: 55,445人 試合時間: 2時間13分
ロイヤルズは初回、ヤンキース先発キャットフィッシュ・ハンターからブレットが先頭打者本塁打で先制。ヤンキースは2回にジャクソンのソロで同点とするが、直後の3回にロイヤルズはブレットの2打席連続本塁打で再びリード。ヤンキースは4回にジャクソンとルー・ピネラの連続適時打で逆転するが、直後の5回表、ロイヤルズはブレットが3打席連続本塁打を放ち再び同点に。ヤンキースは6回裏にジャクソンの犠飛で勝ち越すと、7回からハンターに代わりゴセージを投入するが、8回表、ロイヤルズはポーターの適時打とアル・コーウェンスの遊ゴロで2点を入れ再逆転。しかしヤンキースはその裏、1死からロイ・ホワイトが中前打で出塁すると、続くマンソンが左翼へ逆転2ランを放ち、ヤンキースが再び1点リード。9回表、ゴセージはロイヤルズ打線を3者凡退に抑え、ヤンキースが王手。

第4試合 10月7日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 0
ヤンキース 0 1 0 0 0 1 0 0 X 2 4 0
  1. : ロン・ギドリー (1–0)  : デニス・レナード (0–2)  S: リッチ・ゴセージ (1)  
  2. :  NYY – グレイグ・ネトルズ1号ソロ(2回レナード)、ロイ・ホワイト1号ソロ(6回レナード)
  3. 観客動員数: 56,356人 試合時間: 2時間20分
ロイヤルズは初回、ヤンキース先発ギドリーの立ち上がりを攻め、3塁打のブレットをマクレーの中前打で返しわずか6球で先制。しかしヤンキースは2回、ネトルズが右翼にソロを放ち同点。その後はギドリーとレナードの投げ合いが続いたが、6回にヤンキースはホワイトが右翼にソロを放ち勝ち越し。そのまま1点差で迎えた9回、ロイヤルズは先頭のオーティズが2塁打で出塁。ここでヤンキースはギドリーからゴセージにスイッチ。ゴセージは2死を取ると、最後はラコックを左飛に打ち取り、ヤンキースが3たびロイヤルズを下し32回目のリーグ優勝を決めた。

参考文献[編集]