ダレル・ポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダレル・ポーター
Darrell Porter
Darrellporter1988.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州ジョプリン
生年月日 (1952-01-17) 1952年1月17日
没年月日 (2002-08-05) 2002年8月5日(50歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
193 lb =約87.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 1970年 MLBドラフト1巡目(全体4位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名
初出場 1971年9月2日
最終出場 1987年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダレル・レイ・ポーターDarrell Ray Porter, 1952年1月17日 - 2002年8月5日)は、アメリカ合衆国ミズーリ州ジョプリン出身の元プロ野球選手捕手)。右投左打。

経歴[編集]

1970年MLBドラフト1巡目(全体4位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名され、プロ入り。翌1971年に早くもメジャーデビューすると、1973年には正捕手となり、117試合出場で打率.245・16本塁打・67打点を記録してアメリカンリーグ新人王投票で3位に入った。1974年には1974年に初選出された。

1977年よりカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍。移籍3年目の1979年には10三塁打・20本塁打・112打点・101得点、さらにリーグトップの121四球の大活躍を見せた。ロイヤルズ時代は1978年から3年連続でオールスターに選出された。

1981年セントルイス・カージナルスへ移籍。1982年にはポストシーズンで大活躍を見せ、まずアトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.556と打ちまくって、シリーズMVPを受賞した。続く古巣・ブルワーズとのワールドシリーズでも打率.286・1本塁打・5打点と活躍を見せてチームは世界一、自身はMVPを手にした。

その後、テキサス・レンジャーズでプレーしていた1987年に現役引退。

引退後は解説者やアンティーク家具関係の仕事をしていたが、2002年8月5日ミズーリ州シュガークリーク英語版で死亡が確認され[1]、後に死因は薬物中毒であることが分かった。

詳細情報[編集]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 15 (1971年 - 1985年)
  • 17 (1986年 - 1987年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]