2015年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2015年の
ナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・メッツ 4
シカゴ・カブス 0
シリーズ情報
試合日程 10月17日 - 10月21日
MVP ダニエル・マーフィー (NYM)
NLDS NYM 3-2 LAD
CHC 3-1 STL
チーム情報
ニューヨーク・メッツ(NYM)
監督 テリー・コリンズ
シーズン成績 90勝72敗(東地区優勝)
シカゴ・カブス(CHC)
監督 ジョー・マドン
シーズン成績 97勝65敗(ワイルドカード
全米テレビ中継
放送局 Major League Baseball on TBS

 < 2014
NLCS
2015

2016 > 

 < 2014
ALCS
2015

2016 > 
2015ワールドシリーズ

2015年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ: 2015 National League Championship Series, NLCS)は、2015年10月17日から同年10月21日まで行われたMLBナショナルリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

東地区優勝のニューヨーク・メッツと、ワイルドカードゲームディビジョンシリーズへ進出し、勝ち抜いたシカゴ・カブス中地区3位)との対戦となった。レギュラーシーズンでは7試合対戦しており、全てカブスが勝利している。

試合はメッツが4勝0敗のスウィープで制覇。2000年以来のワールドシリーズ進出となった。

1989年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』では、2015年にタイムスリップした主人公が「2015年10月21日にマイアミの球団に勝利し、ワールドシリーズ優勝」と知って驚く(1985年当時カブスは弱小チームであった)、というシーンがあったが、ワールドシリーズ出場にはあと一歩届かなかった。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

# 開催日 スコア 開催地 時間 観客動員数
1 10月17日 シカゴ・カブス 2 - 4 ニューヨーク・メッツ シティ・フィールド 2時間55分 44,287人
2 10月18日 シカゴ・カブス 1 - 4 ニューヨーク・メッツ シティ・フィールド 3時間7分 44,502人
3 10月20日 ニューヨーク・メッツ 5 - 2 シカゴ・カブス リグレー・フィールド 3時間1分 42,231人
4 10月21日 ニューヨーク・メッツ 8 - 3 シカゴ・カブス リグレー・フィールド 3時間32分 42,227人
2015年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ開催球場

ロースター[編集]

シカゴ・カブス
守備位置 背番号 出身 選手
先発投手 28 アメリカ合衆国の旗 カイル・ヘンドリックス
34 アメリカ合衆国の旗 ジョン・レスター
39 アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ハメル
49 アメリカ合衆国の旗 ジェイク・アリエータ
救援投手 53 アメリカ合衆国の旗 トレバー・ケーヒル
33 アメリカ合衆国の旗 クレイトン・リチャード
37 アメリカ合衆国の旗 トラビス・ウッド
46 ドミニカ共和国の旗 ペドロ・ストロップ
52 アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・グリム
56 ベネズエラの旗 ヘクター・ロンドン
57 ドミニカ共和国の旗 フェルナンド・ロドニー
捕手 3 アメリカ合衆国の旗 デビッド・ロス
12 アメリカ合衆国の旗 カイル・シュワーバー
47 ベネズエラの旗 ミゲル・モンテロ
内野手 9 プエルトリコの旗 ハビアー・バエズ
11 アメリカ合衆国の旗 トミー・ラステラ
13 ドミニカ共和国の旗 スターリン・カストロ
17 アメリカ合衆国の旗 クリス・ブライアント
44 アメリカ合衆国の旗 アンソニー・リゾ
外野手 5 アメリカ合衆国の旗 クインティン・ベリー
8 アメリカ合衆国の旗 クリス・コグラン
15 アメリカ合衆国の旗 クリス・デノーフィア
24 アメリカ合衆国の旗 デクスター・ファウラー
27 アメリカ合衆国の旗 オースティン・ジャクソン
68 キューバの旗 ホルヘ・ソレア
ニューヨーク・メッツ
守備位置 背番号 出身 選手
先発投手 32 アメリカ合衆国の旗 スティーブン・マッツ
33 アメリカ合衆国の旗 マット・ハービー
34 アメリカ合衆国の旗 ノア・シンダーガード
48 アメリカ合衆国の旗 ジェイコブ・デグロム
救援投手 27 ドミニカ共和国の旗 ジェウリス・ファミリア
36 アメリカ合衆国の旗 ショーン・ギルマーティン
40 ドミニカ共和国の旗 バートロ・コローン
43 アメリカ合衆国の旗 アディソン・リード
46 アメリカ合衆国の旗 タイラー・クリッパード
47 ドミニカ共和国の旗 ハンセル・ロブレス
49 アメリカ合衆国の旗 ジョン・ニース
捕手 7 アメリカ合衆国の旗 トラビス・ダーノー
22 アメリカ合衆国の旗 ケビン・プラウェッキー
内野手 4 ベネズエラの旗 ウィルマー・フローレス
5 アメリカ合衆国の旗 デビッド・ライト
21 アメリカ合衆国の旗 ルーカス・ドゥーダ
28 アメリカ合衆国の旗 ダニエル・マーフィー
55 アメリカ合衆国の旗 ケリー・ジョンソン
56 アメリカ合衆国の旗 マット・レイノルズ
外野手 3 アメリカ合衆国の旗 カーティス・グランダーソン
9 アメリカ合衆国の旗 カーク・ニューエンハイス
12 ドミニカ共和国の旗 フアン・ラガーレス
23 アメリカ合衆国の旗 マイケル・カダイアー
30 アメリカ合衆国の旗 マイケル・コンフォルト
52 キューバの旗 ヨエニス・セスペデス

メッツはディビジョンシリーズ第2戦で右足腓骨を負傷したルーベン・テハダの代役として、傘下AAA級ラスベガス・フィフティワンズからメジャー経験のないマット・レイノルズを昇格させた。ポストシーズンでのメジャーデビューとなると、2006年のマーク・キーガー(当時オークランド・アスレチックス)以来だった[1]が、結局このシリーズで出場機会はなく、ワールドシリーズではロースターから外されたため、メジャーデビューは来季へ持ち越しとなった。

第1試合 10月17日[編集]

第1戦試合前 (シティ・フィールド)

アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区 - シティ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カブス 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 5 0
メッツ 1 0 0 0 1 1 1 0 X 4 8 1
  1. : マット・ハービー (1-0)  : ジョン・レスター (0-1)  S: ジェウリス・ファミリア (1)  
  2. :  CHC – カイル・シュワーバー (1)  NYM – ダニエル・マーフィー (1)、トラビス・ダーノー (1)
  3. 審判:球審…ロブ・ドレイク、塁審…ティム・ティモンズ、テッド・バレット、ポール・エメル、外審…エリック・クーパー、ビル・ミラー
  4. 観客動員数: 44,287人 試合時間: 2時間55分[2]

先発はメッツがマット・ハービー、カブスがジョン・レスター。1回裏2死・ランナーなしの場面で、メッツのダニエル・マーフィーが右翼スタンドへ先制の本塁打を放つ。メッツ先発のハービーは4回終了まで無安打投球だったが、5回表先頭打者のアンソニー・リゾに死球を与えると、続くスターリン・カストロが中堅手を越える適時二塁打を放ち、同点とされる。しかし、直後の5回裏2死一・二塁の場面でカーティス・グランダーソンが中堅への1点適時打を放ち、メッツは勝ち越しに成功。6回裏にトラビス・ダーノーが中堅へのソロ本塁打を放ち、7回裏にはグランダーソンの犠牲フライで4対1と点差を広げた。カブスは8回表にカイル・シュワーバーが右翼スタンドへの本塁打を放ち、ハービーを降板させたが、代わったジェウリス・ファミリアから得点できず、試合終了となった。

出場選手[編集]

シカゴ・カブス


選手








1 [中] ファウラー 4 0 0 0 0 1 0 0
2 [左] シュワーバー 4 1 1 1 0 1 0 0
3 [三] ブライアント 3 0 0 0 1 1 0 0
4 [一] リゾ 2 1 0 0 1 0 0 0
5 [二]遊 S. カストロ 4 0 1 1 0 0 0 0
6 [右] ソレア 4 0 1 0 0 2 0 0
7 [遊] J. バエズ 3 0 1 0 0 1 1 0
M. モンテロ 1 0 1 0 0 0 0 0
8 [捕] D. ロス 1 0 0 0 1 1 0 0
打二 ラステラ 2 0 0 0 0 1 0 0
9 [投] レスター 2 0 0 0 0 2 0 0
グリム 0 0 0 0 0 0 0 0
コグラン 1 0 0 0 0 0 0 0
リチャード 0 0 0 0 0 0 0 0
ケーヒル 0 0 0 0 0 0 0 0
31 2 5 2 3 10 1 0
ニューヨーク・メッツ


選手








1 [右] グランダーソン 3 0 1 2 0 0 0 0
2 [三] D. ライト 3 0 0 0 1 1 1 0
3 [二] D. マーフィー 4 1 1 1 0 1 0 0
4 [左] セスペデス 4 0 0 0 0 2 0 0
5 [捕] ダーノー 4 1 2 1 0 1 0 1
6 [一] カダイアー 3 0 1 0 0 1 0 0
ドゥーダ 0 0 0 0 0 0 0 0
7 [遊] W. フローレス 3 0 1 0 0 0 0 0
8 [中] ラガーレス 3 2 2 0 0 0 1 0
9 [投] ハービー 2 0 0 0 0 0 0 0
ファミリア 0 0 0 0 0 0 0 0
29 4 8 4 1 6 2 1
シカゴ・カブス
選手









捕手
レスター (L) 6.2 8 4 4 1 5 2 D. ロス
M. モンテロ
グリム 0.1 0 0 0 0 0 0
リチャード 0.1 0 0 0 0 0 0
ケーヒル 0.2 0 0 0 0 1 0
8.0 8 4 4 1 6 2
ニューヨーク・メッツ
選手









捕手
ハービー (W) 7.2 4 2 2 2 9 1 ダーノー
ファミリア (S) 1.1 1 0 0 1 1 0
9.0 5 2 2 3 10 1

第2試合 10月18日[編集]

アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区 - シティ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カブス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 0
メッツ 3 0 1 0 0 0 0 0 X 4 5 0
  1. : ノア・シンダーガード (1-0)  : ジェイク・アリエータ (0-1)  S: ジェウリス・ファミリア (2)  
  2. :  CHC – なし  NYM – ダニエル・マーフィー (2)
  3. 審判:球審…ティム・ティモンズ、塁審…テッド・バレット、ポール・エメル、エリック・クーパー、外審…ビル・ミラー、ロブ・ドレイク
  4. 観客動員数: 44,502人 試合時間: 3時間7分[3]

先発はメッツがノア・シンダーガード、カブスはジェイク・アリエータ。メッツは1回裏に先頭打者のカーティス・グランダーソンが右翼への安打を放つと、続くデビッド・ライトが中堅手の頭を越える適時二塁打を放ち先制。さらに3番のダニエル・マーフィーが右翼スタンドへの2点本塁打を放ち、初回から3点を獲得した。さらにメッツは3回裏1死・一・三塁の場面でヨエニス・セスペデスが遊撃への内野安打を放ち、三塁走者のグランダーソンが生還。4対0と点差を広げる。カブスは1回表にクリス・ブライアントが左翼への安打を放った以来安打がなかったが、6回表にようやくデクスター・ファウラーが安打を放ち、シンダーガードのワイルドピッチで二塁へ進塁。するとブライアントが左翼への適時二塁打を放ち、ようやく1点を返した。ここでシンダーガードは101球に達し降板。ここで勢いに乗りたいカブスだったが、メッツのリリーフ陣から点を奪えず、試合終了。

出場選手[編集]

シカゴ・カブス


選手








1 [中] ファウラー 3 1 2 0 1 0 0 0
2 [左] シュワーバー 4 0 0 0 0 3 0 0
3 [三] ブライアント 4 0 2 1 0 0 0 0
4 [一] リゾ 4 0 1 0 0 2 0 0
5 [二]遊 S. カストロ 4 0 0 0 0 0 0 0
6 [右] コグラン 4 0 0 0 0 0 0 0
7 [捕] M. モンテロ 3 0 0 0 0 2 0 0
8 [遊] J. バエズ 2 0 0 0 0 2 0 0
T. ウッド 0 0 0 0 0 0 0 0
デノーフィア 1 0 0 0 0 0 0 0
リチャード 0 0 0 0 0 0 0 0
ストロップ 0 0 0 0 0 0 0 0
9 [投] アリエータ 1 0 0 0 0 1 0 0
打二 ラステラ 2 0 0 0 0 0 0 0
32 1 5 1 1 10 0 0
ニューヨーク・メッツ


選手








1 [右] グランダーソン 3 2 1 0 1 0 2 0
2 [三] D. ライト 4 1 1 1 0 2 0 0
3 [二] D. マーフィー 3 1 2 2 1 1 0 0
4 [中]左 セスペデス 4 0 1 1 0 0 0 0
5 [一] ドゥーダ 3 0 0 0 0 2 0 0
6 [捕] ダーノー 3 0 0 0 0 1 0 0
7 [左] コンフォルト 3 0 0 0 0 2 0 0
クリッパード 0 0 0 0 0 0 0 0
ファミリア 0 0 0 0 0 0 0 0
8 [遊] W. フローレス 3 0 0 0 0 2 0 0
9 [投] シンダーガード 2 0 0 0 0 1 0 0
ニース 0 0 0 0 0 0 0 0
A. リード 0 0 0 0 0 0 0 0
打中 ラガーレス 1 0 0 0 0 1 0 0
29 4 5 4 2 12 2 0
シカゴ・カブス
選手









捕手
アリエータ (L) 5.0 4 4 4 2 8 1 M. モンテロ
T. ウッド 2.0 0 0 0 0 4 0
リチャード 0.2 1 0 0 0 0 0
ストロップ 0.1 0 0 0 0 0 0
8.0 5 4 4 2 12 1
ニューヨーク・メッツ
選手









捕手
シンダーガード (W) 5.2 3 1 1 1 9 0 ダーノー
ニース (H) 0.1 0 0 0 0 1 0
A. リード (H) 1.0 0 0 0 0 0 0
クリッパード (H) 1.0 1 0 0 0 0 0
ファミリア (S) 1.0 1 0 0 0 0 0
9.0 5 1 1 1 10 0

第3試合 10月20日[編集]

アメリカ合衆国の旗 イリノイ州シカゴ - リグレー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
メッツ 1 0 1 0 0 1 2 0 0 5 11 0
カブス 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 5 1
  1. : ジェイコブ・デグロム (1-0)  : トレバー・ケーヒル (0-1)  S: ジェウリス・ファミリア (3)  
  2. :  NYM – ダニエル・マーフィー (3)  CHC – カイル・シュワーバー (2)、ホルヘ・ソレア (1)
  3. 審判:球審…テッド・バレット、塁審…ポール・エメル、エリック・クーパー、ビル・ミラー、外審…マーク・ウェグナー、ティム・ティモンズ
  4. 観客動員数: 42,231人 試合時間: 3時間1分[4]

先発はカブスがカイル・ヘンドリックス、メッツがジェイコブ・デグロム。カブスはセントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズに続いて8番に投手のヘンドリックスを置いた。試合はメッツが1回表2死一塁の場面でヨエニス・セスペデスが左翼への適時二塁打を放ち先制。しかし、直後の1回裏にカイル・シュワーバーが左翼スタンドへの本塁打を放ち、同点とする。3回表のヘンドリックスは、先頭のカーティス・グランダーソン、続くデビッド・ライトを二者連続三振に抑えたが、3人目のダニエル・マーフィーに中堅スタンドへの本塁打を放たれ、勝ち越しを許した。カブスは4回裏にホルヘ・ソレアが本塁打を放ち、再び同点とする。シーソーゲームが続いたが、6回表2死三塁の場面でメッツのマイケル・コンフォルトトレバー・ケーヒルの前に三振に倒れるも、球が暴投となり、三塁走者のセスペデスが生還。3対2となった。7回表にはセスペデスの適時打で1点を追加、直後にルーカス・ドゥーダの内野ゴロの間に1点を追加。引き離されたカブスはこの試合5安打にとどまり、3連敗となった。

出場選手[編集]

ニューヨーク・メッツ


選手








1 [右] グランダーソン 4 0 0 0 1 3 0 0
2 [三] D. ライト 4 2 3 0 1 1 0 0
3 [二] D. マーフィー 5 2 2 1 0 1 0 0
4 [中]左 セスペデス 5 1 3 2 0 0 1 0
5 [一] ドゥーダ 3 0 1 1 0 0 0 0
6 [捕] ダーノー 4 0 1 0 0 2 0 0
7 [左] コンフォルト 3 0 0 0 1 1 0 0
クリッパード 0 0 0 0 0 0 0 0
ファミリア 0 0 0 0 0 0 0 0
8 [遊] W. フローレス 4 0 1 0 0 0 0 0
9 [投] デグロム 3 0 0 0 0 0 0 0
K. ジョンソン 1 0 0 0 0 1 0 0
ラガーレス 0 0 0 0 0 0 0 0
36 5 11 4 3 9 1 0
シカゴ・カブス


選手








1 [中] ファウラー 4 0 1 0 0 1 0 0
2 [左] シュワーバー 3 1 1 1 1 0 0 0
3 [三] ブライアント 4 0 0 0 0 2 0 0
4 [一] リゾ 4 0 1 0 0 0 0 0
5 [二]遊 S. カストロ 4 0 1 0 0 0 0 0
6 [右] ソレア 4 1 1 1 0 1 0 0
7 [捕] M. モンテロ 3 0 0 0 0 1 0 0
8 [投] ヘンドリックス 1 0 0 0 0 1 0 0
コグラン 1 0 0 0 0 1 0 0
リチャード 0 0 0 0 0 0 0 0
ケーヒル 0 0 0 0 0 0 0 0
T. ウッド 0 0 0 0 0 0 0 0
グリム 0 0 0 0 0 0 0 0
打二 ラステラ 1 0 0 0 0 0 0 0
9 [遊] J. バエズ 2 0 0 0 0 1 0 1
ストロップ 0 0 0 0 0 0 0 0
デノーフィア 1 0 0 0 0 1 0 0
H. ロンドン 0 0 0 0 0 0 0 0
32 2 5 2 1 9 0 1
ニューヨーク・メッツ
選手









捕手
デグロム (W) 7.0 4 2 2 1 7 2 ダーノー
クリッパード (H) 1.0 1 0 0 0 1 0
ファミリア (S) 1.0 0 0 0 0 1 0
9.0 5 2 2 1 9 2
シカゴ・カブス
選手









捕手
ヘンドリックス 4.0 5 2 2 1 4 1 M. モンテロ
リチャード 1.0 1 0 0 1 0 0
ケーヒル (L) 1.0 2 1 1 0 1 0
T. ウッド 0.1 2 2 2 0 1 0
グリム 0.2 1 0 0 0 1 0
ストロップ 1.0 0 0 0 0 1 0
H. ロンドン 1.0 0 0 0 1 1 0
9.0 11 5 5 3 9 1

第4試合 10月21日[編集]

アメリカ合衆国の旗 イリノイ州シカゴ - リグレー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
メッツ 4 2 0 0 0 0 0 2 0 8 11 0
カブス 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3 6 0
  1. : バートロ・コローン (1-0)  : ジェイソン・ハメル (0-1)  
  2. :  NYM – ルーカス・ドゥーダ (1)、トラビス・ダーノー (2)、ダニエル・マーフィー (4)  CHC – クリス・ブライアント (1)
  3. 審判:球審…ポール・エメル、塁審…エリック・クーパー、ビル・ミラー、マーク・ウェグナー、外審…ティム・ティモンズ、テッド・バレット
  4. 観客動員数: 42,227人 試合時間: 3時間32分[5]

先発はカブスがジェイソン・ハメル、メッツがスティーブン・マッツ。メッツは1回表からルーカス・ドゥーダの3点本塁打、トラビス・ダーノーのソロ本塁打の二者連続本塁打でマッツを援護。2回表1死の場面でデビッド・ライトが四球で出塁すると、ハメルは早々降板。代わったトラビス・ウッドがドゥーダから2点適時二塁打を打たれ、2回表終了時で6対0と大きくリードされる。カブスは4回表にカイル・シュワーバーの内野ゴロへの間にようやく1点を獲得。しかし、その後カブス打線は繋がらず、メッツは8回表にダニエル・マーフィーの2点本塁打で8対3と再び突き放した。直後の8回裏にカブスはクリス・ブライアントが2点本塁打を放ったが、打線はそれまで。9回裏は4連投のジェウリス・ファミリアが抑え試合終了。

出場選手[編集]

ニューヨーク・メッツ


選手








1 [右] グランダーソン 5 1 1 0 0 1 1 0
2 [三] D. ライト 3 2 0 0 2 1 0 0
3 [二] D. マーフィー 5 2 4 2 0 0 0 0
4 [中]左 セスペデス 1 1 0 0 1 1 0 0
ラガーレス 2 0 0 0 0 1 0 0
5 [一] ドゥーダ 4 1 3 5 1 0 0 0
6 [捕] ダーノー 4 1 1 1 0 1 0 0
7 [左] コンフォルト 2 0 0 0 0 1 0 0
B. コローン 0 0 0 0 0 0 0 0
K. ジョンソン 1 0 0 0 0 1 0 0
A. リード 0 0 0 0 0 0 0 0
クリッパード 0 0 0 0 0 0 0 0
カダイアー 1 0 0 0 0 1 0 0
ファミリア 0 0 0 0 0 0 0 0
8 [遊] W. フローレス 4 0 2 0 1 0 1 0
9 [投] マッツ 2 0 0 0 0 1 0 0
ニューエンハイス 2 0 0 0 0 1 0 0
36 8 11 8 5 10 2 0
シカゴ・カブス


選手








1 [中] ファウラー 5 0 1 0 0 1 0 0
2 [右] ソレア 4 2 3 0 0 1 0 0
3 [三] ブライアント 3 1 1 2 1 2 0 0
4 [一] リゾ 4 0 1 0 0 0 0 0
5 [二]遊 S. カストロ 4 0 0 0 0 1 0 0
6 [左] シュワーバー 3 0 0 1 1 1 0 0
7 [遊] J. バエズ 3 0 0 0 0 3 0 0
ロドニー 0 0 0 0 0 0 0 0
H. ロンドン 0 0 0 0 0 0 0 0
コグラン 1 0 0 0 0 0 0 0
8 [投] ハメル 0 0 0 0 0 0 0 0
T. ウッド 1 0 0 0 0 0 0 0
リチャード 0 0 0 0 0 0 0 0
A. ジャクソン 1 0 0 0 0 1 0 0
ケーヒル 0 0 0 0 0 0 0 0
ストロップ 0 0 0 0 0 0 0 0
打二 ラステラ 2 0 0 0 0 0 0 0
9 D. ロス 1 0 0 0 1 0 0 0
打捕 M. モンテロ 1 0 0 0 1 1 0 0
33 3 6 3 4 8 0 0
ニューヨーク・メッツ
選手









捕手
マッツ 4.2 4 1 1 2 4 0 ダーノー
B. コローン (W) 1.1 0 0 0 1 1 0
A. リード 1.0 0 0 0 0 1 0
クリッパード 1.0 2 2 2 0 1 1
ファミリア 1.0 0 0 0 1 1 0
9.0 6 3 3 4 8 1
シカゴ・カブス
選手









捕手
ハメル 1.1 4 5 5 2 1 2 D. ロス
T. ウッド 1.2 2 1 1 1 3 0
リチャード 2.0 1 0 0 0 2 0
ケーヒル 1.0 1 0 0 0 0 0
ストロップ 1.0 1 0 0 1 1 0
ロドニー 1.0 1 2 2 1 2 1 M. モンテロ
H. ロンドン 1.0 1 0 0 0 1 0
9.0 11 8 8 5 10 3

脚注[編集]

  1. ^ Mets add infielder Matt Reynolds to NLDS roster”. MLB.com Mets Press Release (2015年10月12日). 2016年7月17日閲覧。
  2. ^ MLB.com Gameday” (英語). MLB.com (2015年10月17日). 2016年7月17日閲覧。
  3. ^ MLB.com Gameday” (英語). MLB.com (2015年10月18日). 2016年7月17日閲覧。
  4. ^ MLB.com Gameday” (英語). MLB.com (2015年10月20日). 2016年7月17日閲覧。
  5. ^ MLB.com Gameday” (英語). MLB.com (2015年10月21日). 2016年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]