ルーカス・ドゥーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ルーカス・デューダ
ルーカス・ドゥーダ
Lucas Duda
カンザスシティ・ロイヤルズ #21
Lucasduda.jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2016年3月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡フォンタナ
生年月日 (1986-02-03) 1986年2月3日(32歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
255 lb =約115.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手左翼手右翼手
プロ入り 2007年 MLBドラフト7巡目
初出場 2010年9月1日
年俸 $3,500,000 (2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルーカス・クリストファー・ドゥーダLucas Christopher Duda, 1986年2月3日 - )は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡フォンタナ出身のプロ野球選手一塁手)。右投左打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズ所属。愛称はドューデ[2]

経歴[編集]

プロ入りとメッツ時代[編集]

2007年MLBドラフト7巡目(全体243位)でニューヨーク・メッツから指名され、プロ入りする[3]

2010年9月1日アトランタ・ブレーブス戦でメジャーデビューを果たした。

2011年の後半戦から一塁手右翼手の併用でレギュラーとなったが、2012年は打撃不振と拙守が重なって一時AAA級バッファロー・バイソンズへ降格するなど、定位置を固めることはできなかった[4]

2012年10月には、カリフォルニア州の自宅で家具を動かそうとした際に右手首を骨折した[5]

2014年1月22日にメッツと163万7500ドルの1年契約で合意した[6]。この年は、正一塁手として起用され、自身初めて30本塁打を突破し、成長を見せた。 オフの11月1日岩隈久志と共に追加選手としてMLB選抜に選出された[7][8]

2015年は135試合に出場し、惜しくも2年連続30本超えとはならなかったものの、27本塁打に加えて33二塁打を放ち、主砲の1人として機能した。また、選球眼も安定しており、出塁率.352は打率より.100以上高かった。なお、この年は通算100本塁打を達成している。ポストシーズンでは、シカゴ・カブスとのリーグチャンピオンシップでは打率.400・1本塁打・6打点と大爆発。しかし、ディビジョンシリーズワールドシリーズも含めた通算では、20試合で打率.234・20三振と苦しんだ格好となった。一塁の守備は高い安定度を誇り、3失策守備率.997・DRS +4という高い成績を記録した。

2016年は、背中 () を痛めて5月23日故障者リスト入りすると、長期離脱した[9]。この影響もあって47試合の出場に留まり、打率.229・7本塁打・23打点・OPS0.714という低調な成績に終わった。一塁守備は、45試合で3失策・守備率.991・DRS0・UZR +0.3という堅実な内容だった。

レイズ時代[編集]

2017年7月27日ドリュー・スミスとのトレードで、タンパベイ・レイズへ移籍した[10]。オフの11月2日FAとなった[11]

ロイヤルズ時代[編集]

2018年2月28日カンザスシティ・ロイヤルズと1年350万ドル+出来高最大130万ドルで契約を結んだ[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 NYM 29 92 84 11 17 6 0 4 35 13 0 0 0 1 6 0 1 22 2 .202 .261 .417 .678
2011 100 347 301 38 88 21 3 10 145 50 1 0 1 5 33 3 7 57 5 .292 .370 .482 .852
2012 121 459 401 43 96 15 0 15 156 57 1 0 0 3 51 0 4 120 5 .239 .329 .389 .718
2013 100 384 318 42 71 16 0 15 132 33 0 3 0 2 55 4 9 102 1 .223 .352 .415 .767
2014 153 596 514 74 130 27 0 30 247 92 3 2 0 4 69 8 9 135 9 .253 .349 .481 .830
2015 135 554 471 67 115 33 0 27 229 73 0 2 0 3 66 7 14 138 12 .244 .352 .486 .838
2016 47 172 153 20 35 7 0 7 63 23 0 0 0 2 15 2 2 36 1 .229 .302 .412 .714
2017 75 291 252 30 62 21 0 17 134 37 0 0 0 0 37 4 2 73 6 .246 .347 .532 .879
TB 52 200 171 20 30 7 0 13 76 27 0 0 0 2 23 2 4 62 3 .175 .285 .444 .729
'17計 127 491 423 50 92 28 0 30 210 64 0 0 0 2 60 6 6 135 9 .217 .322 .496 .818
MLB:8年 812 2995 2665 345 644 153 3 138 1217 405 5 7 1 22 355 30 52 745 44 .242 .340 .457 .796
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 21(2010年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lucas Duda Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年3月2日閲覧。
  2. ^ Bill Chastain (2017年8月27日). “Rays Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2018年3月2日閲覧。
  3. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年3月2日閲覧。
  4. ^ Anthony DiComo (2012年7月24日). “Duda demoted to Triple-A to make way for Harvey” (英語). MLB.com. 2018年3月2日閲覧。
  5. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121107-00000211-ism-base
  6. ^ Paul Casella (2014年1月22日). “Mets clear arbitration slate with Duda deal” (英語). MLB.com. 2018年3月2日閲覧。
  7. ^ MLBオールスターチーム、追加選手発表 侍ジャパン (2014年11月1日) 2015年3月26日閲覧
  8. ^ “岩隈が日米野球に出場 和田に続き2人目”. 日刊スポーツ. (2014年11月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20141101-1390295.html 2014年11月6日閲覧。 
  9. ^ Mets' Duda Placed On DL With Stress Fracture In Back, Out At Least 4-6 Weeks” (英語). CBS New York (2016年5月23日). 2016年11月24日閲覧。
  10. ^ Bill Chastain (2017年7月27日). “Rays acquire slugger Duda, reliever Jennings” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/rays/news/rays-acquire-lucas-duda-dan-jennings/c-244769268 2018年3月2日閲覧。 
  11. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2017年12月30日閲覧。
  12. ^ Jeffrey Flanagan (2018年2月28日). “Royals sign first baseman Duda to 1-year deal”. MLB.com. 2018年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]