デビッド・マーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デビッド・マーフィー
David Murphy
ボストン・レッドソックス(マイナー)
David Murphy on June 28, 2015.jpg
クリーブランド・インディアンス時代
(2015年6月28日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 1981年10月18日(34歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 ドラフト1巡目(全体17位)でボストン・レッドソックスから指名
初出場 2006年9月2日
年俸 $5,775,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デビッド・マシュー・マーフィーDavid Matthew Murphy , 1981年10月18日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手外野手)。現在はMLBボストン・レッドソックス傘下に所属している。

経歴[編集]

2000年MLBドラフト50巡目でアナハイム・エンゼルスから指名を受けるも、入団には至らなかった。

プロ入りとレッドソックス時代[編集]

2003年MLBドラフト1巡目(全体17位)でボストン・レッドソックスから指名を受け、プロ入り。

2006年9月2日トロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビューを果たす。目を見張るような数字は残せなかったが、ニューヨーク・ヤンキース戦でジャレット・ライトからメジャー初本塁打を放っており、貴重な経験を積んだシーズンにはなった。

レンジャーズ時代[編集]

2007年の途中にエリック・ガニエとのトレードで、ケイソン・ギャバードエンヘル・ベルトレと共にテキサス・レンジャーズへ移籍した。レンジャーズ加入後は43試合に出場し、打率.340・OPS0.916と打ちまくった。

2008年4月25日ミネソタ・ツインズ戦においてキャリアで初めてサヨナラ安打を放った。この年は出場試合数を激増させ、108試合で打率.275・15本塁打・74打点を記録して中軸打者として活躍した。守備では、右翼と左翼をそれぞれ50試合以上守ったほか、中堅を守る機会もあったため、外野の全ポジションを守った。

2009年、打率と打点は減少したが、本塁打と盗塁で自己記録を更新した。OPSは、前年とほぼ同等の水準の数値をマークした。

2010年、この年も外野の3ポジションを移り変わりながら138試合に出場し、打率.291・12本塁打・65打点という好成績をマークしたほか、走塁面でも更なる進歩を見せ、14盗塁を決めた。守備では左翼で失策を1つ犯しただけで、守備防御点こそ±0だったものの、堅実さを発揮した。

2011年、前年から出場試合数は微減したものの、2年連続で10本塁打・10盗塁のラインをクリアした。守備では相変わらず外野の3ポジションを守ったが、左翼を守った試合(74試合)が右翼を守った試合(32試合)の倍以上であり、左翼をメインにプレーした。

2012年、自身初の規定打席到達を果たした上、打率.300・OPS0.850のラインをクリア、また本塁打も3年ぶりに15本以上となり、200本塁打・808得点を記録した強力レンジャーズ打線の中軸の1人として気を吐いた。この年は守備面でも大活躍し、左翼を守った120試合で僅かに1失策・守備率.995を記録したほか、DRSも + 7とプラスに転じた。

2013年6月4日のレッドソックス戦で、17対5とリードされた8回にブルペン投手を無駄に使いたく無かったのを理由に、ロン・ワシントン監督はマウンドに野手のマーフィーを送った。メジャーリーグ史上13度目の毎回得点試合が掛っていたレッドソックス打線に対し、マーフィーは先頭打者に二塁打を浴びるもナックルボールなどを駆使し無失点に抑え[2]、レッドソックスの毎回得点を阻止した。レギュラーシーズンでは6年連続二桁本塁打こそ超えたものの、二桁盗塁の連続記録を3年でストップさせる1盗塁に終わり、打率.220と不振に陥った。オフの10月31日FAとなった。

インディアンス時代[編集]

2013年11月25日クリーブランド・インディアンスと2年総額1200万ドルで契約した[3]

2014年は右翼にコンバートされ、レギュラー格で129試合に出場した。打率は.262と上向いたが、本塁打は二桁を割り込み、盗塁も2つだけだった。守備成績も芳しくなく、DRS - 17だった。

2015年6月17日シカゴ・カブス戦で、2013年のレンジャーズ時代以来で自身2度目の登板をした[4]が、クリス・ブライアントに満塁本塁打を記録されるなど5失点を喫した。移籍まで、本職のバッティングでは好調をキープし、打率.296・5本塁打・27打点という成績を記録した。

エンゼルス時代[編集]

2015年7月28日、マイナー選手とのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍し[5]、翌29日のヒューストン・アストロズ戦に4番・左翼で先発出場した[6]。エンゼルス加入後は打率がやや低下し.265だったが、移籍前と比して出場試合数が約半減の48試合ながら、移籍前と同本数の5本塁打を放ち、通算100本塁打を達成。また、二塁打を6本放って通算200二塁打も達成した。2チームトータルでは132試合でプレーし、打率.283・10本塁打・50打点・OPS0.739というまずまずの成績を残した。

レッドソックス傘下時代[編集]

2016年2月29日、ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 BOS 20 26 22 4 5 1 0 1 9 2 0 0 0 0 4 0 0 4 1 .227 .346 .409 .755
2007 3 2 2 1 1 0 1 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 1.500 2.000
TEX 43 110 103 16 35 12 1 2 55 14 0 0 0 0 7 0 0 19 1 .340 .382 .534 .916
'07計 46 112 105 17 36 12 2 2 58 14 0 0 0 0 7 0 0 20 1 .343 .384 .552 .936
2008 108 454 415 64 114 28 3 15 193 74 7 2 2 6 31 3 0 70 7 .275 .321 .465 .786
2009 128 494 432 61 116 24 1 17 193 57 9 4 2 9 49 3 1 106 5 .269 .338 .447 .785
2010 138 471 419 54 122 26 2 12 188 65 14 2 0 3 45 2 0 71 6 .291 .358 .449 .806
2011 120 440 404 46 111 14 2 11 162 46 11 6 1 2 33 3 0 61 11 .275 .328 .401 .729
2012 147 521 457 65 139 29 3 15 219 61 10 5 0 4 54 7 4 74 7 .304 .380 .479 .859
2013 142 476 436 51 96 26 1 13 163 45 1 4 0 1 37 2 1 59 11 .220 .282 .374 .656
2014 CLE 129 462 416 40 109 25 1 8 160 58 2 3 1 7 36 2 2 61 6 .262 .319 .385 .703
2015 84 229 206 22 61 12 1 5 90 27 0 1 1 4 16 1 1 29 4 .296 .344 .437 .781
LAA 48 162 155 16 41 6 0 5 62 23 0 1 0 1 4 0 0 20 2 .265 .281 .400 .681
'15計 132 391 361 38 102 18 1 10 152 50 0 2 1 5 20 1 1 49 6 .283 .318 .421 .739
通算:10年 1110 3847 3467 440 950 203 16 104 1497 472 54 28 7 37 316 23 9 575 61 .274 .333 .432 .765
  • 2015年度シーズン終了時

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 TEX 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 60 (2006年)
  • 44 (2007年 - 同年途中)
  • 28 (2007年途中 - 同年終了)
  • 7 (2008年 - 2009年途中、2010年 - 2015年途中)
  • 14 (2009年途中 - 同年終了)
  • 19 (2015年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ David Murphy Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年10月22日閲覧。
  2. ^ 大差で“二刀流”出現 マーフィー「高校時代以来のマウンド」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年6月5日). 2013年6月8日閲覧。
  3. ^ “Indians sign OF David Murphy” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Cleveland Indians), (2013年11月25日), http://m.indians.mlb.com/news/article/64192470 2016年3月1日閲覧。 
  4. ^ Jordan Bastian; August Fagerstrom (2015年6月18日). “Indians blanked in lopsided loss to Cubs” (英語). MLB.com. 2016年3月1日閲覧。
  5. ^ Mike Digiovanna (2015年7月28日). “Angels acquire veteran outfielders David DeJesus and David Murphy” (英語). Los Angels Times. http://www.latimes.com/sports/sportsnow/la-sp-sn-angels-acquire-veteran-outfielders-david-dejesus-and-david-murphy-20150728-story.html 2015年7月29日閲覧。 
  6. ^ MLB.com Gameday” (英語). MLB.com (2015年7月29日). 2015年7月30日閲覧。
  7. ^ Ian Browne (2015年6月18日). “Red Sox sign lefty-swinging outfielder Murphy” (英語). MLB.com. 2016年3月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]