1980年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1980年の
ナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
フィラデルフィア・フィリーズ 3
ヒューストン・アストロズ 2
シリーズ情報
試合日程 10月7日 - 10月12日
MVP マニー・トリーヨ(PHI)
チーム情報
フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
監督 ダラス・グリーン
シーズン成績 91勝71敗(東地区優勝)
ヒューストン・アストロズ(HOU)
監督 ビル・バードン
シーズン成績 93勝70敗(西地区優勝)

 < 1979
NLCS
1980

1981 > 

 < 1979
ALCS
1980

1981 > 
1980ワールドシリーズ

1980年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ1980 National League Championship Series, NLCS)は、1980年10月7日から10月12日まで行われたMLBナショナルリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1980年の対戦は、東地区フィラデルフィア・フィリーズと、西地区ヒューストン・アストロズとの対戦となった。結果は、3勝2敗でフィラデルフィア・フィリーズが30年ぶり3回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPは打率.381、4打点の成績を残したマニー・トリーヨが受賞。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月7日[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィア - ベテランズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アストロズ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7 0
フィリーズ 0 0 0 0 0 2 1 0 X 3 8 1
  1. : スティーブ・カールトン (1–0)  : ケン・フォーシュ (0–1)  S: タグ・マグロー (1)  
  2. :  PHI – グレッグ・ルジンスキー (1)
  3. 観客動員数: 65,277人 試合時間: 2時間35分

第2試合 10月8日[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィア - ベテランズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
アストロズ 0 0 1 0 0 0 1 1 0 4 7 8 1
フィリーズ 0 0 0 2 0 0 0 1 0 1 4 14 2
  1. : フランク・ラコーティ (1–0)  : ロン・リード (0–1)  S: ウォーキーン・アンドゥハー (1)  
  2. 観客動員数: 65,476人 試合時間: 3時間34分

第3試合 10月10日[編集]

テキサス州ヒューストン - アストロドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
フィリーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 1
アストロズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 1
  1. : デーブ・スミス (1–0)  : タグ・マグロー (0–1)  
  2. 観客動員数: 44,443人 試合時間: 3時間22分

第4試合 10月11日[編集]

テキサス州ヒューストン - アストロドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
フィリーズ 0 0 0 0 0 0 0 3 0 2 5 13 0
アストロズ 0 0 0 1 1 0 0 0 1 0 3 5 1
  1. : ウォーレン・ブラスター (1–0)  : ジョー・サンビット (0–1)  S: タグ・マグロー (2)  
  2. 観客動員数: 44,952人 試合時間: 3時間55分

第5試合 10月12日[編集]

テキサス州ヒューストン - アストロドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
フィリーズ 0 2 0 0 0 0 0 5 0 1 8 13 2
アストロズ 1 0 0 0 0 1 3 2 0 0 7 14 0
  1. : ディック・ラスベン (1–0)  : フランク・ラコーティ (1–1)  
  2. 観客動員数: 44,802人 試合時間: 3時間38分

参考文献[編集]