1979年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1979年の
ナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ピッツバーグ・パイレーツ 3
シンシナティ・レッズ 0
シリーズ情報
試合日程 10月2日 - 10月5日
MVP ウィリー・スタージェル(PIT)
チーム情報
ピッツバーグ・パイレーツ(PIT)
監督 チャック・タナー
シーズン成績 98勝64敗(東地区優勝)
シンシナティ・レッズ(CIN)
監督 ジョン・マクナマラ
シーズン成績 90勝71敗(西地区優勝)

 < 1978
NLCS
1979

1980 > 

 < 1978
ALCS
1979

1980 > 
1979ワールドシリーズ

1979年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ1979 National League Championship Series, NLCS)は、1979年10月2日から10月5日まで行われたMLBナショナルリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1979年の対戦は、東地区ピッツバーグ・パイレーツと、西地区シンシナティ・レッズとの対戦となった。結果は、3勝0敗でピッツバーグ・パイレーツが8年ぶり9回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPは打率.455、2本塁打、6打点の成績を残したウィリー・スタージェルが受賞。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月2日[編集]

オハイオ州シンシナティ - リバーフロント・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
パイレーツ 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 3 5 10 0
レッズ 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 7 0
  1. : グラント・ジャクソン (1–0)  : トム・ヒューム (0–1)  S: ドン・ロビンソン (1)  
  2. :  PIT – フィル・ガーナー1号ソロ(3回シーバー)、ウィリー・スタージェル1号3ラン(11回ヒューム)  CIN – ジョージ・フォスター1号2ラン(4回キャンデラリア
  3. 観客動員数: 55,006人 試合時間: 3時間14分
レッズがこの年16勝のシーバー、パイレーツが14勝のキャンデラリアと、両軍の勝ち頭同士の先発で始まった試合は3回、パイレーツが先頭ガーナーのソロで先制、1死後オマー・モレノの右翼への打球を右翼手デーブ・コリンズが後逸し三塁打とすると続くティム・フォリの右飛でモレノが生還し2点目。一方レッズは4回、先頭のデーブ・コンセプシオンが左前打で出塁すると続くフォスターが左中間に2ランを叩き込み試合は振り出しに。そのまま同点で迎えた11回表、パイレーツはフォリとデーブ・パーカーの連打で無死1、2塁の好機を迎えると、4番スタージェルが右中間へ3ランを放ち勝ち越し。その裏、レッズはジャクソンを攻め2死満塁と反撃するが最後はD.ロビンソンがレイ・ナイトを空振り三振に打ち取り、パイレーツが先勝。

第2試合 10月3日[編集]

オハイオ州シンシナティ - リバーフロント・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
パイレーツ 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 3 11 0
レッズ 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 8 0
  1. : ドン・ロビンソン (1–0)  : ダグ・ベアー (0–1)  
  2. 観客動員数: 55,000人 試合時間: 3時間24分
レッズは2回、ダン・ドリーセンとナイトの連打で無死1、3塁とすると、1死後9番フランク・パストーレが犠飛を放ち先制。一方パイレーツは4回、先発パストーレを攻め1死満塁とするとマドロックの遊ゴロ併殺崩れの間に1点が入り同点。さらに続く5回、パイレーツ先頭フィル・ガーナーの右翼への打球は右翼手コリンズがダイビングキャッチしたかに見えたがセーフと判定され、その後2死2塁からフォリが三塁線を破る二塁打を放ち逆転。追い込まれたレッズは9回、パイレーツの抑えケント・テカルヴから1死後代打ヘクター・クルーズが二塁打で出塁すると、続くコリンズが右中間に意地の二塁打を放ち同点とし、試合は2日連続の延長戦へ。しかし10回、パイレーツは右前打のモレノをフォリが送り1死2塁とすると、パーカーの左前打でモレノが生還し再び勝ち越し。その裏、D.ロビンソンが3者凡退で締めくくり、敵地で連勝のパイレーツが王手。

第3試合 10月5日[編集]

ペンシルベニア州ピッツバーグ - スリー・リバース・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 8 1
パイレーツ 1 1 2 2 0 0 0 1 X 7 7 0
  1. : バート・ブライレブン (1–0)  : マイク・ラコス (0–1)  
  2. :  CIN – ジョニー・ベンチ1号ソロ(6回ブライレブン)  PIT – スタージェル2号ソロ(3回ノーマン)、ビル・マドロック1号ソロ(3回ノーマン)
  3. 観客動員数: 42,240人 試合時間: 2時間45分
パイレーツは初回、四球で出塁のモレノが盗塁と相手の野選で3塁へ進むと、パーカーの浅い左飛で俊足を飛ばし生還。続く2回には先頭ガーナーの打球を右翼手コリンズが後逸し三塁打とすると、1死後フォリが中堅へ犠飛を放ち2点目。3回にスタージェルとマドロックのソロ2発で2点を加えると、4回には先頭の9番ブライレブンの左前打をきっかけに2死1、2塁とするとスタージェルが一塁線を破る2点適時二塁打を放ち6-0。8回にもフォリの平凡な中飛を名手シーザー・ジェロニモが落球しとどめの7点目。パイレーツ先発ブライレブンは6回にベンチのソロで1点を失うが、最後は得意のカーブでジェロニモから9個目の三振を奪い完投。球場内にこの年のチームのテーマ曲となったシスター・スレッジの「We Are Family」が流れる中、大挙グラウンドになだれ込んだ地元ファンは8年ぶりのリーグ優勝に酔いしれた。

参考文献[編集]