フレッド・ハッチンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレッド・ハッチンソン
Fred Hutchinson
Fred Hutchinson 1953.jpg
1953年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州シアトル
生年月日 (1919-08-12) 1919年8月12日
没年月日 (1964-11-12) 1964年11月12日(45歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1938年 デトロイト・タイガースと契約
初出場 1939年5月2日
最終出場 1953年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

フレデリク・チャールズ・ハッチンソンFrederick Charles Hutchinson, 1919年8月12日 - 1964年11月12日)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身の元プロ野球選手投手)、監督。右投左打。

経歴[編集]

1939年デトロイト・タイガースでメジャーデビュー。1941年は代打で2試合出場しただけで、翌1942年より4年間海軍に勤務した。1946年にタイガースに復帰後、実質10年間で通算242試合に登板し、96勝75敗の成績を残した。スピードは無かったが、頭脳的な投球で復帰した1946年から1951年にかけて6年連続で二桁勝利を挙げていた[1]

1952年も投手として登板していたが、途中から兼任監督に就任し、1954年まで務めた。

1955年は生まれ故郷にあるパシフィック・コーストリーグシアトル・レイニアーズで監督を務め、優勝に導いた。

1956年からはセントルイス・カージナルスの監督に就任し、1958年終盤まで務めた。

1959年7月8日シンシナティ・レッズの監督に就任。すると就任前、勝率.438のチームを率いて39勝35敗(勝率.527)の好成績を収めた。1961年には1940年以来、21年ぶりのリーグ優勝をもたらした。

1964年はシーズン途中まで指揮を執っていたが、ハッチンソンは前年12月にと診断されており、苦痛に耐えながらも指揮をとっていたという。シーズン終了後の同年11月12日に45歳で死去。

1965年にレッズは、ハッチンソンが着けていた背番号『1』を球団初の永久欠番に指定した。また同年、ハッチンソンの功績と彼のファイティングスピリットを称えて、ファイティングスピリットと競争意識を持ち、逆境を跳ね除けてファンに勇気を与えた選手に贈られる「ハッチ賞」が制定された。

死後11年経った1975年には、ハッチンソンの故郷・シアトルフレッド・ハッチンソンがん研究センター英語版が設立された[2]

詳細情報[編集]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 18 (1939年 - 1940年)
  • 29 (1941年、1946年 - 1954年、1956年 - 1958年)
  • 1 (1959年 - 1964年)

脚注[編集]

  1. ^ 「球団別永久欠番物語 第8回 シンシナティ・レッズ」『月刊メジャー・リーグ』 2001年3月号 ベースボール・マガジン社 74頁
  2. ^ Louis Fiset, December 30, 2004 for HistoryLink: The Free, Online Encyclopedia of Washington State History Hutchinson, Dr. William B. (1909-1997)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]