ブライアン・プライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブライアン・プライス
Bryan Price
Bryan Price 2011.jpg
レッズでのコーチ時代(2011年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 (1962-06-22) 1962年6月22日(57歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 MLBドラフト8巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブライアン・ロバーツ・プライスBryan Roberts Price, 1962年6月22日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身の元プロ野球選手投手)、監督。左投左打。愛称はBPバニラ・プライス[1]

経歴[編集]

現役時代[編集]

MLBドラフトでは高校時代から数えて計3度指名され、1984年MLBドラフト8巡目(全体190位)でカリフォルニア・エンゼルスから指名され、プロ入り。現役5年間でメジャーでのプレー経験はなく、エンゼルス、シアトル・マリナーズ傘下でプレーをしていた。

コーチとして[編集]

引退後はマリナーズ傘下で投手コーチを務めた後、2000年から2006年まではマリナーズの投手コーチを務めた。コーチ2年目の2001年にはチーム防御率3.54を記録し、USAトゥデイのベースボールウィークリーが選ぶ最優秀投手コーチに選ばれた[2]

2007年からはアリゾナ・ダイヤモンドバックスの投手コーチを務めた。同年、ナショナルリーグで第4位となるチーム防御率4.13を記録し、チームをリーグチャンピオンシリーズへ導いた功績により、ベースボール・アメリカが選ぶ最優秀投手コーチに選ばれた[3]2009年5月9日、監督のボブ・メルビンの解任に伴ってコーチを辞任する。 同年10月17日シンシナティ・レッズの投手コーチに就任した[4][5]

監督として[編集]

2013年10月21日ダスティ・ベイカーの退任に伴ってレッズの監督に就任した。契約は3年契約であると報道された[6][7]

2018年4月19日、ここまで3勝15敗と極度の不振の責任を取る形で監督を解任された[8]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 35(2000年 - 同年途中、2001年 - 2003年、2006年 - 2009年)
  • 32(2000年途中 - 同年終了)
  • 27(2004年)
  • 34(2005年)
  • 38(2010年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ Explaining Reds Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月25日閲覧
  2. ^ Reds tap Price to fill staff vacancy” (英語). MLB.com (2013年5月24日). 2013年10月22日閲覧。
  3. ^ Price excited to join Reds Archived 2009年10月21日, at the Wayback Machine.
  4. ^ Reds hire Price as pitching coach” (英語). Sports.espn.go.com (2009年10月17日). 2013年10月22日閲覧。
  5. ^ Reds name new pitching coach” (英語). News.cincinnati.com (2009年10月17日). 2013年10月22日閲覧。
  6. ^ Mike Dyce (2013年10月21日). “Bryan Price to be named Cincinnati Reds manager” (英語). Fansided.com. 2013年10月22日閲覧。
  7. ^ EXCLUSIVE: Reds to name Bryan Price new manager” (英語) (2013年10月21日). 2013年10月22日閲覧。
  8. ^ Reds Fire Bryan Price, Mack Jenkins MLB Trade Rumors

関連項目[編集]

外部リンク[編集]