ルーク・ジャクソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルーク・ジャクソン
Luke Jackson
アトランタ・ブレーブス #77
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ブロワード郡フォートローダーデール
生年月日 (1991-08-24) 1991年8月24日(27歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト1巡目追補
初出場 2015年9月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルーク・レイ・ジャクソンLuke Ray Jackson, 1991年8月24日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ブロワード郡フォートローダーデール出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBアトランタ・ブレーブス所属。

経歴[編集]

プロ入りとレンジャーズ時代[編集]

2010年MLBドラフト1巡目追補(全体45位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。

2011年に傘下のA級ヒッコリー・クロウダッズでプロデビュー。19試合に先発登板して5勝6敗、防御率5.64、78奪三振を記録した。

2012年はA級ヒッコリーとA+級マートルビーチ・ペリカンズでプレーし、2球団合計で26試合に先発登板して10勝7敗、防御率4.65、146奪三振を記録した。

2013年はA+級マートルビーチとAA級フリスコ・ラフライダーズでプレーし、2球団合計で25試合(先発23試合)に登板して11勝4敗、防御率2.04、134奪三振を記録した。

2014年はAA級フリスコとAAA級ラウンドロック・エクスプレスでプレーし、2球団合計で26試合(先発24試合)に登板して9勝5敗1セーブ、防御率5.41、126奪三振を記録した。オフの11月20日に40人枠入りした[1]

2015年は開幕からAAA級ラウンドロックでプレー。8月6日にメジャー初昇格を果たした[2]が、この時は登板機会がないまま11日にAAA級ラウンドロックへ降格した[3]。ロースター拡大後、9月4日のロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャーデビュー。この年メジャーでは7試合に登板して防御率4.26、6奪三振を記録した。

2016年は8試合に登板して防御率10.80、3奪三振を記録した。

ブレーブス時代[編集]

2016年12月8日にタイレル・ジェンキンスブレイディ・フェイグル英語版とのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[4]

2017年は43試合に登板して2勝0敗、防御率4.62、33奪三振を記録した。オフの12月20日にDFAとなり、2018年1月4日にマイナー契約に切り替わって傘下のAAA級グウィネット・ストライパーズへ配属された[1]

2018年の開幕はAAA級グウィネットで迎え、4月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[5]が、4月15日にDFAとなり、18日に40人枠を外れる形でAAA級グウィネットへ配属された[1]。5月6日に再びメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]が、登板が無いまま8日に40人枠を外れる形でAAA級グウィネットへ配属された[7]。6月5日に三たびメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りしたが、13日にDFA、14日に40人枠を外れる形でAAA級グウィネットへ配属された[1]。6月16日にFAとなったが、翌17日にシーズン4度目となるメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 TEX 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 6.1 5 1 2 0 0 6 1 0 3 3 4.26 1.11
2016 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 62 11.2 22 4 8 0 0 3 0 0 14 14 10.80 2.57
2017 ATL 43 0 0 0 0 2 0 0 1 1.000 224 50.2 55 4 19 4 4 33 4 0 26 26 4.62 1.46
2018 35 0 0 0 0 1 2 1 3 .333 184 40.2 41 3 21 3 2 46 6 1 22 20 4.43 1.52
MLB:4年 93 0 0 0 0 3 2 1 4 .600 497 109.1 123 12 50 7 6 88 11 1 65 63 5.19 1.58
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 53(2015年)
  • 77(2016年、2019年 - )
  • 58(2017年)
  • 64(2018年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2018年6月15日閲覧。
  2. ^ T. R. Sullivan (2015年8月6日). “Rangers to call up No. 9 prospect Jackson” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/141589398/prospect-luke-jackson-to-be-called-up-to-texas/ 2017年5月26日閲覧。 
  3. ^ “Rangers' Cole Hamels won't make Thursday start due to sore groin” (英語). Associated Press. ESPN. (2015年8月11日). http://www.espn.com/dallas/mlb/story/_/id/13419895/cole-hamels-texas-rangers-miss-start-sore-groin 2017年5月26日閲覧。 
  4. ^ http://sportsday.dallasnews.com/texas-rangers/rangers/2016/12/08/rangers-deal-luke-jackson-pair-pitching-prospects-including-another-rotation-candidate
  5. ^ Aimee Sachs (2018年4月4日). “Stewart DFA'd; Jackson recalled as fresh arm” (英語). MLB.com. 2018年4月13日閲覧。
  6. ^ Mark Bowman (2018年5月6日). “Resting Swanson now will help in long run” (英語). MLB.com. 2018年5月7日閲覧。
  7. ^ Mark Bowman (2018年5月8日). “Gohara rejoins Braves as long-relief option” (英語). MLB.com. 2018年5月10日閲覧。
  8. ^ Mark Bowman (2018年6月17日). “Gohara sent down to Triple-A to make starts” (英語). MLB.com. 2018年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]