ドールトン・ジェフリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドールトン・ジェフリーズ
Daulton Jefferies
オークランド・アスレチックス #66
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州マーセド郡マーセド
生年月日 (1995-08-02) 1995年8月2日(26歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
182 lb =約82.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 MLBドラフト1巡目戦力均衡ラウンドA
初出場 2020年9月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ドールトン・コンプトン・ジェフリーズ(Daulton Compton Jefferies、1995年8月2日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州マーセド郡マーセド出身のプロ野球選手投手)。右投左打。MLBオークランド・アスレチックス所属。

経歴[編集]

2013年MLBドラフト39巡目(全体1162位)でマイアミ・マーリンズから指名されたが、この時は契約せずにカリフォルニア大学バークレー校へ進学した。

2016年MLBドラフト1巡目戦力均衡ラウンドA(全体37位)でオークランド・アスレチックスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスでプロデビュー。5試合に先発登板して防御率2.38、17奪三振を記録した。

2017年は4月にA+級ストックトン・ポーツで2試合に登板した後、4月にはトミー・ジョン手術を受けた[1]。そのため、以降を全休している。

2018年は前年の手術の影響もあり、ルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスで1試合に登板したのみだった。

2019年はA+級ストックトンとAA級ミッドランド・ロックハウンズでプレーし、2球団合計で26試合(先発15試合)に登板して2勝2敗、防御率3.42、93奪三振を記録した。オフの11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[2]

2020年9月12日にメジャー初昇格を果たした[3]。同日のテキサス・レンジャーズ戦にて先発でメジャーデビューも、初回に滅多打ちに遭って早々と降板し、敗戦投手となった(2回5失点)[4]。この年の登板は上記の1試合にとどまった。

投球スタイル[編集]

優れたコマンドとチェンジアップを武器にしている[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 OAK 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.0 5 2 2 0 0 1 0 0 5 5 22.50 3.50
MLB:1年 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.0 5 2 2 0 0 1 0 0 5 5 22.50 3.50
  • 2020年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 66(2020年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Melissa Lockard (2017年4月20日). “Daulton Jefferies to have Tommy John surgery” (英語). 247 Sports.com. 2021年5月23日閲覧。
  2. ^ Steve Adams (2019年11月20日). “Athletics Designate Jharel Cotton For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年5月23日閲覧。
  3. ^ Alex Hall (2020年9月12日). “Oakland A’s call up Daulton Jefferies, will make MLB debut Saturday” (英語). SB Nation. 2021年5月23日閲覧。
  4. ^ Oakland Athletics at Texas Rangers Box Score, September 12, 2020” (英語). Baseball-Reference.com. 2021年5月23日閲覧。
  5. ^ 「オークランド・アスレティックス」『2021MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 59頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]