1976年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1976年のワールドシリーズ
チーム 勝数
シンシナティ・レッズNL 4
ニューヨーク・ヤンキースAL 0
シリーズ情報
試合日程 10月16日–21日
観客動員 4試合合計:22万3009人
1試合平均:05万5752人
MVP ジョニー・ベンチ(CIN)
ALCS NYY 3–2 KC
NLCS CIN 3–0 PHI
殿堂表彰者 スパーキー・アンダーソン(CIN監督)
ジョニー・ベンチ(CIN捕手)
ジョー・モーガン(CIN内野手)
トニー・ペレス(CIN内野手)
ヨギ・ベラ(NYYコーチ[注 1]
ボブ・レモン(NYYコーチ[注 2]
キャットフィッシュ・ハンター(NYY投手)
チーム情報
シンシナティ・レッズ(CIN)
シリーズ出場 02年連続08回目
GM ボブ・ホーサム
監督 スパーキー・アンダーソン
シーズン成績 102勝60敗・勝率.630
NL西地区優勝
分配金 選手1人あたり2万6366.68ドル[1]
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
シリーズ出場 12年ぶり30回目
GM ゲイブ・ポール
監督 ビリー・マーチン
シーズン成績 097勝62敗・勝率.610
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり1万9935.48ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 ジョー・ガラジオーラ・シニア
解説 トニー・クーベック(全試合)
マーティー・ブレナマン(第1・2戦)
フィル・リズート(第3・4戦)
平均視聴率 27.5%(前年比1.2ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1975 1977 > 

1976年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第73回ワールドシリーズ(73rd World Series)は、10月16日から21日にかけて計4試合が開催された。その結果、シンシナティ・レッズナショナルリーグ)がニューヨーク・ヤンキースアメリカンリーグ)を4勝0敗で下し、2年連続4回目の優勝を果たした。

両チームの対戦は、1939年1961年に次いで今回が3度目。過去2度はいずれもヤンキースが勝利していたが、今回はレッズが4戦全勝でヤンキースを退けた。レッズはナショナルリーグ優勝決定戦でもフィラデルフィア・フィリーズ相手に3戦全勝としており、ポストシーズンを全勝で終えた。リーグ優勝決定戦が導入された1969年以降、ポストシーズン全勝優勝は今回のレッズが初であり[3]2019年現在も史上唯一である。シリーズMVPには、優勝が決まった第4戦で2本塁打・5打点を記録するなど、4試合で打率.533・2本塁打・6打点・OPS 1.667という成績を残したレッズのジョニー・ベンチが選出された。

MLBにおいて指名打者(DH)制度は、1973年にアメリカンリーグでのみ導入された。しかしワールドシリーズでは、同年から1975年までの3年間、DH制は一切採用されなかった。今シリーズより規則が変更され、偶数年は全試合で採用、奇数年は全試合で不採用となった[4]。したがって今シリーズは、DH制ありの試合が行われた初のシリーズである。両チームのDHを比較すると、レッズは4試合ともダン・ドリーセンが務めて打率.357だったのに対し、ヤンキースは3選手が試合ごとに入れ替わりながら打率.063と低迷した[5]

試合結果[編集]

1976年のワールドシリーズは10月16日に開幕し、途中に移動日と雨天順延を挟んで6日間で4試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月16日(土) 第1戦 ニューヨーク・ヤンキース 1-5 シンシナティ・レッズ リバーフロント・スタジアム
10月17日(日) 第2戦 ニューヨーク・ヤンキース 3-4x シンシナティ・レッズ
10月18日(月) 移動日
10月19日(火) 第3戦 シンシナティ・レッズ 6-2 ニューヨーク・ヤンキース ヤンキー・スタジアム
10月20日(水) 第4戦 雨天順延
10月21日(木) 第4戦 シンシナティ・レッズ 7-2 ニューヨーク・ヤンキース
優勝:シンシナティ・レッズ(4勝0敗 / 2年連続4度目)

第1戦 10月16日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
1回裏、ジョー・モーガンのソロ本塁打でレッズが先制(56秒)
7回裏、ジョニー・ベンチがドイル・アレクサンダーから右方向へ三塁打を放ちレッズが追加点を挙げる(57秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
シンシナティ・レッズ 1 0 1 0 0 1 2 0 X 5 10 1
  1. : ドン・ガレット(1勝)  : ドイル・アレクサンダー(1敗)  
  2. :  CIN – ジョー・モーガン1号ソロ
  3. 審判:球審…リー・ウェイヤー(NL)、塁審…一塁: ルー・ディミュロ(AL)、二塁: ビル・ウィリアムズ(NL)、三塁: ビル・ディーガン(AL)、外審…左翼: ブルース・フローミング(NL)、右翼: デーブ・フィリップス(AL)
  4. 試合時間: 2時間10分 観客: 5万4826人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・リバース 1 P・ローズ
2 R・ホワイト 2 K・グリフィー
3 T・マンソン 3 J・モーガン
4 DH L・ピネラ 4 T・ペレス
5 C・チャンブリス 5 DH D・ドリーセン
6 G・ネトルズ 6 G・フォスター
7 E・マドックス 7 J・ベンチ
8 W・ランドルフ 8 C・ジェロニモ
9 F・スタンリー 9 D・コンセプシオン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・アレクサンダー D・ガレット

レッズが初回裏にジョー・モーガンのソロ本塁打で先制するが、直後の2回表にヤンキースもグレイグ・ネトルズ犠牲フライで追いつく。3回裏、レッズは一死から9番デーブ・コンセプシオン三塁打で出塁すると、次打者ピート・ローズ犠牲フライでコンセプシオンを還して勝ち越す。6回裏にはトニー・ペレスが、7回裏にはジョニー・ベンチが、それぞれ適時打を放って1点ずつ加え、ヤンキース先発のドイル・アレクサンダーを降板に追い込む。なおも無死三塁の場面で、2番手スパーキー・ライルが2球目に暴投して三塁走者ベンチの生還を許し、レッズのリードは4点に広がった。レッズは先発ドン・ガレットが8回途中まで1失点に抑えたあと、2番手ペドロ・ボーボンが試合終了まで5打者を連続で凡退させて締め、シリーズ開幕戦に勝利した。

第2戦 10月17日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回裏二死一・二塁、トニー・ペレスがキャットフィッシュ・ハンターから左前打を放ちレッズがサヨナラ勝ち(53秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 1 0 0 2 0 0 3 9 1
シンシナティ・レッズ 0 3 0 0 0 0 0 0 1x 4 10 0
  1. : ジャック・ビリンガム(1勝)  : キャットフィッシュ・ハンター(1敗)  
  2. 審判:球審…ルー・ディミュロ(AL)、塁審…一塁: ビル・ウィリアムズ(NL)、二塁: ビル・ディーガン(AL)、三塁: ブルース・フローミング(NL)、外審…左翼: デーブ・フィリップス(AL)、右翼: リー・ウェイヤー(NL)
  3. 試合時間: 2時間33分 観客: 5万4816人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・リバース 1 P・ローズ
2 R・ホワイト 2 K・グリフィー
3 T・マンソン 3 J・モーガン
4 L・ピネラ 4 T・ペレス
5 C・チャンブリス 5 DH D・ドリーセン
6 G・ネトルズ 6 G・フォスター
7 DH E・マドックス 7 J・ベンチ
8 W・ランドルフ 8 C・ジェロニモ
9 F・スタンリー 9 D・コンセプシオン
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ハンター F・ノーマン

レッズは2回裏、先頭打者ダン・ドリーセン二塁打で出塁し、次打者ジョージ・フォスターの適時打で生還して1点を先制する。フォスターの盗塁死でいったん走者がいなくなるが、ジョニー・ベンチの二塁打とシーザー・ジェロニモ四球で再び走者を溜め、9番デーブ・コンセプシオンの適時打で2点目を挙げる。さらに一死満塁とし、2番ケン・グリフィー犠牲フライで3点目を加えた。しかしヤンキース先発キャットフィッシュ・ハンターは、3回裏に二死満塁の危機を無失点で切り抜け、味方打線が4回表にグレイグ・ネトルズの適時打で1点を返すと、その後も点差を2点に保ち続けた。

ヤンキース打線は7回表、無死一塁から9番フレッド・スタンリーの左翼線二塁打で1点差に追い上げ、さらに一死一・三塁として、レッズ先発フレッド・ノーマンを降板させる。3番サーマン・マンソンは2番手ジャック・ビリンガムに二ゴロに打ち取られたものの、その間に三塁走者スタンリーが還って同点に追いついた。3-3の同点のまま、9回裏もハンターがマウンドに上がり、二死を奪う。グリフィーは遊ゴロだったが、遊撃手スタンリーが一塁へ悪送球しグリフィーは二塁まで進む。ハンターは3番ジョー・モーガン敬遠してトニー・ペレスとの勝負を選んだものの、ペレスは左前打でグリフィーを生還させ、レッズがサヨナラ勝利で2連勝とした。

第3戦 10月19日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回表、ダン・ドリーセンがドック・エリスからソロ本塁打を放つ(41秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 3 0 1 0 0 0 2 0 6 13 2
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 8 0
  1. : パット・ザクリー(1勝)  : ドック・エリス(1敗)  S: ウィル・マッケナニー(1S)  
  2. :  CIN – ダン・ドリーセン1号ソロ  NYY – ジム・メイソン1号ソロ
  3. 審判:球審…ビル・ウィリアムズ(NL)、塁審…一塁: ビル・ディーガン(AL)、二塁: ブルース・フローミング(NL)、三塁: デーブ・フィリップス(AL)、外審…左翼: リー・ウェイヤー(NL)、右翼: ルー・ディミュロ(AL)
  4. 試合時間: 2時間40分 観客: 5万6667人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・ローズ 1 M・リバース
2 K・グリフィー 2 R・ホワイト
3 J・モーガン 3 T・マンソン
4 T・ペレス 4 C・チャンブリス
5 DH D・ドリーセン 5 DH C・メイ
6 G・フォスター 6 G・ネトルズ
7 J・ベンチ 7 O・ギャンブル
8 C・ジェロニモ 8 W・ランドルフ
9 D・コンセプシオン 9 F・スタンリー
先発投手 投球 先発投手 投球
P・ザクリー D・エリス

レッズは本拠地リバーフロント・スタジアムでの2戦に続き、敵地ヤンキー・スタジアムに乗り込んでの第3戦でも先制点を奪った。2回表、ダン・ドリーセン内野安打盗塁で無死二塁とし、次打者ジョージ・フォスターエンタイトル二塁打でまず1点を挙げる。7番ジョニー・ベンチの内野安打で無死一・三塁と好機を広げると、シーザー・ジェロニモの遊ゴロ併殺崩れの間にフォスターが生還し2点目、さらにジェロニモが盗塁とデーブ・コンセプシオンの左前打で3点目のホームを踏んだ。レッズは4回表にもドリーセンのソロ本塁打で突き放した。

ヤンキースは4回裏にオスカー・ギャンブルの適時打でまず1点を返し、7回裏には途中出場の9番ジム・メイソンがソロ本塁打を放って2点差とする。このあとさらに二死一・二塁となったが、レッズは先発パット・ザクリーから左腕ウィル・マッケナニーに継投し、4番クリス・チャンブリスを一ゴロに仕留めて危機を脱した。すると直後の8回表、レッズはジョー・モーガンとフォスターの適時打で2点を加え、点差を再度4点に広げた。ヤンキースは9回裏に二死一・二塁とするも、チャンブリスがまたもマッケナニーを打てず左飛に倒れて試合終了。レッズが3連勝でシリーズ連覇に王手をかけた。

第4戦 10月21日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回裏、ウィル・マッケナニーがロイ・ホワイトを左飛に仕留めて試合終了、レッズの連覇が決定(44秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 0 3 0 0 0 0 4 7 9 2
ニューヨーク・ヤンキース 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 8 0
  1. : ゲイリー・ノーラン(1勝)  : エド・フィゲロア(1敗)  S: ウィル・マッケナニー(2S)  
  2. :  CIN – ジョニー・ベンチ1号2ラン・2号3ラン
  3. 審判:球審…ビル・ディーガン(AL)、塁審…一塁: ブルース・フローミング(NL)、二塁: デーブ・フィリップス(AL)、三塁: リー・ウェイヤー(NL)、外審…左翼: ルー・ディミュロ(AL)、右翼: ビル・ウィリアムズ(NL)
  4. 試合時間: 2時間36分 観客: 5万6700人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・ローズ 1 M・リバース
2 K・グリフィー 2 R・ホワイト
3 J・モーガン 3 T・マンソン
4 T・ペレス 4 C・チャンブリス
5 DH D・ドリーセン 5 DH C・メイ
6 G・フォスター 6 G・ネトルズ
7 J・ベンチ 7 O・ギャンブル
8 C・ジェロニモ 8 W・ランドルフ
9 D・コンセプシオン 9 F・スタンリー
先発投手 投球 先発投手 投球
G・ノーラン E・フィゲロア

ヤンキースは1回裏、4番クリス・チャンブリス二塁打で一塁走者サーマン・マンソンが生還し、今シリーズ4試合目で初めて先制点を挙げる。しかし5番カルロス・メイは遊ゴロでイニング終了、3回裏にも二死満塁としながらメイが左飛に倒れ、追加点を奪うことができない。すると直後の4回表、レッズは二死二塁から6番ジョージ・フォスターの適時打でまず同点、さらに続くジョニー・ベンチが左翼ポール直撃の2点本塁打を放ち、一気に試合をひっくり返した。ヤンキースも5回裏にマンソンの中前打で1点差とするが、その後は6回から8回まで毎回走者を出しながら追いつくことができず、1点差のまま試合は9回へ進む。

9回表、レッズは先頭の4番トニー・ペレス四球で出塁し、次打者ダン・ドリーセンの打席で相手先発エド・フィゲロア暴投した隙に二塁へ進む。この直後、ヤンキース監督のビリー・マーチンが球審ビル・ディーガンに向けてダグアウトからボールを投げつけ、それを咎めた一塁塁審ブルース・フローミングに対し放送禁止用語を交えながら「お前の知ったことか」と言い返したため、フローミングによって退場させられる一幕があった[6]。マーチンは「ディーガンのほうが俺に向かって3球投げてきて、最後のがに当たりそうになったから投げ返してやっただけだ」と主張している[7]。ドリーセンも四球で歩いて無死一・二塁となると、ベンチコーチのヨギ・ベラはフィゲロアに代わりディック・ティドローを投入した。

ティドローはフォスターを1球で中飛に打ち取って一死一・三塁とし、打席にベンチを迎える。ベンチは初球を左翼方向へ打ち上げ、左翼手ロイ・ホワイトがこの打球を追ってフェンス際でジャンプするが、打球はホワイトのグラブを越えてスタンドに入る3点本塁打となった。このあとレッズは連続二塁打でさらに1点を加えたあと、9回裏はウィル・マッケナニーが三者凡退に抑えて試合を終わらせ、初戦からの4連勝でシリーズ2連覇を果たした。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 殿堂入りは指導者としてではなく、捕手としての功績が評価されてのもの。
  2. ^ 殿堂入りは指導者としてではなく、投手としての功績が評価されてのもの。

出典[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年9月7日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年9月7日閲覧。
  3. ^ Alaa Abdeldaiem, "Has an MLB Team Ever Swept the Postseason?," SI.com, October 4, 2018. 2019年9月7日閲覧。
  4. ^ John Cronin, "The Historical Evolution of the Designated Hitter Rule," Society for American Baseball Research, 2016. 2019年9月7日閲覧。
  5. ^ John Cronin, "The DH in the World Series: Interesting Facts," Society for American Baseball Research, 2011. 2019年9月7日閲覧。
  6. ^ Jim Murray, "Bruce Froemming Has the Look of His Calling--Balls and Strikes," Los Angeles Times, April 2, 1985. 2019年9月7日閲覧。
  7. ^ Murray Crass, "Reds Triumph, 7‐2, and Complete 4‐Game Series Sweep of Yankees," The New York Times, October 22, 1976. 2019年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]