1981年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1981年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキース 3
オークランド・アスレチックス 0
シリーズ情報
試合日程 10月13日 - 10月15日
MVP グレイグ・ネトルズ(NYY)
ALDS OAK 3-0 KC
NYY 3-2 MIL
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ボブ・レモン
シーズン成績 34勝22敗(東地区前期優勝)
25勝26敗(東地区後期6位)
オークランド・アスレチックス(OAK)
監督 ビリー・マーティン
シーズン成績 37勝23敗(西地区前期優勝)
27勝22敗(西地区後期2位)

 < 1980
ALCS
1981

1982 > 

 < 1980
NLCS
1981

1982 > 
1981ワールドシリーズ

1981年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ1981 American League Championship Series, ALCS)は、1981年10月13日から10月15日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1981年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズは50日間に及ぶストライキの影響で行われたディビジョンシリーズの勝者、東地区ニューヨーク・ヤンキースと、西地区オークランド・アスレチックスとの対戦となった。結果は、3勝0敗でニューヨーク・ヤンキースが3年ぶり33回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPは打率.500、1本塁打、9打点の成績を残したグレイグ・ネトルズが受賞した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月13日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 1
ヤンキース 3 0 0 0 0 0 0 0 X 3 7 1
  1. : トミー・ジョン (1-0)  : マイク・ノリス (0-1)  S: リッチ・ゴセージ (1)  
  2. 観客動員数: 55,740人 試合時間: 2時間52分

第2試合 10月14日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 1 2 0 0 0 0 0 3 11 1
ヤンキース 1 0 0 7 0 1 4 0 X 13 19 0
  1. : ジョージ・フレイザー (1-0)  : スティーブ・マカッティ (0-1)  
  2. :  NYY – ルー・ピネラ (1) グレイグ・ネトルズ (1)
  3. 観客動員数: 48,497人 試合時間: 3時間8分

第3試合 10月15日[編集]

カリフォルニア州オークランド - オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 1 0 0 3 4 10 0
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 2
  1. : デイブ・リゲッティ (1-0)  : マット・キーオ (0-1)  
  2. :  NYY – ウィリー・ランドルフ (1)
  3. 観客動員数: 47,302人 試合時間: 3時間19分

参考文献[編集]