1981年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1981年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキース 3
オークランド・アスレチックス 0
シリーズ情報
試合日程 10月13日 - 10月15日
MVP グレイグ・ネトルズ(NYY)
ALDS OAK 3-0 KC
NYY 3-2 MIL
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ボブ・レモン
シーズン成績 34勝22敗(東地区前期優勝)
25勝26敗(東地区後期6位)
オークランド・アスレチックス(OAK)
監督 ビリー・マーティン
シーズン成績 37勝23敗(西地区前期優勝)
27勝22敗(西地区後期2位)

 < 1980
ALCS
1981

1982 > 

 < 1980
NLCS
1981

1982 > 
1981ワールドシリーズ

1981年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ1981 American League Championship Series, ALCS)は、1981年10月13日から10月15日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1981年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズは50日間に及ぶストライキの影響で行われたディビジョンシリーズの勝者、東地区ニューヨーク・ヤンキースと、西地区オークランド・アスレチックスとの対戦となった。結果は、3勝0敗でニューヨーク・ヤンキースが3年ぶり33回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPは打率.500、1本塁打、9打点の成績を残したグレイグ・ネトルズが受賞した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月13日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 1
ヤンキース 3 0 0 0 0 0 0 0 X 3 7 1
  1. : トミー・ジョン (1-0)  : マイク・ノリス (0-1)  S: リッチ・ゴセージ (1)  
  2. 観客動員数: 55,740人 試合時間: 2時間52分
ヤンキースは初回、アスレチックス先発ノリスの立ち上がりを攻め安打と2四球で2死満塁とすると、6番ネトルズが右中間を破る走者一掃の二塁打を放ち3点を先制。ヤンキース先発ジョンは5回に1死2、3塁からドウェイン・マーフィーの2ゴロの間に1点を失うが、ヤンキースは7回からロン・デービス、8回途中から抑えのゴセージを投入し逃げ切った。

第2試合 10月14日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 1 2 0 0 0 0 0 3 11 1
ヤンキース 1 0 0 7 0 1 4 0 X 13 19 0
  1. : ジョージ・フレイザー (1-0)  : スティーブ・マカッティ (0-1)  
  2. :  NYY – ルー・ピネラ1号3ラン(4回ベアード)、グレイグ・ネトルズ1号3ラン(7回オーチンコ
  3. 観客動員数: 48,497人 試合時間: 3時間8分
ヤンキースは初回に1死1、3塁から4番レジー・ジャクソンの2ゴロで先制するが、アスレチックスは3回にリッキー・ヘンダーソンの三塁打で同点とすると、続く4回には1死1、2塁からデイヴ・マッケイが適時打を放ちヤンキース先発ルディ・メイをKO、さらに代わったフレイザーを攻め1死満塁とすると、元ヤンキースのフレッド・スタンレーにも適時打が出て2点差。ところがその裏、ヤンキースはランドルフの適時打で1点を返し、さらに満塁となったところでアスレチックスは先発マカッティからベアードにスイッチするが、ヤンキースは故障のバッキー・デントに代わり遊撃を守るラリー・ミルボーンが中前打を放ちまず同点。続いてここまでシリーズ無安打と不振のデーブ・ウィンフィールドが左翼へ二塁打を放ち2者が生還。さらに、負傷のジャクソンに代わり途中から4番に入ったピネラが3ランを放ち5点差。ヤンキースは6回にもボブ・ワトソンの適時打で1点を加えると、続く7回には4番手ブライアン・キングスマンから安打3本で1死満塁とし、代わったオーチンコからオスカー・ギャンブルの犠飛とネトルズの3ランで4点を加え、試合を決めた。ロングリリーフのフレイザーは9回まで投げ、ヤンキースが連勝で王手。

第3試合 10月15日[編集]

カリフォルニア州オークランド - オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 1 0 0 3 4 10 0
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 2
  1. : デイブ・リゲッティ (1-0)  : マット・キーオ (0-1)  
  2. :  NYY – ウィリー・ランドルフ1号ソロ(6回キーオ
  3. 観客動員数: 47,302人 試合時間: 3時間19分
ジャクソン不在のヤンキースはアスレチックス先発キーオの前に5回まで9残塁と拙攻を重ねたが6回、2死からランドルフのソロでようやく先制。そのまま1-0で迎えた9回、ヤンキースは四球と相手失策でキーオを引きずり下ろし、代わったトム・アンダーウッドに対し2死満塁からネトルズが走者一掃の二塁打を放ち3点を追加。ヤンキースは先発リゲッティの後デービスが7回と8回を抑え、最後は9回から登板のゴセージがウェイン・グロスを2飛に仕留め、ヤンキースが3年ぶりのリーグ優勝を決めた。

参考文献[編集]