腓腹筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
腓腹筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 脛骨神経
部位
体肢筋
下肢の筋
下腿筋
屈筋群
下腿三頭筋
ラテン名
Musculus gastrocnemius
英名
Gastrocnemius muscle
腓腹筋

腓腹筋(ひふくきん、Gastrocnemius muscle)は人間下肢筋肉足関節の底屈、膝関節の屈曲を行う。該当部位をふくらはぎ: calf、カーフ)という。

腓腹筋は両足それぞれが左右2つの筋肉で構成されており、内側(股関節側)の筋肉を内側腓腹筋といい、外側の筋肉を外側腓腹筋という。大腿骨の内側顆の上方で内側頭をつくり、また外側顆の上方では外側頭をつくって起こり、一部の線維は関節包から起始し、下行し、膝窩を下方で境し、ヒラメ筋の腱と合流して、ともに踵骨隆起で停止する。

第2の心臓[編集]

ふくらはぎの筋肉は下半身の血液を上半身に循環させる役割を果たしているため、第2の心臓と呼ばれている[1]

人体のもっとも下に位置している足の血液を、重力に逆らって押し上げているのがふくらはぎの「筋ポンプ作用(ふくらはぎの筋肉が収縮・弛緩を繰り返すことで血液を押し上げる)」と、静脈中の「静脈弁」である。静脈の中には逆流防止のための弁がいくつも存在するが、ふくらはぎの筋肉が収縮した時は、弁は開いて血液を押し上げる。一方、筋肉が弛緩した時は弁は閉じ、血液が流れ落ちるのを防ぐ[2]

静脈弁の働きが壊れると、下肢静脈瘤の原因となる。足の血管が浮き出てきた、よく足がつる・むくむ、などの症状は下肢静脈瘤のサインかも知れない[2]

また、ふくらはぎの筋肉が弱ると鬱血して血栓ができやすくなる(エコノミー症候群)。熊本地震の際車中泊をした人に多く発症した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『図解 スポーツトレーニングの基礎理論』横浜市スポーツ医科学センター、西東社、23頁。ISBN 978-4-79162025-8
  2. ^ a b ピアス洋子. ““第二の心臓” 足に気配りを!~下肢静脈瘤~ (PDF)”. chiba.med.or.jp. 千葉県医師会. 2020年7月13日閲覧。
  3. ^ 心臓は寒さに弱い”. hosp.tohoku.ac.jp. 東北大学病院. 2020年7月13日閲覧。

関連項目[編集]